投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2062年

イメージ
まずは二代目の教育方針を決めることに。能力は勉強B、運動A、牧場Bでした。正直どうでもよかったんですが、低いと格好がつかないので(笑)バランス型を目指し、まずは牧場のお手伝いから。そしてセキセイファームの牧場長は牧野若葉ちゃんが続投。


二代目はフェブラリーSをセキセイエンブレム(キャントンプログレス×セキセイチムール)で勝ったくるみに会いにトレセンへ行くなどしているうちに、小学校に入学。
またセキセイリオン62(父セキセイエンペラー)の出産を見学。


三点リーダーを中黒3つで代用するのは気持ち悪いからやめてくれー。
この仔は小野あかね調教師も噂を聞いて駆けつけるなどの期待馬です。しかし二代目はなかなか相手にされません。


子供なんだから、何か愛称を自分で勝手につけて呼びそうな気もしますが……

今年は所有馬ではセキセイセレナード(セキセイスワロー×セキセイサイレント)がアジア・マイル・チャレンジを3勝。そして欧州ではその弟のセキセイパートナー(セキセイオリンピア×セキセイサイレント)がイギリスダービーを勝ちました。実は未だに欧州3冠の達成馬がいないので(所有馬同士で潰し合ったことはありましたが)、密かに期待していましたがKGⅥ&QESは残念ながら3着。

9月、牝馬のセキセイミモザ61(父セキセイボックス)が柵越え。翌月には蒼に娘が誕生。名前は知可子


ちなみに長男の健は牧場を継ぎたいとか。骨肉の争いが勃発するのでしょうか。(笑)

セキセイパートナーは凱旋門賞勝利後、BCターフは2着。その後はJC~有馬記念と連勝しました。2着に入ったのは、ともに今年も天皇賞(春・秋)を勝ったセキセイテシオ。結果的に秋古馬3冠を取り損ねてしまいました。

今年の成績は155勝(GⅠ53、重賞117)の110億6090万円で1位。牧場は106勝(GⅠ28、重賞45)の70億5661万で1位。

騎手の子供たちは響が2位(190勝)で最多賞金&最高勝率。くるみが5位(112勝)、蒼が9位(78勝)でした。


年度代表馬は、日本がセキセイテシオ、米国がドバイWCとBCクラシックを勝ったセキセイエクセル。欧州がセキセイパートナー。そしてミスタープロスペクター系のセキセイスペシャルが子系統を確立。


一方でリファール系が滅亡。また、「ダートクイーン」の称号を持つセキセイマジックが新たに主流牝系として認められま…

【Winning Post 8 2015】2061年

イメージ
長女のくるみが結婚。そのお相手はボタンファーム初代牧場長の精武万作氏。そして早くも一か月後には――


今年いっぱいお休みのため、彼女のお手馬をはじめとして、騎手のやりくりが面倒くさくなることに。
ランニングハイは兄の響が代わりに乗ることになり、春先はフェブラリーS~ドバイゴールデンシャヒーンと危なげなく勝利。

去年のミルフォードストリート59ことセキセイハッスルに続き、今年も全妹のミルフォードストリート60で負けん気の強い馬イベントが発生。そして、ついに二代目が画面に登場。


普通の顔でした。ちなみに以前無印で代替わりした時も、後継者は同じ顔でした。まあ、特徴的な顔になったらなったで嫌ですが……。また健も入園式を迎えました。

今年の国内の春のGⅠは取りこぼしが多かったのですが、欧州ではセキセイショウグン(セキセイオリンピア×サントップゴールド)がヨーロッパ牡馬マイル3冠を達成しました。

夏になり、蒼の子の貴史が歩き始めました。この子は父親に似て運動神経がよさそうです。
9月。白毛のセキセイチムール60(父セキセイブルース)が柵越え。サマー2000をセキセイキング(セキセイグランツ×オートクライシス)が、サマースプリントをセキセイソフィア(セキセイバッグ×ベルモントフレグランス)が優勝。

そして10月にくるみの子が誕生。名前は大斗


ランニングハイはBCスプリントを引退レースとしましたが3着。引退を先送りにしていましたが、さすがにガス欠のようです。そして天皇賞(秋)に出走予定の馬が多すぎるため、セキセイセイントが初ダートのBCクラシックに挑戦するも、セキセイエクセルの2着に。
セキセイエクセルは、今年はドバイWCは3着でしたが、その他の中距離GⅠをこれを含めて6勝と勝ちまくり、今年の米国の年度代表馬に選ばれました。

今年やったことはというと、海外の未勝利重賞(主にGⅡやGⅢ)に遠征させるくらいで、書くことも特にはないのですが、国内ではステイヤーの5歳馬セキセイテシオ(マーブルボーラー×セキセイマース)が天皇賞・春秋連覇を達成。


勝ち鞍の一番上が今年の分で、2番目がおそらく去年勝った分です。こっちはわざわざ載せなくてもいい気もしますが……。あと括弧の全角半角が揃っていなくて非常に気持ちが悪いです。私はそういうのがとても気になる性質なので。(笑)

