投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2040年

イメージ
守永嬢の衣装が一周したので、今年から秘書を青葉エリカに交代しました。


今年もフェブラリーSで毎年恒例の姉弟対決。1番人気は弟のセキセイボードでしたが、今年も姉のセキセイマッチが優勝し5連覇を達成しました。


4月の仔馬の出産に響が初めて立ち合いました。どうやらセキセイエコー40(父アトミックハート)との間に特別な絆が結ばれた様子。仔馬の評価は全員に印付きで、秘書と河童木が◎。更に父の主戦だった森下和騎手も見に来るなど、なかなかの素質の持ち主のようです。


今年一番の期待馬は米国の3歳牡馬セキセイスペシャル(クワイエットシェル×ターフアローン)です。善戦続きで勝ちきれない中、本番のケンタッキーダービーでGⅠ初勝利を挙げると、続くプリークネスSで2冠を達成!

日本ではシシィリッチの指名馬セキセイドラゴンが目黒記念で重賞初勝利。これで海外への挑戦がようやく可能に。
6月1週に久々に登場の西村里咲が響と交流。


そしていよいよベルモントS。遊び取材にやってきたコースポの面々を前に、セキセイスペシャルは5馬身差の圧勝で遂に米国3冠を達成しました! これは馬主としても初のこと。すると鳳がちょっかいを出しにやってきましたが、エリカ様にやり込められて、すぐに帰ってゆきました。(笑)


今年も有馬桜子がラヴコネクション39(父ステンカソング)に見とれていたり、7歳になったセキセイシュンライが宝塚記念に2.08.6の日本レコードで勝ったりして夏になりました。
そう、響の英才教育の季節です。今年挑戦するのはスパルタ乗馬合宿、5000万円。中身が非常に気になります。アメリカあたりからロデオ・スターでも招聘するのでしょうか。

欧州でも3歳馬が活躍しました。セキセイベンチャー(セキセイヘラクレス×センタータウン)がイギリス2000ギニーなど去年からのGⅠ3連勝の後、古馬との初対決となったエクリプスSも勝利で7戦6勝の好成績。距離上限が2300mなのが非常に残念です。1敗は去年の昇格直後のナンソープS10着。ローテをちゃんと見ていなかった私が悪いのですが、なんで古馬が出る競争に2歳馬も出れるんでしょうか。リアルでは勝った2歳馬も5頭いるみたいなんですけどね……。

今年はセキセイエコー39(父スピニングセイザ)が柵越え。そしてサマー2000シリーズで、函館記念~小倉記念と勝った7歳牝馬セキセイクイーン(…

【Winning Post 8 2015】2039年

イメージ
響が今年小学校に入学します。まだ1月1週なのに今年から入学「した」っておかしいよね……。まあ、外国の人だし細かいことはいいか。
現在の能力は勉強B、運動A、牧場Aと、思ったより脳筋ではありませんでした。長所を更に伸ばすべく、今年は運動を重点育成項目にしました。

今年もフェブラリーSでセキセイマッチセキセイボードの姉弟対決。セキセイマッチが4連覇達成しました。セキセイボードは2年連続の2着。


響はその後、来るべき社交界デビューに向けて、シシィリッチにマナーを教わるなどしつつ、小学校に入学。妹のくるみも幼稚園に入園。こちらは社交的らしいです。


今年の3歳馬はセキセイストライプが井坂氏の目に留まりました。またセキセイプレイ(セキセイシーズン×セキセイカペラ)が若葉Sに勝利し、これがカペラ系の所有馬100勝目だとか。


