投稿

注目の投稿

【Winning Post 8 2017】史実馬ロストプレイ

イメージ
『2015』以来の『Winning Post 8』です。前回は架空スタートだったので、無印以来の1982年スタートにします。
今回プレイするにあたっての方針としては、「秘書チャレンジに挑戦しつつ、めぼしい史実馬をロストさせる」ということに決めました。

ロストさせるには、史実通りの種付けをしない、親の引退時期を延ばす、親を競走馬時代に予後不良にする、という方法があるそうです。予後不良はあまりやりたくはありませんけれどね。親をロストさせると、その子供の子供、つまり孫も自動的にロストされるということがポイントになりそうですが、把握するのも大変。私はあんまり血統は詳しくないので、非効率的なプレイになる可能性が高いです。

秘書は新キャラの姫神ノエル。『7』と比べると、ちょっと成長していますでしょうか。


今作の秘書チャレンジはノエルだけありませんが、来年度版で追加されるのでしょうか。ところでパッケージに体操着ノエルを載せるのはちょっと違うんじゃないですかね。(笑)

シナリオ設定は1982年スタート、難易度はNORMAL、モードはBにしました。
『2015』のデータからお守りと資金を引き継ぎつつ、施設は一から作ることに。馬主登録は前回と一緒。牧場長は幼駒のスピードを上げたいので、篠原宏美。


スペシャル種牡馬とエディットはなしです。
何人かの騎手の顔を見て、モデルであろう人物とあまりにイメージがかけ離れているものがあったので、仮名のままでプレイすることを決めました。誰のことかというと、多分皆さんも心当たりがあると思います。(笑)

初期設定は以上ですが、最初に挙げたプレイ方針では相反する部分があります。というのは、秘書チャレンジに血統が指定されているものが何点かあるということです。
キズナの仔で父仔ダービー制覇(守永真彩)オルフェーヴルの仔で凱旋門賞制覇(守永真彩)カブラヤオーの仔で牡馬3冠制覇(天城綾)トウカイテイオーの仔で牡馬3冠制覇(天城綾)カブラヤオーが異彩を放っています。ちょっとマニアックすぎませんか、天城さん。
これらの馬とその血統表に出てくる馬はロストさせないようにしなければなりません。メジロマックイーンシンボリルドルフサンデーサイレンス。ここら辺が要注意でしょうか。作業的に強い馬を消していこうとすると、うっかりロストさせてしまいかねません。というか既に一度ロストさ…

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1983年)

イメージ
去年の年末に名声が1000を突破し、種牡馬施設を最大まで拡張したので、外国の種牡馬を種付けできるようになりました。


ノエルの配合はどう変わるかというと――


爆発力の最大はほとんど変わっていませんが、配合評価Cが散見されます。そしてここには載っていませんが、当初の計画通りにダンジグを種付けできるようになりました。配合評価はノエルの中ではいい方のCで、爆発力もまずまずの18です。


これで牝馬が生まれることを祈ります。

今年生まれた仔馬はノエル83(父ハードバージ)が牡馬、秘書チャレンジのカブラヤオー用のモミジ83(父パーソロン)が牝馬でしたが、ともに無印。
ノエルの仔に関しては、お守りボーナスの産み分けは行いませんでした。金のお守りを温存した訳ではなくて、単に忘れていただけです。(笑)

また今年の種付けでは、グレイソヴリン系を零細血統にすべく史実馬のロストを実施してみることに。被害者は――
タマモクロス(シービークロス×グリーンシャトー)ニホンピロマーチ(アローエクスプレス×ロッチバージ)ヒデリュウオー(サクラシンゲキ×ホクトカムリ)ニシノミラー(ドン×エチュード)もう去年役割を終えた感のあるニホンピロウイナーは、欧州牡馬マイル3冠やグローバル・スプリント・チャレンジのボーナス獲得を達成しました。


ニホンピロウイナーは日本では最優秀短距離馬、欧州では最優秀スプリンターに選ばれました。どうせなので、来年くらいまではお守りやら賞金を稼いでおいてもらいたいです。


そして今年はミルリーフ系が子系統を確立。ノエル系の計画には関わってはこないと思います。


そしてノエルの最初の仔(父スイフトスワロー)をノエルアラバスタとして所有しました。正直期待はできませんが。その他にはクラウンジョニーが産んだタイテエムとの牡馬のヒメカミコラムも所有しています。

『Winning Post 8 2017』 (C) 2014-2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1982年)

イメージ
最初に選べる馬2頭はニホンピロウイナー(スティールハート× ニホンピロエバート)とアンバーシャダイ(ノーザンテースト×クリアアンバー)にしました。肝はニホンピロウイナーで、アンバーシャダイはなんとなくです。
これらの馬の役割は、早目に海外幼駒を買えるようにすることと、名声を1000まで上げて来年の種付けまでに種牡馬施設を最大にすることです。

