投稿

2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2082年

イメージ
今年はセキセイファームの牧場長の任期が切れる年ですが、新たにスタッフに加わった輝彦の能力を確認。


ちょっと怖そうな人だな、などと思いつつ、画像におかしいところを発見。左のリストのところ、健が分裂しています。しかも能力が微妙に違っていました。どっちかを選んだら面白いことになりそうな気もしましたが、ちょっと怖さもあるので、当初の予定どおり知可子を選びました。


そして種牡馬シーソーゲームの引退イベントを経て、ついにエル(エマ)と結婚。7つ年上の余裕すら感じます。


1週目の米国のサンパスカルS(GⅡ)をセキセイウイザード(ニシノソリスト×セキセイステラ)が勝って、知可子が牧場長として早くも重賞初勝利。フェブラリーSでは4歳のセキセイロッキー(シーソーゲーム×セキセイエリザベス)が勝って、今度はGⅠ初勝利。


エルとはバレンタインやホワイトデー、花見などイベントを消化していきます。


今年も去年に続き、サークルカフェ81(父シーソーゲーム)で同世代のリーダーイベント発生。セキセイグルーヴ82(父セキセイエクセル)では流星イベント発生。

またドバイワールドカップを日本のセキセイロータス(ブレイズジェームス×セキセイステラ)が勝利、新体制のセキセイファームを盛り上げます。
桜花賞では蒼騎乗のセキセイアズサ(シーソーゲーム×セキセイドレス)が勝って、デュプレ系で「母仔クラシック制覇」を達成。その後、順調に牝馬3冠馬となりました。


エルとの夏祭りデートなどを経て、9月にはラヴビリーヴ81(父セキセイミノブ)が柵越え、翌月には貴史とアリアの間に男児誕生。名前は謙太と至って普通でした。外国系の名前がつくことはあるんでしょうか。

また今年は従業員宿舎を建設してみました。増築を重ねて7人から11人、最終的には15人までスタッフが雇えるようになりました。でもまだスタッフは7人しかいませんし、そもそもスタッフを配置できる施設を数えたら12人分しかありませんでした。意味ない……


外見はアパートっぽい感じ。見たことがない人も多そうです。私も見たのはこれが初めてです。

その後は欧州のセキセイオフ(タップダンスライン×マーマレードキッス)が英スプリントSを勝って、知可子がGⅠ10勝目を挙げるなど、セキセイファームは着実に賞金を加算。
ちなみにマーマレードキッス系はこの馬もそうでしたが、牡馬ばかり生まれてい…

【Winning Post 8 2015】2081年

イメージ
今年も新年早々、朝比奈さんにプレゼント(手袋)をあげてからかっていましたが、何気なしに家系図を見たら衝撃の事実が発覚!


うわああああぁ、アリア(アリス)取られたああああっ!
貴史は修行として度々米国に遠征させていましたが、その時に知り合ってゴールインした……のかもしれません。貴史は干すことに決定しました。(嘘)

3月、米国の牝馬サークルカフェ80(父シーソーゲーム)で同世代のリーダーイベント発生。印は長峰以外が◎でした。

競走馬は去年たくさん引退させたので、近年では層が薄い陣容になっていましたが、セキセイランがドバイWCを連覇、2着には米国3冠馬のセキセイロドリゴ。日本ではセキセイマシーンが天皇賞(春)5連覇、2着のワンダフルワールドも宝塚記念勝利と、主力がいずれも活躍。引退を延ばしていたワンダフルワールドはKGⅥ&QESを勝ったところで引退しました。

9月、セキセイピレネー80(牝、父セキセイメモリー)が柵越え。その後も特に何事もなく時が過ぎていきました。強いて言えばセキセイマシーンが凱旋門賞を、セキセイロドリゴがBCクラシックを勝ったことくらいでしょうか。


今年の成績は145勝(GⅠ50、重賞116)の113億7733万円で1位。牧場は98勝(GⅠ19、重賞46)の48億8415万円で2位。分場のワカクサFが51億43330万円で1位でした。

年度代表馬には、日本ではセキセイマシーン、米国ではケンタッキーダービーなどを勝ったセキセイナイン(セキセイハッスル×セキセイプリティ)が選ばれました。

騎手部門では、くるみが騎手大賞を獲得。今年38勝を挙げた大斗は来年からフリーに。
そしてくるみと万作の子供の輝彦が牧場で働くことになりました。

殿堂馬は、日本からはセキセイマシーンワンダフルワールド


米国からは、セキセイランセキセイロドリゴの2枚看板に加え、セキセイフォード


そして、これまた何気なしに牝系図を眺めていたところ、3番目のMy牝系のラヴコネクション系が絶滅していたことが判明。


リスト右下の馬は2072年だったので、最近絶滅したんでしょうが、絶滅の危機に瀕しているとは、誰も教えてくれなかったと思います。
右上の「絶滅」の文字が寂しいですが、My牝系を新たに登録していかないと、リストにはずっと残り続けるみたいです。上限5つは持て余し気味で、結局これも含めて…

