投稿

注目の投稿

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ

イメージ
今回新たに始めるプレイの主役はノエル……っていうと今までと同じと思われるかもしれませんが、人でなくて馬の方です。(笑)
ゴールデンアイなどの母である繁殖牝馬のノエルをMy牝系にして、その血を広げていこうと思います。


シナリオ設定は、やはり1982年開始のノーマル、Bモードを選択しました。
一部の人に有名になった(かもしれない)ノエルとはどういう馬かというと、あまり情報がなくて私もよく分からず、やたらとサーペンフロの仔を産んでいる印象しかありません。ゲームの能力は――


全体的に低くて、ずば抜けて相性の良い種牡馬もいないので、付けるのは能力の高い馬にしたいところです。今回メインはダンジグにしました。サーペンフロ激怒。


選んだ理由は、能力も高いこと、そして次の世代の配合を考えてです。具体的には、種牡馬入りするとSP因子が2つ付くうえにほぼ間違いなく子系統を確立するので、仔の配合時に母父○が成立、さらにノエルと1代前の親系統が被らないということです。

このダンジグノエルの仔で、怪物は無理でも重賞を勝てるレベルの牝馬が生まれてくることを祈ります。基本は神頼みです。(笑)

その馬が繁殖入りした場合、母父がダンジグになりますので、ある程度の爆発力を得られる種牡馬は存在していると思いますが、どうせなのでこのノエルダンジグの仔(以下A)用に種牡馬(以下B)を用意しておくことにします。

Bの父のポイントは2つ。一つはダンジグが子系統を確立した際にはSP特性を持つので、こちらもSP特性かST特性を持つ系統にすること。そしてAとBの配合時に血脈活性化配合8本の条件を満たすこと。そして母が能力因子持ちということです。

候補として時間はちょっと空きますが、シーキングザゴールド(1988年末に繁殖入り)を選びました。


子系統ミスタープロスペクター系が確立し(オート進行で飛ばした上のスクリーンショットでは、種牡馬入り時点で確立していました)、さらに親系統に昇格することが大前提ですが、こちらもよほどのことがない限り勝手に成立するので、問題はいつか、ということだと思います。

そしてBの母の条件は、やはり血脈活性化配合8本が成立すること。そして父が種牡馬因子持ち。母が能力因子持ち。以上の3点にしました。

ゲーム開始時点で日本に、能力はそこそこのクラウンジョニーという4歳の繁殖牝馬がいます。父はパーソ…

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2007年)

イメージ
4月に流星イベント発生。対象馬はアドマイヤマッチ07(父シーキングザセレン)。母馬は現役時代は非所有馬でしたが父ダンジグで母ノエルという、おなじみの配合です。


ということで計画を今年の種付けでおさらいしてみることにしました。
第一段階はシーキングザ軍団とダンジグ×ノエルの血統を持つ繁殖牝馬の配合ですが、馬の組み合わせによって爆発力は31~39まで行くようになりました。


当初の最低23とか言っていた頃と比べるとだいぶマシになりました。ただしこれからは、父はスピード因子2つのシーキングザセレンで行こうと思っています。

第二段階はこの血統の繁殖牝馬とマリオ軍団の配合です。……普通は計画を進めたら数字は増えるものだろうという気がしてますが(笑)、最初は計画を立てていなかったせいもあり、父方の準備不足により爆発力は22~27で、能力も低いというおまけつきです。
とりあえずSP系で揃えて、生まれた仔の血統表に金と銀の種牡馬因子が何とか残るようにしました。


早熟因子はいらないなあ。そういえばシーキングザゴールドの子系統確立により、完全型活力補完が成立するかと思ったら、トウショウマリオ産駒の活躍で、入れ替わるように零細じゃなくなっていました。そりゃあそうか。メールラインの零細は当てにしちゃだめだな。

そして第三段階はいちおうSP系を保護するようにしていますが……なんかもう面倒だから適当でいいや。数の論理で名牝系まで行きます。(笑)

おまけでディープインパクトノエルフェアリーのかつてのライバル同士の配合もできました。


天皇賞(春)でノエル系待望のステイヤー・ノエルチグサが勝利しました。これでノエル系の国内GⅠは残すは菊花賞のみに。
また馬主としては国内GⅠの全制覇を達成しました。


