投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2020年

イメージ
秘書の交代時期ですが、引き続き守永嬢にすることに。気分転換で衣装を「華やか衣装」に変えてみました。そして3月……


こ、これは……っていうか、まだ3月ですよ!?


セキセイパステルでエンプレス杯を勝利し、川崎競馬場を制覇。またセキセイオーラで豪州のフューチュリティSを勝って海外GⅠ初勝利です。すると早速はるかが取材にやってきました。


厩舎と種牡馬繋養施設を最大まで拡張したので、繁殖牝馬の数も増え、海外の種牡馬でも種付けできるようになっています。これで自家生産が面倒くさくなり本格始動です。今年は……


ブエナビスタ20に期待。また同週にルートリッチらがやってきて「世界頂上決戦」の開幕を高らかに宣言していきました。もう一人の日本代表は織月さん。対象レースを4勝すると優勝ですが、前から準備していないときつそうです。


今年はアメリカが舞台でレースのラインナップはこんな感じに。ダート馬はあまりいないんですけど。そういうことは一月前じゃなくて、もう少し早めに言ってくれませんかねえ……


相馬さんの名声を超えたようです。そういえば佐伯さんって今作に出てこないなあ。
6月のマンハッタンSを見据えて、香港に遠征してみることに。GⅡ5勝のセキセイラーク(オルフェーヴル×ドナブリーニ)がクイーンエリザベスⅡ世Sに、セキセイオーラがチャンピオンズマイルに出走です。


すると樫本桃子が登場。レースは残念ながら2頭とも2着に終わりました。
他の馬たちはというと、セキセイシーズンがNHKマイルカップを勝ちました。早くもGⅠ2勝目です。またセキセイミズーリ(グラスワンダー×アニメイトバイオ)が福島牝馬Sの勝利に続き、ヴィクトリアマイルを勝利。2週連続でGⅠ制覇です。


それにしても、所有馬が増えたために騎手のやりくりが大変になったからと、森下騎手から武騎手に替えた途端に連勝って、やっぱり……

さて、世界頂上決戦ですが、初戦ケンタッキーダービーはウィルリードが地元の意地(?)を見せて5着で先着。マンハッタンSはセキセイラークを出走させましたが惨敗。シモントラドの4着が最高。トリプルベンドSはウィルリードが勝利しました。2歳戦のスピナウェイSに新馬を勝ったばかりのセキセイアイランド(ゼンノロブロイ×ドナブリーニ)を半ば強引に出走させるも、惜しくも2着。


勝利すると金、先着すると銅トロフィーが付くようです。勝負は凱…

【Winning Post 8 2015】2019年

イメージ
1月4週。セキセイオーラが京都牝馬Sに勝ち、早くも今年の重賞初勝利。幸先がいいです。


3歳馬セキセイデイムがチューリップ賞を勝ち桜花賞への優先出走権をゲット。翌週には安田千六が登場、友好度MAXになりました。しかし桜花賞は3着。


一方、セキセイオーラは重賞で好走を重ね、ヴィクトリアマイルでついにGⅠ初勝利!


夏にアメリカの芝の牝馬限定戦に挑戦させることに。まずは7月1週のGⅡのロイヤルヒロインマイルSを使ってから、GⅠのダイアナSに挑みます。


7月1週。ブエナビスタ18(父アルデバラン)に期待が高まります。また、セキセイオーラの米国挑戦を控え、椎野はるかが来ました。大レースって、GⅡだけどね。


競馬場では高井駆と知り合いました。しかし結果は残念ながら5着。そして本番のダイアナSは――


11番人気ながら、大健闘の2着。結局、その後も遠征しましたが、2着、2着、7着と、海外GⅠ初勝利は来年以降にお預けです。穴場を狙って行ったつもりでしたが、流石に甘くはありませんでした。
9月1週、シリーズ恒例の柵越え発生。飛び越えたのは……虹に続いてまたしてもブエナビスタ18です。


