投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2048年

イメージ
フェブラリーSでイノセントワールドが連覇達成。2着に入ったNHKマイルカップ勝ちなどのあるセキセイパートともどもドバイに選出されました。そしてドバイワールドカップでもイノセントワールドが連覇。

くるみは今年中学校に入学します。そして長男の響は今年から競馬学校の騎手課程で奮闘中。


桜花賞を2歳チャンピオンのセキセイゲイトで勝利したら響から手紙が来ました。メールじゃないんだ。
なお、同馬はこれで7戦全勝。次走のNHKマイルカップも勝ちました。

米国コザクラファームに高井駆が来て、セキセイカメリア47(父シングルスピリッツ)を褒めていきました。この馬は白毛なので活躍してくれたら嬉しいです。印は秘書と河童木が◎、牧場長と美香が○です。

7月1週に、フランス・パリ近郊にあるサンクルー競馬場にひょっこり響が現れました。なんかダーティーな顔です。(笑)


海外旅行って、競馬学校は日曜日が休みだったと思うんですが、日帰りでしょうか? 実家は所持金が2000億円近くある屈指の大富豪だし自家用大型ジェットを乗り回してもおかしくな……おかしいわ! 成田~パリ間は片道12時間くらいということは、往復で一日潰れてしまうんですが、脱走でもしてきたんでしょうか?
さて、レースはというと、セキセイスロットル(カリビアンシャドー×ラヴコネクション)の海外GⅠ初挑戦は9着に終わり、これには一同がっかり。

更に翌週、今度はプロキオンSの行われる中京競馬場に出現しました。


こいつはふらふらと出歩いて、卒業できるか非常に心配です。(笑)レースはセキセイマーチ(アトミックハート×セキセイアヤメ)が1.21.2の日本レコードで優勝。


弟の蒼はスパルタ勉強合宿に挑戦したり、追い切りを見学したりと、上の子と同じように順調に成長しています。
秋競馬を前にセキセイオペラ47(父マーベラスパール)が柵越えし、サマー・スプリント・シリーズでセキセイトリックが去年に続き優勝。

クラシック戦線では2冠達成のセキセイスプレンダ(ランドスウォード×セキセイアイリス)が3冠を懸け菊花賞に臨みましたが――


生粋のステイヤーのセキセイレター(レッツゴーゼア×セキセイビゼン)が5馬身差をつけて圧勝。セキセイスプレンダは頑張りましたが2着に終わりました。次走のジャパンカップも同じく5馬身差の2着。
JCを優勝したのは天皇賞(秋)を勝った4歳…

【Winning Post 8 2015】2047年

イメージ
長男・響の“縁の馬”はセキセイエコー40ことユースフルデイズかと思っていましたが、実際にはセキセイカウンターという馬でした。現在10歳のこの牝馬は、米国で競走馬デビューし、殿堂入りこそしませんでしたがアラバマSなどGⅠを3勝、引退後は欧州で繁殖入りし、その産駒にはイノセントワールドなどがいます。


この馬が久々に日本に戻ってきて、響とおよそ10年ぶりに再会しました。

そして先ほど言いましたようにその子供であるイノセントワールドは日米2か国で年度代表馬になりましたが、はるかがお祝いに来ました。


ところで3か国でというのはできるのでしょうか。ケンタッキーダービー~英ダービー~KGⅥ&QES~凱旋門賞~BCクラシック~ジャパンカップ~有馬記念(さらに保険で春先の米GⅠ)と勝てば(相手次第では)いけそうな気がしますが、いずれ適性の馬が出た際には狙ってみたいです。

さて、イノセントワールドはフェブラリーS~ドバイWCと勝ち、疲労が溜まったので放牧。休み明けは帝王賞やホイットニーSへ行きます。

日本ダービーでラストステージが優勝しました。これで種牡馬入りはできそうです。しかしその後はパッとせず、ダートを走るなど迷走することに。


長女のくるみは、安田五月の話に感じ入ることがあったり、夏には夏期講習に挑戦。また(時間が飛びますが)有馬桜子も注目のデネブ46(父セキセイビーム)のことが気になる様子。