【Winning Post 8 2015】2080年

イメージ
今年から朝比奈さんの衣装を「四季衣装」に変更しました。翌週、いきなり選択肢が表示されました。


なんですか、このワンクリウェアみたいなのは?
……タオルやるよ。


今年は裕次郎がおめでたの報告にやってきました。って、いつの間にか白樺明さんと結婚していました。
そして騎手デビューした(同じ顔の)大斗はというと、3月の名古屋大賞典でようやく初勝利。また2年目の貴史はセキセイエース(セキセイラッシュ×セキセイポーラ)に乗った皐月賞で、念願のGⅠ初勝利を挙げました。


今年はセキセイサマー80(牡、父セキセイヌーヴェル)で一等星イベントが発生。1歳馬では米国のセキセイエンゼル79(牝、父セキセイラッシュ)が柵越えしました。

ワンダフルワールドはドバイシーマクラシックで海外初勝利。続く天皇賞(春)はセキセイマシーンの2着でした。セキセイマシーンは天皇賞3連覇、春に限って言えば4連覇です。

米国ではセキセイロドリゴ(マイネルパーム×セキセイチャーム)が米国3冠を達成。


距離適性が2100mまでだったので、どうせ負けるだろうと思っていたんですが、適性のある他の馬を抑えての完勝でした。距離適性の幅が狭かったことが幸いしたのかもしれません。

8歳になったロザリータは、フェブラリーSで半弟セキセイユートピアとの対決を制すも、ドバイWCは5着。1着は去年BCクラシックを勝った米国のセキセイラン(セキセイアイス×ミスマインド)でした。しかし宝塚記念では勝って5連覇。

10月、裕次郎と(白樺)明さんとの間に男の子が誕生。名前は陽介に。

ワンダフルワールドはKGⅥ&QESと凱旋門賞、さらにはBCターフを勝利。BCクラシックの勝者はドバイも勝ったセキセイラン。2着は3冠馬のセキセイロドリゴでした。またロザリータは再び5着でさすがにもう衰えたかと思いましたが、続くジャパンカップで、今度は遠征したセキセイランに雪辱を果たしました。

日本では3歳牝馬セキセイブーツが牝馬3冠達成。菊花賞では大斗が新人ながらGⅠ初勝利を挙げました。
また今年は香港の一日制覇を達成。


ところで朝比奈さんのそれですけど……どこが「四季」なんですかね?

今年の成績は178勝(GⅠ73、重賞138)の142億620万で1位。生産者が106勝(GⅠ34、重賞57)の74億9388万で1位。
騎手はくるみが185勝で最多勝利と最高勝率。響が…

【Winning Post 8 2015】2079年

イメージ
今年から結婚の申し込みができるようになりましたが、ひとまず見送り。すると翌週の冒頭に――


そっかー、愛し合っていたのかー。知らなかったなあ。朝比奈さんにプロポーズすることができるようになりましたが、秘書辞めちゃうんでしょう? ということでプロポーズはせず。


今年騎手デビューの貴史は淀短距離Sを4歳のセキセイロッテ(サカエチャクラ×セキセイピナクル)で勝って、初勝利。


また健は今年もおめでたの報告にやってきました。3番目の子供は女の子で、名前はになりました。

3歳馬ワンダフルワールドは父・響の騎乗で日本ダービーでGⅠ初制覇。


ヘヴンリーキス
は今年もアジア・マイル・チャレンジを完全制覇。安田記念は1.30.4のコースレコードでした。そしてロザリータはフェブラリーSとドバイWC、宝塚記念などを勝利。4連覇となった宝塚記念は弟の裕次郎が代理騎乗。そしてこの1戦で縁の馬に。1戦ってちょっと早過ぎじゃないですかね……

秋、欧州の牝馬セキセイリリック78(父セキセイレーサー)が柵越え、日本の牡馬セキセイローズ78(父エイシンスキーム)は勇敢な馬イベント。

GⅠ戦線ではセキセイマシーンが天皇賞春秋連覇。そう言えば同名の馬が2033年ごろにいました。


そのままジャパンカップも制し、秋古馬3冠にチャレンジしましたが、勝ったのは菊花賞を制したワンダフルワールドでした。


今年の成績は、162勝(GⅠ71、重賞126)の128億4674万で1位。牧場は114勝(GⅠ34、重賞58)の70億2446万で1位。
騎手は、今年もくるみが騎手大賞を獲得。デビュー1年目の貴史は、2歳戦に多く乗せましたが取りこぼしも多く、27勝(34位)で最多勝利新人騎手のノルマの30勝には一歩及ばず。


年度代表馬は、ドバイWCやBCターフなど海外巡りをして今年9戦8勝のロザリータ

殿堂馬は、5年連続アジア・マイル・チャレンジ完全制覇のヘヴンリーキス。48勝、GⅠ45勝はいずれも最多記録となりました。国内ダートGⅠ7勝のセキセイトゥモロー


ロザリータの弟のセキセイスタイル。海外を回ったセキセイシーカー


そして来年大斗が騎手デビューします。ちなみに田村、押田、細江と一気に3人の女性騎手もデビュー。


それにしてもこの顔3人目なんだよなあ……。なお同じ顔の裕次郎は来年からフリーになります。

『Winning Post …