そして11月。響の子の夏希の七五…

【Winning Post 8 2015】2060年

イメージ
秘書の交代の年になりましたが、青葉エリカが続投。衣装は最後の「華やか衣装」に変更しました。


そして響が引退したシーソーゲームに会いに来たり、蒼に子供が誕生することの報告などがありました。

ドバイでは4歳になったランニングハイがドバイゴールデンシャヒーンを、3冠馬のセキセイヘリオスがドバイシーマクラシックを勝ち、メインのドバイワールドカップでも米国のセキセイエクセルが勝利。日本のセキセイダンスも自己最高となる2着と健闘しました。

皐月賞を勝ったセキセイメモリー(セキセイオリンピア×セキセイレット)について樫本さんが、イギリスダービーへの挑戦を提案。日本ダービー優勝後、中1週の強行軍で挑むことに。


そして牝馬クラシック戦線では、蒼が今年こそ牝馬3冠に挑戦。その相棒はセキセイコード(ラストステージ×サントップゴールド)です。


欧州のセキセイハンサム(セキセイヘラクレス×ベルモントフレグランス)がアジア・マイル・チャレンジを2勝。対象レースは始めの2つのみ出走。デューティフリーは距離が長かったために、残り2戦には挑みませんでした。

そしてイギリスダービーでしたが、セキセイメモリーは惜しくも1馬身差の2着でした。秋には3冠を狙います。

9月にワカクサファームのミルフォードストリート59(父セキセイラガー)が柵越え。この馬は3月にも負けん気の強い馬イベントが発生しています。そしてセキセイコマンダー(セキセイグランツ×オートクライシス)がサマー2000を2勝し優勝。


10月には蒼に次男が誕生。名前は貴史
セキセイヘリオスは凱旋門賞に挑戦しましたが3着。勝ったのはKGⅥ&QESも勝った欧州のセキセイジーンでした。そしていよいよ秋華賞。セキセイコードが牝馬3冠に挑みましたが――


勝ったのは2番人気で兄・響騎乗のセキセイロジック(セキセイエンペラー×セキセイチーフ)でした。セキセイコードはクビ差の2着。なんだか兄弟仲が心配になってきます。(笑)
その一方で響はセキセイメモリーで今年も3冠達成。こちらは7馬身差の圧勝でした。


ブリーダーズカップでは、ランニングハイがBCスプリントを、セキセイキッチョウがBCクラシックを制しました。ドバイWC勝ちのセキセイエクセルは2着。この2頭も去年から良きライバルです。安定感ではセキセイエクセルの方が上手ですが。

そして11月には二代目の七五三。


牧…

【Winning Post 8 2015】2059年

イメージ
シーソーゲームの主戦の森下和騎手が引退してしまったので、現役No1騎手(親馬鹿)の響に後を任せることにしました。そのシーソーゲームはフェブラリーS~ドバイWCを危なげなく連覇。
そしてランニングハイは、春先は出るレースがほとんどないので3歳ながらドバイゴールデンシャヒーンに挑戦するも惜しくも2着、初黒星を喫してしまいました。


3歳のダートのマイル以下は上半期はユニコーンSくらいしかないので、ずっと放牧していてもいいのかもしれませんが、次走は駄目元でNHKマイルカップに出したら優勝してしまいました。しかも4馬身差の完勝。

今年は他の3歳馬も好調でした。日本では蒼騎乗の2歳女王セキセイルートが2冠達成。


牡馬も負けじとセキセイヘリオス(セキセイオリンピア×セキセイレット)が2冠達成。
米国でもセキセイエクセル(アドマイヤフェイス×セキセイチーフ)がケンタッキーダービー~プリークネスSを連勝。ともに2着にも同じ所有馬が入りました。そしてベルモントSでしたが――


勝ったのはずっと2着に甘んじていたセキセイキッチョウ(セキセイスペシャル×サントップゴールド)でした。セキセイエクセルは2400mは少し長いのが分かっていたので、ローテ次第ではセキセイキッチョウが3冠を獲れていたかも……

さらにこれだけではありません。欧州では、セキセイミレー(ヘルスモーション×セキセイゼア)をフランスダービーに、セキセイジーン(ミッキーラーク×オータムエトワール)をイギリスダービーに出しましたが、ともに優勝。
これで色気が出て次走を変更し、セキセイミレーをアイルランドダービーに、セキセイジーンをドイツダービーに出すことにしました。


ともに優勝しましたが、アイルランドダービー制覇後にはイベントが発生。


今年の5大ダービー制覇だそうです。ドイツは仲間はずれ……。2016だと秘書チャレンジなるもので、この6つにUAEダービーを加えた「7大ダービー制覇」があるらしいですけどね。
ちなみにセキセイジーンの1敗は、デビュー直後のナンソープSです。定期的にこの失敗をしています。っていうか、調教師も登録するなよ!(笑)

夏になり、健がしゃべり始めました。健って誰だっけ……あ、蒼の子供か。


そして今年の2冠馬セキセイルートの全妹のビューティーデジャヴ―58が柵越え。10月には響に子供が誕生、名前は裕次郎だそうです…