投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2030年

イメージ
今年はアリスとの結婚世界一のホースマンの栄誉を賭けた世界頂上決戦のアメリカラウンドの年ですが、その前に秘書の交代が。しかし引き続き守永嬢にして、衣装を今度は四季衣装に変更。
カペラ28改め、セキセイカペラ(そのまんまです)がいよいよ入厩します。


3月5週の高松宮記念で森下昌恵騎手がセキセイアクロス(5歳牡、レッドクラブズ×パッシングアンサー)で勝利し、彼女は国内GⅠを全制覇しました。同週にドバイがあるので、高松宮記念は有力騎手だと騎乗する機会自体が少ないんですよね。


今年のドバイは代わりに森下和騎手に行ってもらいましたが、上々の成績でした。アトミックハートが最低人気ながらもUAEダービーを勝利、ケンタッキーダービーに向けて良い弾みとなりました。デネブがドバイデューティーフリーを辛くも勝利、セキセイオリーブがドバイシーマクラシックを勝利。ドバイワールドカップに出た浜中騎手騎乗のセキセイハントは2着でした。

4月、今年は牡馬のセキセイデイム30(父アロマノヴェル)に暁マークが付きました。そして世界頂上決戦のラインナップが発表。


2歳戦が芝で牡馬限定のBCジュヴェナイルターフになってしまったのが計算外でした。ダート早熟の馬、いっぱい買ったのに……。まあ、遠征になりますが、候補はいない訳ではないので、問題はないでしょう。所有馬の顔ぶれ見ると、牝馬戦のヴァニティSが厄介そうです。

桜花賞。鳳と対決中のセキセイアイリスが勝ち、獲得賞金を2億3500万に伸ばしました。その後、オークスは敗れはしましたが2着。こっちは特に意識しなくても、もう勝負はあった感じです。この後、夏にアラバマSに挑戦します。

世界頂上決戦の第1戦、ケンタッキーダービーは、日本から遠征のアトミックハートを始め、5頭出し。前回のこともあるので、なりふりは構っていられません。アトミックハートの騎手は森下昌恵騎手にしました。こういう時のために、せっせと育成してきたのさ……。


アトミックハートは6番人気でしたが勝ち、続くプリークネスSで2冠達成。これには高井氏も大喜び。


こうなると最後のベルモントS、出さないわけにはいきません。距離上限2200mなんですけどね……
6月1週。ついに分場の話が進展しました。代金は20億円。


さて、世界頂上決戦の一番の難関と思われるヴァニティS。アメリカからは4歳馬セキセイオアシス(ブルーグ…

【Winning Post 8 2015】2029年

イメージ
昨年、最優秀馬主と最優秀生産者のW受賞を初達成したので、祝賀パーティーがありました。そしてその後には海外旅行。振り袖のまま旅行する強者がいます。(笑)直後、水着に着替えるという変幻自在ぶり。


ムービーも流れまして、これでTHE END――


と思ったら空気を読まず、鳳がやってきて勝負をすることに。前回は断りましたが、今度はぎゃふんと言わせてやりましょう。
うちの代表は牝馬のセキセイアイリス(ヘイヘイヘイ×アーバンブライト)です。もちろん牝馬のクラシックを狙います。鳳の馬は、対して気にしていなかったので、名前すら憶えていません。(笑)


米国スプリントに挑戦中の3歳セキセイエイムは、まず手始めにGⅢのベイショアS(ダ1400m)に挑戦し、14番人気ながらも海外初勝利を挙げました。
デネブは春はアジア・マイル・チャレンジに挑戦。完全制覇しました。欧州では3歳セキセイエコー(レッドクラブズ×ダイナマイトキャメロン)が欧州牝馬マイル3冠を達成。ダートも走れる馬なので、秋には米国にも行かせたいと思います。