セキセイストライプは皐月賞3着、ダービー2着でした。
シンガポール航空ICでセキセイアローンが優勝し、デュプレ系所有馬のGⅠ100勝達成。


欧州では3歳のセキセイフライヤー(シャラク×ダンディキャリー)がイギリスダービーに勝利しGⅠ3連勝。しかしその後の古馬との戦いでは振るわず。


1歳牝馬のラヴコネクション38(父タコチャンゾウサン)に有馬桜子が惹かれたようです。まだ実績のない3番目の牝系ですから、将来に期待です。
また、昨年の流星馬スリーブロッサム38で虹イベントも発生。椎野はるかもこの馬に注目だとか。
秋にはセキセイサニー38(父セキセイアロー)が柵越え。また、アリスが――


共白髪なんて言葉、久しぶりに聞きました。それも外国人の口から。なんかのフラグに見えないこともないですが。(笑)
さて、今年のクラシック、善戦続きだったセキセイストライプはというと――


この惜しい感じが氏の真骨頂……なのでしょうか。因みに菊花賞は、まだ成長途上のセキセイシェル(キャピタルグルーヴ×トウカイエイト)が勝ちました。
2歳馬ではリゲル産駒のセキセイホース(母ハローカントリー)がデビュー戦勝利。


すると相馬さんがこんなことを言いましたが、その後早くも全日本2歳優駿でGⅠを勝利。成長遅めなので、米国3冠はたぶん無理でしょうが、ゆくゆくはドバイ制覇を期待します。

井坂氏イチオシのセキセイストライプは有馬記念、8番人気ながらついにGⅠ初勝利。井坂さん、万馬券取りましたか?(笑)


響…

【Winning Post 8 2015】2038年

イメージ
昨年、セキセイアカネが秋古馬3冠達成&年度代表馬になりましたが、これはデュプレ系で初めてのことでした。


2月4週のフェブラリーSで、現在2連覇中のセキセイマッチと一昨年のチャンピオンズSの勝ち馬セキセイボードが姉弟対決。2頭ともデュプレ系の同配合(クロスコンフィデンス×セキセイノヴェル)です。


レースはセキセイマッチが勝ち、2着にもセキセイボードが。ともに2000mは長いので、ドバイWCには行けず、出走するレースも限られてきてしまいます。
ダート馬はこの2頭だけではないので、ローテを考えるのにも地方重賞の1頭制限が非常に煩わしく感じます。せめて2頭出しできればいいのですが。

高松宮記念でも所有馬がワン・ツー・フィニッシュ。勝ったのはカペラの仔セキセイノーブル。2着はセキセイデイズ(ナイトリボーン×セキセイスターダム)。


今年生まれた仔馬では、牝馬スリーブロッサム38(父クワイエットシェル)で流星イベントが発生。そして欧州のボタンファームで、ついに例のアレが出現しました。


想像以上に出しているモノの量と勢いがありました。(笑)
6月に鳳が牧場にやって来ましたが、すると長男・響が一言。


流石にこれはすまぬ……。

欧州のセキセイソングはアジア・マイル・チャレンジ3連勝。しかしラストの安田記念は登録を忘れてしまうという大失態。ちょうど種付けのところでプレイがリアルで1週間近く空いてしまい、すっかり忘れてしまっていました。(汗)
その安田記念は4頭出しで、4着まで独占。勝ったのはセキセイデイズでした。また、宝塚記念も同様に4頭出しで、こちらも上位独占。2.08.8の日本レコードで勝ったのは、これまでGⅡ18勝の“GⅡ大将”セキセイアルビレオリゲル産駒の同馬は、これがGⅠ2勝目です。


響がポニー競馬を始めたいらしく、その費用に2000万円掛かるというのですが、一体何に使うんでしょうか? まあ200億くらいまでは出してあげてもいいですけどね。(親バカ)
また次男の蒼も8月に歩き出しました。


9月、今年の流星馬の全姉のスリーブロッサム37が負けじと柵越え。驚く役は牧場長から響にバトンタッチしたようです。
セキセイマッチはフォアゴーSに遠征して勝利。これで森下和騎手に「海外遠征」が付きました。


森下昌恵騎手に続く、現役2人目ですが、この二人の関係は姉妹なんでしょうか。それと昔はもう…