投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2066年

イメージ
ボタンファームの牧場長の契約更改時期ですが、牧野双葉ちゃんが続投。せっかく成長したので、たぶん替えることはないと思いますが。

そして今年もくるみが出産のために休業。この時点ですでに19勝を挙げていたので、リーディングどころか200勝も狙えるペースでしたので、少しもったいない気もします。
また蒼の子の貴史が顔見せ。


ついにこっち系統の顔が……。本命(?)はまだ出てきていませんが。
今年は響の一番下の子の裕次郎が小学校入学。ちなみに彼の趣味はゲームです。

3月3週。セキセイキラー65(父セキセイラッシュ)で同世代のリーダーイベント発生。今まで負けん気の強い馬と言っていましたが、なんだかしっくりきていなかったので、いろいろ調べてみてこの呼び方にすることにしました。

今年のドバイWCは一昨年の米2冠馬セキセイシンボルが、なんか訳の分からない日本の馬に敗れて2着――と思っていたら、自牧場の産駒でした。複雑な気持ちです。


春GⅠでは、マーマレードキッスが桜花賞~オークスと勝利。


その妹のセキセイペンダント65(父セキセイヒーロー)も樫本さんがその素質を評価するなど、ともに先が楽しみです。GⅠで姉妹対決なんてこともありうるかも。

欧州ではセキセイレーサー(セキセイハンサム×セキセイルート)が欧州牡馬マイル3冠を達成。暁の馬であるセキセイシャイン(シンボリハピネス×セキセイチーフ)が仏1000ギニー~仏オークスと勝って、フランス牝馬3冠に王手を掛けました。
マーマレードキッスは夏にアイルランドオークスに遠征しましたが、5着に敗れ初黒星。まだ海外は早かったかもしれません。

9月、樫本さん注目のセキセイペンダント65が柵越え。そしてヴェルメイユ賞、セキセイシャインは古馬に競り勝ち、見事フランス牝馬3冠を達成しました。


次走は凱旋門賞で、これは惜しくも2着。3着にも再挑戦のセキセイサウンドが入りました。

くるみの子は今回も男の子でした。名前は輝彦。名前の雰囲気が先の二人とはがらりと変わっています。長男の大斗の七五三時の夢は調教師だとか。

牝馬3冠の懸かっていたマーマレードキッスは秋華賞~エリザベス女王杯と勝って“4冠”達成。有馬記念では秋古馬3冠を狙うセキセイアイルとの対決となりました。

が、その前にマイルCSに話を戻します。二代目のお気に入りの晩成馬のセキセイイエローがここでGⅠ初制覇…

【Winning Post 8 2015】2065年

イメージ
まずは種牡馬セキセイスペシャルの引退のイベント。
そして1月3週、いよいよウイニングポストがデビュー。新馬戦では名前補正が付いているかと思わせるほどの、大差の圧勝でした。すると相馬さんが登場。


コースポ新馬戦評価で血統評価の満点を取った血統表がこちら。


上のライン、トウカイテイオーからラストステージまでずらりと並んでいます。
また裕次郎が画面初登場。


どこかで見た顔です。響の子が蒼の子供時代に似ていて、蒼の子(健)が響の子供時代に似ている、ということは……!? また夏希も今年小学校に入学。

4月、今年生まれた牝馬セキセイエリザベス65について白樺さんが、年頭にイベントもあったセキセイスペシャルの最後の大物と評価。


ウイニングポストは晩成ながらプリンシバルSを勝って、ダービーに出ることに。すると今年も例の二人が登場。


勝ったのは皐月賞馬セキセイアイル(セキセイチャーリー×セキセイミモザ)でした。ウイニングポストも大健闘の3着。


そして家系図ではもう引退扱いのアリス。もうすぐ終わりだなあ、としみじみ思います。


当面の目標は全重賞制覇と欧州3冠です。
二代目のお気に入りセキセイイエローも晩成ですが、7月のラジオNIKKEI賞で重賞初制覇。


マイル戦は、これからは古馬相手になるので厳しい戦いになりそうです。無理に出す必要もないかもしれません。

秋にはセキセイエリザベス64(父キャプテンゾーン)が柵越え。そして4歳牝馬のセキセイピナクル(セキセイラック×サマンサジョオー)がサマースプリント優勝。
また久々に西村里咲が登場。セキセイメッセージ64(父セキセイビリーヴ)を褒めていきました。


ウイニングポストはまだ本格化は先ですが、それでもセントライト記念を制覇。しかし菊花賞は長いし、古馬との戦いもまだ早いので、今年はお休みすることに。
菊花賞ではセキセイアイルが3冠達成。するとレース後に蒼が登場。


11月には期待馬マーマレードキッスもデビュー。すると織月さん登場。


去年の年度代表馬セキセイサウンドは、今年は掲示板がやっととパッとせず、海外初挑戦の凱旋門賞も10着と精彩を欠いていましたが、JC~有馬記念と連勝。いまいち強さのつかみきれない馬です。