今年もヒメカミクロスがアジア・マイル・チャレンジ完全制覇、ヒメカミブルックがグローバル・スプリント・チャレンジ優勝を達成しました。そしてヒメカミクロスの香港マイル勝利がノエル系の150勝目。

そんなヒメカミクロスは小回りが苦手だったらしいのですが、ここに来てそれを克服したようです。


同馬は40戦39勝で8歳を迎えようとしていますので、今更……という気もしますが。

マッチョ軍団の一番手(と言いつつ“2”の)マッチョドスは皐月賞勝利後にBCダートマイルに優勝。そして同じマッチョウノの仔のヒメカミウノはいき…

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2006年)

イメージ
そういえば未だに結城江奈が芦毛の馬の応援にやってくるなと思い、去年の種付け時に白毛名鑑を初めて使いましたので、4月に白毛の幼駒がわらわらと生まれてきました。
その中にはマッチョウノ産駒のエアトゥーレ06も。印が秘書○、河童木・美香◎の期待できそうな牡馬です。


またマッチョウノ産駒では1月に海外幼駒の☆マッチョアゲイン(母ゴードナゴー)を購入しています。

春のクラシックではMy牝系とは無関係ですがハンプトン系保護用のロンドがノエル系の邪魔をしながら皐月賞~ダービーの2冠を制覇。そしてシーキングザゴールドが子系統を確立したために、役割を終えてしまったジャジルは米国のクラシックに挑み、なんとかベルモントSを勝ちました。

ここしばらくノエル系のアジア・マイル・チャレンジ完全制覇が続いていますが、今年も去年に続きヒメカミクロスが快挙達成。


短距離はノエル系無双状態で、ヒメカミクロスはGⅠ8勝、ヒメカミブルックはグローバル・スプリント・チャレンジ優勝などGⅠ5勝。さらにヒメカミチャンプ(トウショウマリオ×ノエルハッピー)もGⅠ4勝を挙げました。

9月、ノエルマズルカ05(父サドラーズウェルズ)が柵越え。
そしてサマーマイルではヒメカミサンライズ(シーキングザセレン×ノエルカール)が優勝。春から重賞を6連勝しました。

この馬のようにGⅠを狙わずに、割り切って重賞を勝たせることに専念させている馬もいます。その甲斐もあってノエル系は6月3週に50勝目を挙げると、10月2週には100勝に到達。最終的には140勝になりました。


非ノエル系でヒンドスタン系保護用のパンジャーブは夏から欧州の長距離レースへ挑戦し、10月4週のロイヤルオーク賞でついにGⅠ馬になりました。ディープインパクトのGⅠ2着馬のジンクス再び。呪いどころか幸運のお守りみたいになっています。(笑)


ノエル系の古馬中距離路線のエース格であるノエルフェアリーは春に大阪杯を勝ってから、海を渡り、プリンスオブウェールズSを優勝しました。

秋シーズンは、強敵のディープインパクトは天皇賞(秋)には出走しておらず、このレースはノエルフェアリーが勝利。
ディープインパクトは凱旋門賞に出ていたわけでもなく、京都大賞典(2着)~ジャパンカップというローテでした。実際に起きた凱旋門賞での禁止薬物検出による失格というのは、ゲーム的にうまいこと扱えな…

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2005年)

イメージ
今年1頭の怪物がクラシックで愛馬たちに立ちはだかります。その名はディープインパクト(サンデーサイレンス×ウインドインハーヘア)……クラブの馬ですが。
去年既に所有馬のヒメカミコメット(シーキングザセレン×ノエルバーン)との対決を制してGⅠのホープフルSを勝っています。

今年に入ってからは、弥生賞ではヒメカミコメットが勝つも皐月賞ではディープインパクトが勝利と大舞台でその能力を遺憾なく発揮。

そしてダービーですが、ヒメカミコメットには距離が長いので、所有する3歳の中で一番強そうな牝馬のノエルフェアリーをぶつけることにしました。牝馬での日本ダービー挑戦……つまりそういうことです。ディープインパクトを負かしたなら、ノエルとの結婚も許されるのではないかという謎理論の下に……