宝塚記念、アオチューイズムセキセイオリーブを2着に抑え、グランプリ3連勝。でももうアオチューは来ません。レース後、調教師の勧めもありキングジョージⅥ&QESに挑戦し、優勝。これで引退です。
GⅠ馬のセキセイポラリスが、サマーマイルシリーズで優勝。これが馬主として初めての優勝です。取れそうで取れなかったというか、そもそも意識すらしていなかったため、肝心の初優勝のメッセージのSSを取り損ねることに。(汗)


万作がベルベットバッグ28(父クロコモア)の問題児ぶりを話していると、樫本さんがそれをハイぺリオンになぞらえました。が、後にうっかり海外セリに出してしまい、祝永に買われてゆきました……。


天皇賞(秋)でセキセイオリーブは5着に敗れましたが、を4歳牡馬のセキセイスキー(レイズシック×マイネラック)が勝ち、木戸飛鳥騎手がGⅠ初勝利です。


セキセイエイムはサンタアニタスプリントからBCスプリントへと行きますが、掲示板が精いっぱい。国内重賞は楽勝なんですが、海外となるとなかなか厳しいです。
デネブがBCターフを勝つなどして、海外GⅠ100勝を達成。10月5週はGⅠレースがいっぱいあったので、どれが100勝目なのかは分かりません。


さて、鳳と対決中のセキセイアイリスは順調に勝ち進み、阪神J…

【Winning Post 8 2015】2028年

イメージ
川崎記念をセキセイリセスが、フェブラリーSをセキセイヴィグラスが勝利し、2頭がドバイに選ばれました。
そして3月。井坂氏のクラシックのイチオシは、なんと所有馬のセキセイポラリスですが――


選ばれたのはいいんですが、距離適性はマイルって書いてあるんですけど……。もちろん皐月賞には行かずに、NHKマイルカップに行き、優勝しました。
またルートリッチが現れ、再び米国ダート・スプリントに挑戦することに。


今度の被害者?は外国産馬セキセイエイム(ビッグブラウン×トムアイズ)です。成長型が覚醒なので、チャンスは多そうです。実力が伴っているか、分かりませんが。

ドバイミーティングでアオチューイズムが初の海外遠征。ドバイシーマクラシックを見事勝利しました。そしてドバイワールドカップでセキセイヴィグラスが優勝。

4月。仔馬が生まれ、如月さんがやってきました。カペラ系初の牝馬(父エーシンフォワード)に期待です。


そして桜の木のところであの人が待っているとのこと。


有馬桜子との友好度が最大になりました。
そして期待馬デネブが桜花賞に挑戦することになりましたが、レース前に自信満々の白嶺由紀登場。しかしレース結果は……


デネブは4馬身差の完勝でした。彼女の馬の着順は……触れないことにしておきましょうか。デネブはその後、オークスも勝ち2冠達成です。
欧州所属馬では、イギリス2000ギニーを始めGⅠ5勝を挙げているセキセイアトム(レッドクラブズ×フェアリーマッチ)がアジア・マイル・チャレンジに挑戦。3連勝で、安田記念で完全制覇を狙いますが、これが欧州所属馬での、初の日本遠征になります。


アオチューイズムは先日のドバイに続き、シンガポール航空ICに遠征し、連勝。宝塚記念のファン投票の票を伸ばすため、街宣活動に精を出しています。(笑)
そして安田記念。セキセイアトムが完全制覇を果たしました。


翌週、鳴尾草平が来て、牧場の獲得賞金が30億を超えたことを教えてくれました。いつもは10月から11月くらいに来ていたので、今年はかなり早いです。


さて、宝塚記念のファン投票でいっぱい選ばれましたが、出走させるのはアオチューイズム含め2頭に絞りました。
ドバイワールドカップの勝ち馬でファン投票1位のセキセイヴィグラスは回避して、帝王賞に向かわせます。アオチューに負けそうだから回避じゃなくて、勝ちそうだから回避。ひど…