それでは早速プレイ開始――


はい、アウトー!
ノエルにパパと呼ばれるのと、お兄ちゃんと呼ばれるのは、どっちが業が深いんでしょうか……

繁殖牝馬を買えるようになったら、すぐにノエルを購入。まだ早いんですがクラウンジョニーも一緒に買いました。

4月にはノエルの初仔であるノエル82(父スイフトスワロー)が誕生。能力は全然ですが、牝馬であるだけましです。


ノエルの今年の種付けでは、まだ海外馬には種付けできないので、国内の馬から選ぶことに。爆発力はこんな感じです。


見事に配合評価にDがならんでいます。期待しないで危険度2ですが一番爆発力の高いハードバージを選びました。サーペンフロ激怒。


あまり他にすることもないので、同時に秘書チャレンジ「カブラヤオーの仔で牡馬3冠制覇」に正攻法でチャレンジしてみることに。前回のプレイではエディットなしでグランパズドリームと架空馬の二度3冠達成しましたが(史実馬ロストプレイの1986年1987年)、その時は同期の史実馬を何頭もロストさせていましたので。

存在する繁殖牝馬から選ぶとナスノチグサスカッシュソロンあたりの馬が爆発力が高いです……と言っても13くらいですが。
そこで開始から1~2年で繁殖牝馬を作ることに。その馬を3歳いっぱいで引退・繁殖入りさせると、カブラヤオーの種牡馬引退(だいたい1988年末)までに一、二回は種付けできることになります。


既にこの時点で血脈活性8本や親系統ラインブリード4本爆発型は狙えないうえに、大種牡馬因子・名種牡馬因子もともにゼロと、ウイポ的にはなんとも言えない血統です。疾風とかが狙えたら話は別なんですが。

新たに作る繁殖牝馬として考えたのが、ともに能力はそこそこのパーソロンとトムフール系牝馬モミジの組み合わせです。モミジは2頭いますが評価額の高い方です。


もっともこの配合だと爆発力は血脈活性(×8)と施設効果(×2)のみでわずかに10。両親の底力に期待です……
ちなみに…

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ

イメージ
今回新たに始めるプレイの主役はノエル……っていうと今までと同じと思われるかもしれませんが、人でなくて馬の方です。(笑)
ゴールデンアイなどの母である繁殖牝馬のノエルをMy牝系にして、その血を広げていこうと思います。


シナリオ設定は、やはり1982年開始のノーマル、Bモードを選択しました。
一部の人に有名になった(かもしれない)ノエルとはどういう馬かというと、あまり情報がなくて私もよく分からず、やたらとサーペンフロの仔を産んでいる印象しかありません。ゲームの能力は――


全体的に低くて、ずば抜けて相性の良い種牡馬もいないので、付けるのは能力の高い馬にしたいところです。今回メインはダンジグにしました。サーペンフロ激怒。


選んだ理由は、能力も高いこと、そして次の世代の配合を考えてです。具体的には、種牡馬入りするとSP因子が2つ付くうえにほぼ間違いなく子系統を確立するので、仔の配合時に母父○が成立、さらにノエルと1代前の親系統が被らないということです。

このダンジグノエルの仔で、怪物は無理でも重賞を勝てるレベルの牝馬が生まれてくることを祈ります。基本は神頼みです。(笑)

その馬が繁殖入りした場合、母父がダンジグになりますので、ある程度の爆発力を得られる種牡馬は存在していると思いますが、どうせなのでこのノエルダンジグの仔(以下A)用に種牡馬(以下B)を用意しておくことにします。

Bの父のポイントは2つ。一つはダンジグが子系統を確立した際にはSP特性を持つので、こちらもSP特性かST特性を持つ系統にすること。そしてAとBの配合時に血脈活性化配合8本の条件を満たすこと。そして母が能力因子持ちということです。

候補として時間はちょっと空きますが、シーキングザゴールド(1988年末に繁殖入り)を選びました。


子系統ミスタープロスペクター系が確立し(オート進行で飛ばした上のスクリーンショットでは、種牡馬入り時点で確立していました)、さらに親系統に昇格することが大前提ですが、こちらもよほどのことがない限り勝手に成立するので、問題はいつか、ということだと思います。

そしてBの母の条件は、やはり血脈活性化配合8本が成立すること。そして父が種牡馬因子持ち。母が能力因子持ち。以上の3点にしました。

ゲーム開始時点で日本に、能力はそこそこのクラウンジョニーという4歳の繁殖牝馬がいます。父はパーソ…

【Winning Post 8 2017】2038年

イメージ
転生して2年目、31歳でついに20歳のノエル(マリア)と結婚。ちなみに彼女の能力は勉強E・運動B・牧場E。ま、まあ隠しパラ(嘘)の可愛さがSSだから……
実はノエルの能力を知るまでは、てっきりCが最低だと思っていたんですが。


