【Winning Post 8 2015】2063年

暮れの東京大賞典を制した響に、蒼の長男の健が会いに行きました。


左が成長すると右になります。(笑)
そして今年もくるみは出産のために休業することに。

4月。ワカクサファームのセキセイチーフ63で暁イベントが発生。そして裕次郎が入園式。孫世代は正直、誰が誰だかよく分からなくなります。彼は響の3番目の子供です。

天皇賞(春)を2冠馬セキセイブライトが勝利し、響はこれで所有馬による8大競争制覇を達成。


そしてダービーを前に鳳と白嶺のバトル再び――


レースに勝ったのはオオトリボイス(セキセイノート×サクラウェー)でした。今度ばかりは上機嫌の鳳。


フランスでは3歳牝馬セキセイポーラ(サラトガミサイル×サントップゴールド)がフランス1000ギニー~フランスオークスを連勝し、去年から無傷のGⅠ4連勝で秋のヴェルメイユ賞に挑むことに。


大逃げの割にはそれほど逃げません。

8月。蒼の子の知可子が歩きはじめたり、二代目がセキセイリオン62に語りかけたりしています。


「そこそこ」なんて言葉を使う幼児はなんか嫌です。(笑)
9月にダイナマイトトレジャー62(父セキセイバッグ)が柵越え。そしてセキセイリオン62の育成も開始されました。


その後はセキセイハッスル(セキセイラガー×ミルフォードストリート)がサマーマイルに優勝。そしてヴェルメイユ賞でしたが、セキセイポーラはまさかの13着。展開の綾なのか、距離が長かったのか、敗因は不明です。その後はオペラ賞に優勝。

翌月にくるみに子供が生まれました。名前は天馬。読みはもちろん「ぺがさす」……ではなく「てんま」です。

セキセイブライトは天皇賞(秋)は敗れるも、グランプリ2勝にジャパンカップと、大きいところを勝って年度代表馬に選ばれました。


今年はあまり勝てませんでした。成績は131勝(GⅠ37、重賞92)の84億7413万円で1位。牧場は91勝(GⅠ19、重賞42)の45億4743万で1位。
子供たちは響が3位(147勝)で最多賞金。お休みのくるみが88位(8勝)、蒼が6位(107勝)でした。

殿堂馬はダートのGⅠ11勝のセキセイファング、ダートの短距離馬セキセイタイクーン


米国の2冠馬セキセイゴージャス


牝系ではセキセイマドンナが主流牝系に。これもやはり30年くらいです。
そしてボタンファームのクワイエットキャンディ62が、ラストステージの最高傑作(?)としてウイニングポストの名を名乗ることになりました。


最後に知人に引退者が二人。結城江奈が結城志奈に、シシィリッチがシリルリッチになりました。


『Winning Post 8 2015』 (C) 2014-2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

コメント

読まれている記事