投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2055年

イメージ
まずは子系統を確立したアトミックハートの種牡馬引退イベントから。
そして、改まった様子で響がやって来ました。


そのお相手は――牧野姉妹は渡さん!(笑)ということで栗原美穂になりました。


それにしても候補一覧の上の方は……どれだけ熟女好きなんだ。(笑)
その響は去年最多賞金獲得騎手になりましたが、これは一族初。


そして2月1週には早くも――


馬の話題では、ブリリアントウッドマン54(父セキセイジャパン)で負けん気の強い馬イベント、そして今年生まれたエトワールソックス55(牝、父エトワールベリー)で一番星イベントが発生。Wエトワールというのがなんだか癪ですが。
そして西村星香師がセキセイクリスタルの仔、セキセイサイレント55を見にやって来ました。この馬の印は秘書、河童木、美香が◎で長峰は▲です。

皐月賞を2歳王者のセキセイシー(ミルダイヤモンド×セキセイカメリア)が勝ち、騎乗した響は「3冠ジョッキー」になりました。年を跨いでの達成なので、少し違和感がありますが。


欧州の8歳馬セキセイウズシオ(ヴァイスフォーチュン×マイネガリバー)が天皇賞(春)に遠征して、大差勝ち。GⅠ7勝目はデュプレ系所有馬の国内GⅠ全制覇の記念すべき勝利となりました。


桜花賞~オークスではセキセイソロン(ユースフルデイズ×サクラカンプ)が2冠達成。響から現役最年長の森下和騎手に乗り替わった矢先の連勝でした。そして日本ダービーではセキセイアフェアー(ヘルスモーション×セキセイゼア)が勝って、くるみがダービージョッキーに。


上半期の締めくくりである宝塚記念ではセキセイアイスがグランプリ4連覇と、前半戦は好調でした。セキセイアイスはKGⅥ&QESも勝利。

9月にはブリリアントウッドマン54で再びイベント発生。今度は柵越えです。
そして10月、響に待望の長男が誕生。


しかも後継者なので、名前を付けることになりました。


プレイヤーの名前が変わるのは嫌だったので、同じ名前にしました。本当はⅡと入れたかったんですが、3文字だったのでそれは叶わず。カタカナにしてもよかったかな? それにしても将来顔を見るのが怖いです。(笑)

牝馬3冠の懸かっていたセキセイソロンは、秋華賞は残念ながら3着。
そして現役チャンピオンのセキセイアイスは凱旋門賞~BCクラシックを連勝。鞍上の響はBCターフも絶滅寸前のハイぺリオン系セキセイ…

【Winning Post 8 2015】2054年

イメージ
いよいよ騎手デビューのくるみが、牧場にやって来ました。そして1月1週には早くも所有馬に騎乗。日曜日の中山4レースの新馬戦ですが、セキセイラッシュ(ブロードドラゴン×セキセイシルビア)で見事に1着。


初騎乗初勝利を飾りました。これを含めてデビュー週で2勝。そして高松宮記念ではセキセイヒーロー(アローエイジ×セキセイノーブル)でGⅠ初騎乗でしたが、こちらは惜しくも2着。百戦錬磨の外国馬&外国人騎手に敗れてしまいました。


4月、デュプレ系のオートクライシス54(牝、父セキセイグランツ)で暁イベント発生。印は河童木と美香が◎で他はなし。

米国のクラシックでは蒼の縁の馬であるセキセイサイクロン(セキセイジャパン×セキセイジョイ)がデビューから6連勝で米国2冠達成。距離は長いのを承知でベルモントSに特攻するもあえなく10着に撃沈。

日本では、響がセキセイシャワー(セキセイピルグリム×セキセイマリオン)でオークスを連覇し、この勝利で特性「大レース」を獲得。そして6月1週、2歳戦が始まりましたが、そのレース前に――


レースは所有馬に乗ったくるみに軍配が上がりました。なお響は2着。レース後には特に何も起きませんでしたが、続きを見たいような、見たくないような……(笑)