時間を戻して夏のセリです。今年から開業の久留米麗菜調教師が一頭推薦してきたので久しぶりにセリに参加。評価額1900万円の馬を8000万円で落札しました。


秋になり、エトワールアピール46(父マリンサイレンス)が柵越え。そしてサマー2000で去年のオークス馬セキセイミリオン(シングルスピリッツ×セキセイカメリア)が、サマースプリントでは4歳牡馬セキセイトリック(セキセイブレーヴ×セキセイコラム)が優勝。後者はスプリンターズSでGⅠ初制覇。また欧州ではセキセイサイレント(セキセイイグリット×セキセイパス)がフランス牝馬3冠を達成しました。


今年のブリーダーズカップでは唯一勝ちのなかったBCダートマイルに、セキセイミリオンの全妹の3歳牝馬セキセイチーフ(シングルスピリッツ×セキセイカメリア)と日本のセキセイハニーで挑戦。8番人気のセキセイチーフが勝ちました。これでとうとう海外主要GⅠ全制覇を達…

【Winning Post 8 2015】2046年

イメージ
年明けからちまちまと1週放牧を繰り返していたイノセントワールドでしたが、ようやく喉鳴りが良くなりました。


UAEダービーを3着の後、順調にケンタッキーダービー~プリークネスSを勝ち2冠達成。


さて、今年の種付けでは久しぶりにS評価+とてつもない爆発力が出ました。Wサヨナラ配合ありですが、これは牝馬の対象年齢はもう少し高くてもよかったんじゃないでしょうか。


この頃になると爆発力上位は疾風や稲妻ばかりになっています。なるべく避けてはいるのですが。そんな今年の種付けは不受胎祭でした。その数なんと15頭。


更に6月の2回目でも、うち6頭が不受胎に……

アジア・マイル・チャレンジに王手をかけたセキセイプログレスですが、最終戦の安田記念で、これまでGⅠ未勝利の7歳牝馬セキセイメール(ステンカソング×ラヴコネクション)の2着に終わりました。一方のイノセントワールドはベルモントSも勝ち、米国3冠を達成しました。


今年くるみは椎野はるかと会ったり、5000万円のスパルタ勉強合宿に参加したり、追切を見に行ったりと、色々な経験を積みました。


秋にはマイネシルキー45(父セキセイシェイディ)が柵越え。河童木と美香の印が◎と、なかなかの様子。そしてサマー2000では昨年のダービー馬セキセイキャニオンが優勝。
2歳馬ラストステージは順調に勝ち進みました。


昨年頂上決戦欧州ラウンドを制覇したので、欧州GⅠを一つ勝てばよかったのですが、今年の欧州戦線ではエマの呪い?なのか、2着・3着続きでしたが、9月3週の2歳戦ヴィンセントオブライエンSでセキセイフェイマス(セキセイハイネス×セキセイオリーブ)が勝ち、ようやく欧州のGⅠを勝利。翌週エマがやって来ました。


ライバルか……まあ、嫁はまずいですよね。(笑)これで友好度が100に。知人では井坂氏だけが10のままです。一向に上がる気配はありません。

中2の響の学園祭に行ったエリカ嬢が危ないことを言い出しました。(笑)


イノセントワールドはBCクラシックに勝ち、これで米国の年度代表馬はほぼ決まりと言ってよいでしょう。チャンピオンズSも勝利。
朝日杯FSに挑んだラストステージは距離が短かったのか3着でした。1着はセキセイパート(セキセイヒカリ×セキセイコラム)。

しばらく気にしていなかった子供たちの育成結果は勉強・運動・牧場の順に、響がS・SS・A、くるみ(小…