これは期待できそうです。その後、鳳がブエナビスタ18を売ってくれと言ってきましたが、追い返しました。(笑)それを売るなんてとんでもない。
夏にジャパンダートダービーを勝ったセキセイパステル(ロードカナロア×フサイチパンドラ)が、クイーン賞に勝利し船橋競馬場を制覇。ところで、もはやゆうこりんの面影はありませんね。


12月3週の朝日杯FSで、セキセイシーズン(キングズベスト×ピーピングフォーン)がタコチャンゾウサン(!)を抑えて勝ち、セキセイファームのGⅠ初勝利です。重賞は所有馬ではなかったので、一安心。マイラーなので春先に欧州遠征とかも面白そうです。


しかし、ローテを調教師任せにしていたため、騎手が森下騎手でなく武豊騎手で、さらに勝利後はマウス連打でそのまま主戦にしてしまいました。翌週、鳴尾草平が初登場。続いて江奈も。


セキセイシーズンは白毛だよ。やったね、江奈ちゃん。
今年のGⅠは3勝でした。


今年の表彰馬です。ダークレジェンドはドバイ勝ったのか……。リーディングサイアーのキングカメハメハは系統確立しました。


そして、早くもガリレオ系が親系統になりました。この前系統確立したばかりだと思っていたのに。牝系では…

【Winning Post 8 2015】2018年

イメージ
新年早々、里咲がやってきましたが、その訳は……


失業! こんなイベントがあったとは。(笑)で、新しい雇い主を斡旋することになったのですが……


選択肢少なっ! ここはやはり森下騎手を選びました。森下騎手の育成と里咲の友好度上げを同時に行える、一石二鳥です。


芦毛のセキセイオーラ(クロフネ×ディアデラノビア)のレースには、江奈が応援に来ます。応援してくれるのはありがたいと言えばありがたいのですが、だんだん鬱陶しくなります。(笑)
すっかり忘れ去られた感のあるセキセイファーストがここにきて中山牝馬S、阪神牝馬Sと重賞を連勝しました。レース飛ばしちゃってゴメン……(その後、ヴィクトリアマイルは4着)
今年生まれた仔馬の期待馬はこの3頭。


すると牧場に異変が……


で、出たああああっ! た、たぬき! っていうか、でかい!
さて、NHKマイルカップには、期待のセキセイオーラと後一頭が出走します。


勝つには勝ったのですが、期待馬ではなく、もう一頭の方が勝つという、なんとも微妙な結果に。これぞウイポあるある。うーん、騎手の差なんでしょうか。
気を取り直してオークスで、ついに森下騎手はGⅠ初勝利を果たしました。これからもっと勝ってもらいましょう。いや、勝たせてあげましょう、なのか?


地方遠征にもセキセイクルーズ(サクラプレジデント×ビッグクィーン)でチャレンジしました。園田(兵庫CS)、大井(ジャパンダートダービー)、金沢(白山大賞典)の3場を制覇しました。


秋にはデュプレ系のセキセイコスモが新馬戦に勝利。所有馬による同系初勝利を果たしました。しかしこの後、壁にぶち当たることになるのでした、500万の壁に。って低っ!


さて、3冠馬セキセイセカンドの年末の時点の成績はこの通り。


善戦していると言えないこともないのですが、着順以上にトップホースとの力の差を感じました。
また、森下騎手の成績はこんな感じ。GⅠ3勝を含め、大幅に勝ち数を伸ばしました。これがゴリ押しの力か……


ホープフルSで牧場の生産馬が初の重賞勝ちを果たしましたが、なんとセリに出した馬でした。嬉しいやら、悲しいやら。GⅠはぜひとも所有馬に達成してもらいましょう。


そしてメインの有馬記念は、大逃げ馬がいたため波乱の展開に。セキセイセカンドは天敵インデュラインに先着したものの、2着でした。
限界を感じたセキセイファーストセ…