今年も去年に続きセキセイエンペラーがアジア・マイル・チャレンジを完全制覇。もう一頭のエースで去年の年度代表馬のセキセイアイスはというと、海外初挑戦のドバイシーマクラシックで初黒星(4着)を喫した後は、香港のクイーンエリザベスⅡ世C~シンガポール航空ICを連勝し、宝塚記念も勝利。


去年のオークス馬のセキセイベストはGⅠ2着などが続き、いまいちパッとしませんでしたが、札幌日経オープンに勝って、響は所有馬で100勝達成とのこと。


この時点で彼は通算199勝でしたので、ほぼ半分が所有馬での勝利です。コネ人脈って大事だなあ……。そしてすぐにサマーチャンピオンで通算200勝を達成。これもやはり所有馬でした。


サマー2000では秋天勝ちのあるセキセイシャトルが、サマーマイルでは今年もセキセイデューがそれぞれ優勝。

くるみも頑張っています。北九州記念をセキセイヒーローで勝ち、ついに重賞初勝利。そしてこのコンビはGⅠ初制覇を懸け、スプリンターズSに挑みましたが、またもや2着。勝ったのは、NHKマイルカップ勝ちなどのあるセキセイアリシバ(…

【Winning Post 8 2015】2053年

イメージ
去年セキセイシンセイキがカペラ系の所有馬で初の年度代表馬になりましたので、祝永氏と如月さんが年明けに来訪。


更にデュプレ系ではセキセイミスワキが5月のヴィクトリアマイルに勝利し、こちらは所有馬による母仔3代GⅠ制覇を達成。


祝永氏は本株をプレゼントしてくれましたが、何の馬のものかは分かりませんでした。(笑)そういえば、所有馬以外でのシンジケート結成は、しばらく見ていないんですが、やはり所有馬で国内GⅠを荒らしまくっているせいでしょう。そして如月さんからは海外旅行の誘惑お誘いが……


好きな知人を一人連れていけるようですが、妻のアリスを選びました。他の女性も当然のように選択肢に列挙されていましたが、さすがにそれではアウt……如月さんが友達を誘うだけだからセーフ。(笑)
ということで如月さん、アリス、そして当然のように同行するエリカ嬢とでドバイへ行きました。


話は競馬に戻って、オークスで響騎乗のセキセイベスト(ヘルスモーション×セキセイブリッジ)が勝ち、彼はクラシックに初勝利。そして翌週には早くもダービーに騎乗することになりましたが、そのレース前に白嶺と鳳の間でひと悶着が。


レースは響のセキセイアイス(セキセイアース×セキセイリング)が優勝し、デビューから無傷の4連勝でダービー馬に。すると鳳はさっさと退散し――


響の晴れ舞台が滅茶苦茶に。(笑)気を取り直して桜子さんの御姿でも拝みましょう。


安田記念ではセキセイエンペラーがアジア・マイル・チャレンジ完全制覇に挑みましたが、蒼が応援に駆けつけました。


レースはセキセイエンペラーが勝利し、蒼も大興奮です。


注:国内GⅠです。

仔馬たちは、はるかがセキセイメッセージ52(父セキセイソリスト)に注目したり、セキセイブラフ52(父アオチューイズム)が柵越え。
そしてサマーマイルでセキセイデュー(デュークドリュー×セキセイノーザリー)が中京記念~京成杯AHを連勝して優勝。

響は菊花賞もセキセイアイスで、翌週のJBCレディスCLをセキセイヒット(ジャスミンムーン×アスコットパンドラ)で勝って、早くも所有馬でGⅠ10勝目。


更に彼は天皇賞(秋)をセキセイシャトル(セキセイビーム×セキセイピーク)で勝つと、JC~有馬記念をセキセイアイスで制するなど絶好調でした。今年は66勝を挙げリーディング10位。いやあ、まさに大ブレイクしましたなあ。(…