今年の成績は132勝(GⅠ40、重賞101)の82億9296万で1位。牧場は99勝(GⅠ17、重賞44)の51億7595万で1位。
騎手は…

【Winning Post 8 2015】2064年

イメージ
ボタンファームの牧場長を白樺明さんに交代。篠原さんはようやく日本に帰ってきました。
そして響の子の夏希が画面初登場。……なんか怖い人になりそうな顔だ。また健は今年小学校に入学。


米国ではセキセイシンボル(セキセイサイクロン×ビューティーデジャヴー)が米国3冠に挑みましたが、最終戦で惜しくも2着。一方欧州では、セキセイプリティ(セキセイボックス×セキセイミモザ)が無敗でヨーロッパ牝馬マイル3冠を達成しました。

そして7月1週、米国のベルモントオークスをセキセイエレガンス(セキセイオー×セキセイシルエット)が勝って、これで海外のGⅠレースを全制覇。年表にひっそりと載っていました。


最後まで残ったのはベルモントオークスでした。勝てなかったというよりも見落としていた感じです。時期的にはオークスを勝った馬を遠征させてもよさそうでしたが、なぜか今までノーマークでした。

夏はくるみの子の大斗がパズルを解いたり、サマー2000でセキセイアンデス(セキセイラガー×セキセイシルエット)が、サマースプリントでセキセイサイレン(アウトオブタウン×セキセイブリッジ)が優勝。そしてセキセイマーチ63が柵越え。

セキセイリオン62ことセキセイイエローが遂に入厩を迎えました。


残念ながらマイラーのようですが……
そして裕次郎の七五三で、彼は調教師志望。孫世代は最大9人になるので、この手のイベントはもう食傷気味です。

去年の年度代表馬のセキセイブライトは、夏から海外遠征させるも未勝利でそのまま引退することになりました。そのため国内は混戦模様に。そこから抜け出したのは、セキセイサウンド(セキセイラガー×セキセイソニア)でした。


能力は他の馬よりも少し劣ると思っていたのですが、なんと秋古馬3冠を達成。蒼も腕を上げたな……

今年は127勝(GⅠ36、重賞96)の88億6474万で1位。牧場も89勝(GⅠ18、重賞43)の50億1159万で1位。
騎手は、響が3位(151勝)で最多賞金。くるみが5位(121勝)、蒼が10位(83勝)でした。


年度代表馬は、日本がセキセイサウンド。米国が2冠+トラヴァースSのセキセイシンボル。欧州が秋にもクイーンエリザベスⅡSなどを勝ったセキセイプリティでした。

殿堂馬はそのセキセイプリティが「不敗神話」。


「ワールドツーリスト」がセキセイジーン


2年連続最優秀4歳以上牝…

【Winning Post 8 2015】2063年

イメージ
暮れの東京大賞典を制した響に、蒼の長男の健が会いに行きました。


左が成長すると右になります。(笑)
そして今年もくるみは出産のために休業することに。

4月。ワカクサファームのセキセイチーフ63で暁イベントが発生。そして裕次郎が入園式。孫世代は正直、誰が誰だかよく分からなくなります。彼は響の3番目の子供です。

天皇賞(春)を2冠馬セキセイブライトが勝利し、響はこれで所有馬による8大競争制覇を達成。


そしてダービーを前に鳳と白嶺のバトル再び――


レースに勝ったのはオオトリボイス(セキセイノート×サクラウェー)でした。今度ばかりは上機嫌の鳳。


フランスでは3歳牝馬セキセイポーラ(サラトガミサイル×サントップゴールド)がフランス1000ギニー~フランスオークスを連勝し、去年から無傷のGⅠ4連勝で秋のヴェルメイユ賞に挑むことに。


大逃げの割にはそれほど逃げません。

8月。蒼の子の知可子が歩きはじめたり、二代目がセキセイリオン62に語りかけたりしています。


「そこそこ」なんて言葉を使う幼児はなんか嫌です。(笑)
9月にダイナマイトトレジャー62(父セキセイバッグ)が柵越え。そしてセキセイリオン62の育成も開始されました。


その後はセキセイハッスル(セキセイラガー×ミルフォードストリート)がサマーマイルに優勝。そしてヴェルメイユ賞でしたが、セキセイポーラはまさかの13着。展開の綾なのか、距離が長かったのか、敗因は不明です。その後はオペラ賞に優勝。

翌月にくるみに子供が生まれました。名前は天馬。読みはもちろん「ぺがさす」……ではなく「てんま」です。

セキセイブライトは天皇賞(秋)は敗れるも、グランプリ2勝にジャパンカップと、大きいところを勝って年度代表馬に選ばれました。


今年はあまり勝てませんでした。成績は131勝(GⅠ37、重賞92)の84億7413万円で1位。牧場は91勝(GⅠ19、重賞42)の45億4743万で1位。
子供たちは響が3位(147勝)で最多賞金。お休みのくるみが88位(8勝)、蒼が6位(107勝)でした。

殿堂馬はダートのGⅠ11勝のセキセイファング、ダートの短距離馬セキセイタイクーン


米国の2冠馬セキセイゴージャス


牝系ではセキセイマドンナが主流牝系に。これもやはり30年くらいです。
そしてボタンファームのクワイエットキャンディ62が、ラストステージの最高…