こんなこと言われたら、能力なんて関係ない……かも。
名前はマリアだけど気にせずにノエルと呼ぶことにします。そして秘書は朝比奈すみれ(くるみ)に強制交替することに。まだ一度も選んでいない天城綾がいいんですけど……


仲良くしすぎたら怒ると言いつつ後任に秘書人気ランキング(謎)の2位?を持ってくるのは、試されているんでしょうか。

本業の競馬の方はというと、コマッタチャンの去った後のダート路線は混戦模様。ペガサスワールドカップはその妹の8歳セキセイストーリーが米国3冠馬のセキセイトレジャーを抑えて勝利。


ノエルからバレンタインデーのチョコをもらうなどして迎えたフェブラリーSでは、セキセイメロディ(セキセイミズーリ×セキセイネーション)が同い年のセキセイトレジャーに勝利。


結婚後初の国内GⅠ勝利ということで、ノエルと幸せを分かち合いますが、プレイ開始直後の弱小馬主の頃ならまだしも、年にGⅠを何十勝もしているような状況だと、ありがたみはあまりありません。(笑)


バレンタインのお返しなどをしていたら、ノエルと厩舎に挨拶に行くことになりました。


格好はともかくとして、誰だ、このできた嫁は……なんだか急にノエルの個性がなくなってしまいました。

ドバイWCでは6番人気だったセキセイメロディセキセイストーリーセキセイトレジャーを従えてゴール。すっかりダート路線のヒロインの座に躍り出ました。

そして4月。カマッテチャンの孫の世代に当たる牝馬のセキセイマジック38(父セキセイタイカン)が誕生。


金髪だからでしょうか……違うか。(笑)

今年の種付けでは去年獲得した「白毛(斑)名鑑」を秘書チャレンジ用に使用しました。いったいどんな馬が生まれてくるんでしょうか。シマウマの例もあるのでちょっと怖い気もします。(笑)


ノエルとお花見などしているうちに、去年日独のダービーを勝ったセキセイビギンがアオチューチャン系初となるアジア・マイル・チャレンジ完全制覇を達成。


ノエルと夏祭りに行くなどするうちに、米国のセキセイヴィジョン(セキセイカット×セキセイスバル)がトリプルティアラを…

【Winning Post 8 2017】2037年

イメージ
プレイ開始から五十数年が過ぎ、ついにオーナーブリーダーを引退する時を迎えました。


それで次はどうなるのかというと、ノエルから普通の口調でカンペを読みながらの(?)説明がありました。


このタイミングで姓名を変更できるそうですが、今回はそのままにしました。なお冠名は変えられませんでした。年齢は30歳に若返りました。
そして初代のプレイ傾向がこちら。


片方にふり切れている項目ばかりです。本当かよっていう気がしない訳ではありません。(笑)

3月4週の米国レイザーバックH(GⅢ)を制して米国の全重賞制覇、延いては世界の全重賞制覇を達成しました。


やはりイベントはなし。ノエルに褒められたかった定期、ってこれ書いたの何度目でしょうか。

4月、スマートルック37(父セキセイシンザン)は、サヨナラ配合成立中の父の最後の世代ですが、この馬が最後の大物になりそうだとか。


3歳牝馬セキセイトレジャー(ランドケーポイント×セキセイガール)はUAEダービーに勝利後、米国3冠を達成。アオチューチャン系初のことでした。


日本のクラシックでは、同系のセキセイビギン(ビギナーズラック×セキセイレイア)が2冠達成。そして牝馬ではセキセイマリアンナ(キズナ×セキセイリリック)も2冠達成。さらに6月には初海外のフランスダービーも制覇。


追い込みが厳しそうなところから綺麗に決まって、思わず、おぉ!となりました。(笑)
ちなみにどういう訳かレースは半数以上が牝馬の出走でした。フランスオークスとはなんだったのか。

さらに期待のリップサービスは欧州3冠を目指してイギリスダービーに出走。なんと大差勝ちでした。


さらにアイルランドダービーも影をも踏ませぬ大差勝ち。欧州競馬界に激震が走った……という想像をしてみました。(笑)


そしてこれで五大ダービー制覇(日米英仏愛)ということになりました。


UAEダービーも勝っているので残すはドイツのみ。ドイツダービーは日本から遠征したセキセイビギンが勝ちました。


よって五大ダービー・プラス2ということで秘書チャレンジの「同一年七大ダービー制覇(日米英仏愛独首)」を達成し、白毛(斑)名鑑を獲得。


守永さんの秘書チャレンジに「自家生産の白毛斑馬でGⅠ制覇」というのがありますので、来年あたりにこれを使います。

リップサービスは無敗のまま欧州3冠を達成。もちろんカマッテチャン系初です。


日本…