投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2044年

イメージ
今年小学校に入学する第3子・蒼の能力は、勉強Bに運動・牧場Aと、上の子たちと同じような能力でした。やはり最初は運動を頑張ってもらうことに。


去年響が追切を見に行った馬、セキセイリリーはさらに成長したとか。重賞はまだエーデルワイス賞の1勝のみなんですが、これからの上積みに期待しましょう。


今年のドバイでは、ユースフルデイズがダート戦を使っていないので当然と言えば当然ですがドバイWCに出られなかったので、芝のシーマクラシックで勝利。川崎記念あたりを勝っておけば、選ばれたのでしょうか。そのドバイWCは、去年初遠征で惨敗したセキセイコールが3着の大健闘でした。


その他ではセキセイクリスタルがドバイゴールデンシャヒーンに勝利。その後はチャンピオンズマイルと安田記念に勝ち、アジア・マイル・チャレンジ2勝。来年は完全制覇に挑戦してみてもいいかもしれません。デューティーフリーの1800mが厄介ですが。

昨年末の処理で欧州のコザクラファームに空きを作っておいたので、新たに繁殖牝馬を購入しようとしたところ、お目当ての馬が経営上の理由とやらで売ってもらえなかったことが多々ありました。お守りを使えば絶対に買えると思っていたんですが。


今年の知人の注目馬は、有馬桜子がセキセイオリーブ43(父セキセイブレーヴ)、樫本桃子がセキセイカウンター43(父シャラク)。後者(後馬?)の方は秋には柵越えもするなど、早くも大物の片鱗を見せています。

響は今年の夏はポニー競馬(2000万円)に挑戦。騎手の道に一直線? 「ジョッキーベイビーズ」に出場するイベントはないんでしょうか。

昨年米国でジュベナイルフィリーズを始め2歳GⅠ3勝を挙げたセキセイリング(カリビアンシャドー×セキセイアイリス)が、エイコーンSとCCAオークスを勝ち、ニューヨーク牝馬3冠(トリプルティアラ)に王手を掛けました。そして迎えたアラバマS――


追い込み馬なんですが、予想を覆す逃げ切り勝ちで、馬主としても初のトリプルティアラ達成です!


この時点で9戦無敗の好成績。マザーグースSは勘違いして出走させてしまいました。トリプルティアラって、よく対象レースが分からなくなります。
その後はBCディスタフ1着。初の海外遠征のチャンピオンズSは3着でした。1着は日本のセキセイコールで地元開催の意地を見せました。

また、BCターフでは去年2着と健闘した…

【Winning Post 8 2015】2043年

イメージ
去年の欧州牡馬マイル3冠馬のセキセイクリスタルは万能〇なので、まずはダート短距離路線で稼ぎます。フェブラリーS~ドバイゴールデンシャヒーンと連勝。
同じくドバイで開催されるUAEダービーではユースフルデイズが初の海外遠征で、GⅡとは思えない賞金1億4000万円をゲット。その後は国内クラシックで皐月賞~日本ダービーの2冠を獲りました。


去年の年頭、ダービーを獲りたいと言っていた森下和騎手の念願が遂に叶いました……が、特にイベントはなし。まあ、なんとなくそんな気はしていたんですけどね。米国3冠に行ってもよかったのかも……

安田記念では欧州のセキセイメーカーが世界の走りを見せつけ、アジア・マイル・チャレンジ3勝目。
欧州の3歳牝馬セキセイエミネンス(レッツゴーゼア×セキセイブーケ)がイギリスオークス~アイルランドオークスを制し、欧州オークス3冠に王手を掛けました。最後の一つは夏に、ヨークシャーオークスにて古馬との初対決となります。

宝塚記念、勝ったのは1番人気のセキセイドラゴンではなく、4番人気だった4歳牝馬セキセイジーニアス(フォーラッキー×セキセイトレジャー)でした。3着だったセキセイドラゴンは、引退レースにしたKGⅥ&QESに勝って有終の美を飾りました。

夏、くるみが乗馬(1000万円)に挑戦。また響は2歳未勝利戦に出走するセキセイリリー(セキセイツイスト×セキセイマジック)の追切を見学しに行きました。


調教師もその知識に太鼓判を押すほど。レースの結果はというと、大差勝ちでした。新馬戦で負けたのは、ダート適性を無視して芝に出したからなのでした……

さて、欧州オークス3冠の懸かったセキセイエミネンスは、7番人気の3歳馬に足元を掬われて、惜しくも2着。初のオークス3冠はお預けとなってしまいました。


秋になり、セキセイダリア42(父セキセイヘラクレス)が柵越え。そしてユースフルデイズは、菊花賞は長いので、海外へ。休み明けはアイルランドチャンピオンSで優勝。次戦は米国のブリーダーズカップへ。ターフかクラシックか、迷います。

サマースプリントではセキセイフライト(セキセイヤマト×マダムスポット)が対象レース3勝を挙げて優勝。セキセイクリスタルはスプリンターズSも勝ち、グローバル・スプリント・チャレンジの対象レース3勝目でボーナス獲得。


ユースフルデイズは迷った挙句、賞金に目が…

【Winning Post 8 2015】2042年

イメージ
運動が得意と思っていた響は、意外や意外、アリスによると運動嫌いとのこと。今年小学校に入学するくるみともども、勉強を重点育成項目に設定しました。


森下和騎手が新年早々挨拶にやって来ました。晩年って、まだまだいけますよ!