しかし結果は及ばず2位。やはり神はノエルとの結婚を認めてくれないのか……

今年はノエル系かつマッチョウノ産駒の牡馬という実に都合のいい馬が誕生。ノエルオアシス05です。


またマリオサンシャイン産駒のノエルハッピー05も秘書・河童木・美香◎となかなか。期待していないといい馬が出るのでしょうか。

ヒメカミクロスがアジア・マイル・チャレンジ完全制覇を達成。そしてドバウィは欧州牡馬マイル3冠を達成しました。日本からの遠征になるのが能力的に不安だったんですが、なんというか見た目以上に強かったです。早目に「海外遠征」を取れたのが良かったのか、これが史実馬の強さなんでしょうか。


春にディープインパクトと激闘を繰り広げたヒメカミコメットはフランスダービー2着後、秋のコックスプレートで古馬を相手にGⅠ初勝利。ノエルフェアリーはその後は欧州へ遠征し、ドイツオークスなどGⅠ2連勝と、ディープインパクトの2着でもジンクスを破ってGⅠを勝てました。

なお件のディープインパクトはそのまま3冠を達成しました。前哨戦では結構あっさりと負けていたんですけどね。


菊花賞では零細血統保護用のパンジャーブが2着と健闘。この世界ではディープインパクトの勝ったGⅠの2着馬は海外GⅠを勝てるというジンクス(?)が成立しているので、将来に期待です。

そして今年もやはりペガサスワールドカップを勝ちながらもドバイワールドカップに選出されなかったヒメカミオリーブは、目標だった凱旋門賞の3連覇を達成し、秘書チャレンジをクリア。


さらにBCクラシック4連覇後は…

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2004年)

イメージ
昨年ヒメカミオリーブが日米欧で年度代表馬になりましたので、年明けにはいろいろとメッセージが。秘書チャレンジでは「自家生産の米国年度代表馬」と「同一年度年度代表馬(日米欧)」をクリアし、青葉エリカや天城綾からお兄ちゃんと呼ばれることに。


また有馬記念の勝利でノエル系では初の「春秋グランプリ連覇」となりました。
そのヒメカミオリーブは今年もペガサスワールドカップに勝ちましたが、やはりドバイワールドカップには選ばれませんでした。


フェブラリーSに勝っていたら違ったんでしょうか。日本代表の成績はアドマイヤドン(ティンバーカントリー×ベガ)の6着とサイレントディール(サンデーサイレンス×フェアリードール)の9着でした。
選出には海外勢の裏工作でもあったんじゃないかと、疑いたくなります。(笑)

今年の井坂氏のクラシック注目馬はヒメカミフリート(シーキングザセレン×ノエルカール)でした。


父の柔軟性の低さがもろに遺伝して、距離適性はひどいことになっています。能力は見ないことにして付けまくっているので、こんな馬ばかりなんですよね。
それでもキングカメハメハ(キングマンボ×マンファス)を破って皐月賞を制覇しました。

かつてのダービー馬で6歳のヒメカミシアトルは大阪杯で久々の中央GⅠ勝利。さらには特性「直一気」も修得しました。


今年生まれた仔馬では、あまり期待していなかったマリオサンシャイン産駒で良さそうな馬が2頭も誕生。残念ながら牡馬ですが予定通りの配合のノエルトゥルース04と母父がアフリートノエルハッピー04です。


また様子見で何頭か付けたマッチョウノ産駒でも、トゥザヴィクトリー04で河童木イチ押しの牡馬が誕生しました。

滅亡の危機に瀕しているオリオール系の3歳ヒメカミブルックは初海外GⅠのフランス2000ギニーを勝利。


はい、私がお兄ちゃんです。
あと2戦も勝って、欧州牡馬マイル3冠を達成しました。


また4歳のヒメカミクロスはアジア・マイル・チャレンジの完全制覇を達成。芝短距離が充実しています。

トニービン系牝馬のティービージョオーは距離適性の幅が広いので、アイルランドの牝馬3冠に挑戦。アイルランド1000ギニー~アイルランドオークス~アイルランドセントレジャーを勝ちましたが、実況でもレース後の騎手・調教師のコメントでも特に触れられませんでした。
レース選択を間違えたのか、い…