アトミックハートの仔であるユースフルデイズで、未だ果たせぬ日本ダービーの制覇を成し遂げたいとのこと。もともと主戦にするつもりでいましたけどね。

久々にドバイワールドカップでセキセイホースが優勝。シーマクラシックもセキセイゼットで勝ち、賞金をいっぱい獲得。

5月。今年の種付けでは、海外で久々にサヨナラ配合が成立しました。ノーザンテースト系とノーザンダンサー系です。優先して付けてみました。
セキセイサーベルがヴィクトリアマイルで勝ち、ラヴコネクション系のGⅠ初勝利。


桜子がラヴコネクション41(父セキトバ)を、樫本桃子がセキセイノーザリー41(父セキセイチャンス)を絶賛。そして、ユースフルデイズの兄であるセキセイクリスタル(スピニングセイザ×セキセイエコー)が欧州に遠征し、欧州牡馬マイル3冠を達成しました。


宝塚記念ではセキセイゼットが優勝。その後、調教師の勧めもありキングジョージⅥ&QエリザベスSに挑戦も8着。しかし凱旋門賞は2着と大健闘でした。
ユースフルデイズは7月1週の新馬戦で大差勝ち。


響も頑張って夏にはスパルタ勉強合宿に挑戦しました。費用5000万円って、合宿の内容がこれまで以上に気になります。

欧州の超長距離挑戦に王手をかけていたセキセイドラゴンは、今年は天皇賞(春)勝利後、やはり挑戦の最後はGⅠで締めたいと、しばらく空けて秋のアイルランドセントレジャーに出走。見事に目標達成しました。


ユースフルデイズはその後、札幌2歳S、デイリー杯2歳Sと重賞を連勝。


重賞勝つたびにこの手のイベントが起きるのか……。そして順調に朝日杯FSでGⅠ初勝利!


そんな愛馬の活躍に触発されたのか、響は今年は勉強がSに上がりました。そしてくるみもオールAに。
今年の年度代表馬は、ジャパンカップ、有馬記念も制したセキセイドラゴンでした。


今年の馬主成績は111勝(GⅠ36、重賞80)の79億3689万円で1位。セキセイFは94勝(GⅠ16、重賞38)の43億1919万円で2位。ワカクサFは84勝(GⅠ16、重賞31)の38億2973万円の3位と大健闘でした。

殿堂馬は、「世界…

【Winning Post 8 2015】2041年

イメージ
年始恒例の雪合戦にて次男・蒼が画面初登場。なかなか個性的な髪型ですが、どこかで見たような気も……。


セキセイサーベル(タコチャンゾウサン×ラヴコネクション)がデビュー戦で勝利。ラヴコネクション系での所有馬初勝利でした。フラワーCにも優勝し、これは同系の重賞初勝利です。


フェブラリーS5連覇のセキセイマッチは昨年末で引退しましたので、8歳になったその弟・セキセイボードが今年こそは……と思いきや、勝ったのはセキセイホース(リゲル×ハローカントリー)。セキセイボードは今年も2着で、これは4年連続。

響は盛んにセキセイエコー40に語りかけますが、全く相手にされません。


セキセイサクセス(セキセイタイヨウ×アーバンブライト)のドバイゴールデンシャヒーン勝利後、長女のくるみが森下昌恵騎手に会いに行きました。くるみもこれが画面初登場。


残念無念、金髪娘ならず。最初ほくろはディスプレイについた汚れかと思って、拭いてしまいました。ディスプレイを汚しっぱなしの私が悪いんですが。
そして弟の蒼は入園式を迎えました。

セキセイドラゴンはダイヤモンドSに勝利し「超長距離」が付きました。続くドバイゴールドCにも勝利し、これが例のイベントの2勝目。天皇賞(春)にも勝ち、これがGⅠ初勝利。


6戦全勝で皐月賞を迎えることとなったセキセイビリーヴ(セキセイアロー×セキセイサニー)のローテについて、調教師がケンタッキーダービー挑戦を進言してきました。


皐月賞快勝後に向かったケンタッキーダービーでは、これまた無敗の米国所属馬セキセイスキーム(セキセイツイスト×セキセイドゥ)と対決するも2着。続くプリークネスSはケンタッキーダービーで3着だったセキセイスキームが勝ち、最後のベルモントSは2戦目を回避したセキセイビリーヴが勝利。

響のお気に入りセキセイエコー40は有馬桜子の目にも留まりました。そして響は夏休みに1000万円の乗馬に挑戦。
8月。いまだ未勝利だった関屋記念に4頭出し。60キロを背負ったセキセイプレイ(セキセイシーズン×セキセイカペラ)が勝ち、ついに国内重賞を完全制覇! しかし特にイベントはありません。


一番多く勝ったのは、フェブラリーSかと思っていたら、宝塚記念の18勝でした。
秋になり今年はセキセイノーザリー40(父セキセイチャンス)が柵越え。そしてセキセイエコー40の育成が始まりました。


――と…