投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2075年

イメージ
ドバイワールドカップをセキセイカイウンが5連覇。今年は別でしたが、それまでは他に本命馬がいたりしてあまり期待されていない中での快挙達成でした。


ヘヴンリーキスは、春は芝のマイル路線に進み、アジア・マイル・チャレンジを完全制覇。その後はムーランドロンシャン賞7馬身差で圧勝するなど今年は無敗でした。


My牝系のマーマレードキッス系のロザリータは、芝ダート問わないのでいろいろ選択肢はありましたが、母と同じく国内のクラシックに進みました。桜花賞を勝って「母仔クラシック制覇」を達成すると、その後も順調に勝ち星を重ね牝馬3冠を達成。今度は「母仔牝馬3冠制覇」となりました。


仔馬イベントでは、セキセイマンゲツ74(父セキセイパイク)で同世代のリーダーイベント。セキセイミモザ74(父セキセイアイス)で勇敢な馬イベント。更には去年の暁の馬のマーマレードキッス74では虹イベントと柵越えイベント。

姉のロザリータはその後、3歳ながらジャパンカップと有馬記念にも勝利。年度代表馬にも選ばれました。また米国の年度代表馬にはBCクラシックを勝ったセキセイカイウンが選ばれました。


今年の成績は、156勝(GⅠ57、重賞126)の117億3565万で1位。牧場は100勝(GⅠ21、重賞46)の62億4749万で1位。
騎手の子供たちは響が2位(169勝)、くるみが1位(183勝)で騎手大賞も獲得、蒼が4位(147勝)。

また来年から蒼の子の健が一般の道に進み、その弟の貴史が騎手の道を目指すことになりました。

殿堂馬は、ステイヤーのセキセイアヘッド、米国のセキセイトラック


ケンタッキーダービー勝ちのセキセイカフェ、ドバイ5連覇のセキセイカイウン


米国のセキセイイーグルセキセイチャイム


欧州のマイラー・セキセイクリフ


最後に欧州で流行っていた親系統ストームキャット系のシーソーゲームが子系統確立。アトミックハートから3世代連続での子系統確立となりました。


ちなみに上二つの世代はSP系でしたが、今回は特性は付いていませんでした。
米国では同系の種牡馬がいなかったので、後々のサヨナラ配合を意識して、欧州から米国へ移動させることにしました。

『Winning Post 8 2015』 (C) 2014-2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

【Winning Post 8 2015】2074年

イメージ
今年から牧場のスタッフになった夏希。能力は血統がAで他はB、得意施設はサロン。サロンは序盤はまだしも、この段階まで来るとハズレっぽい気もします。それはそうと、なんかヤ○キーっぽいです。


もう一人二人スタッフが増えたら、一度も建てたことのない従業員宿舎でも建ててみようかと思います。

3月。クロスロード73(父エアフォーチュン)で同世代のリーダーイベント発生。ドバイワールドカップでは米国のセキセイカイウンが4連覇達成。ドバイに来るとやけに強いです。

4月。マーマレードキッス74(父ギャラントディガー)で暁の馬イベント発生。初めての牡馬です。印は秘書と美香が◎、河童木と長峰が○。響も噂を聞きつけこの仔を見に牧場に足を運びました。


マイラーのヘヴンリーキスは桜花賞勝利後に欧州へ遠征し、ヨーロッパ牝馬マイル3冠を達成。最後は7馬身差の完勝でした。3歳牡馬では欧州のセキセイロック(セキセイチャレンジ×セキセイムード)が英ダービーに続き、KGⅥ&QESも勝利、今度こそ欧州3冠を……

去年引退したはずのアリスは花見やら夏祭りやら普通に登場しています。全然かまいませんけどね!


マーマレードキッス系期待の牝馬ロザリータは順調に勝ち上がり重賞を制覇。母仔3代重賞制覇となりました。


秋にはセキセイエンゼル73(父セキセイラッシュ)が柵越え。そして凱旋門賞ではセキセイロックがようやく欧州3冠を達成しました。2着はセキセイダディ。また所有馬で邪魔をするところでした。(笑)


ちなみにこの馬はデュプレ系でした。もちろん初達成。


ロザリータはBCJFで海外初挑戦するも2着。しかし阪神JFを勝って、同系GⅠ初勝利、そして今度は母仔3代GⅠ制覇を達成しました。


今年の成績は164勝(GⅠ74、重賞125)の125億7828万で1位。牧場は95勝(GⅠ24、重賞42)の59億1571万で1位。

騎手は響が4位(134勝)で、くるみが2位(180勝)、蒼が3位(166勝)で最多賞金。この3人の黒丸はうまいことばらけているのですが、種付けの配合に疾風配合が多いために、所有馬に逃げ・先行が多く、差追の響に比べて、くるみ(先差)や蒼(逃先)に乗せる馬が、最近多くなっている気がします。

そして響の子の裕次郎が父と同じ道に進み、騎手を目指すことになりました。

年度代表馬は、日本がセキセイターゲット(セキセイスロットル×…

【Winning Post 8 2015】2073年

イメージ
牧場デビューの健はまずまず能力でした。まずは得意施設の花壇に配置しました。


それにしてもスタッフ配置のUIはひどいです。配置には牧場を移動しなければならないのもそうですが、誰がどの牧場の、どの施設に配置されているかが、これでは把握できません。一目でぱっとわかるようにしてほしかった。

去年一等星イベントのマーマレードキッス72で同世代のリーダーイベントが発生。
そしてドバイワールドカップではセキセイカイウンが3連覇達成。セキセイターゲット(セキセイスロットル×サントップターゲット)が久々にアジア・マイル・チャレンジに挑戦し3勝するなどするうちに、期待の2歳馬ヘヴンリーキスがデビューを迎えました。
デビュー戦は6馬身差の完勝で、レース後に織月さんが褒めたり、コースポでは新馬戦評価で満点を獲得するなど、期待を裏切らない結果に。


ちなみにもう一頭の満点の馬はセキセイファームの生産馬でした。買い手はやっぱりエトワール。

欧州ではセキセイハーバー(カツミサンライズ×セキセイポーラ)が無敗で欧州牡馬マイル3冠を達成。前述のバイオエトワールの半兄に当たります。


シャンペンSを2つ勝っているのは特に意味はありません。(笑)

またイギリスダービーを勝ったセキセイクロノス(キラーデザート×セキセイステラ)がKGⅥ&QESに挑戦するも、惜しくもクビ差の2着。なかなか欧州3冠が取れません。凱旋門賞も2着でした。

9月。マーマレードキッス72が今度は柵越え。
くるみが主戦になったヘヴンリーキスは順調に勝ち、BCジュヴェナイルフィリーズを制覇。くるみはBCクラシックもセキセイピレネーで勝利しました。また蒼はセキセイローズでBCターフを制覇。

そして冬になるとアリス登場。


これでアリスは見納め? その訳は年末にアリアリードが登場したのでした。


ウィル氏の孫娘かな? また朱鷺坂葵も今年で代替わり。二代目アオチューの名前は朱鷺坂愛。ってもうアオチューじゃなくなってるし……

今年の孫たちの育成結果が出ました。


響の子の夏希の優秀ぶりが抜けていますが、直後に牧場で働きたいと言い出しました。少しもったいない気も。進路についてさしで話し合いたい気もします。説得アイテムみたいなのはないんですかね……

今年の成績は136勝(GⅠ74、重賞108)の115億1665万円で1位。牧場は75勝(GⅠ23、重賞30)の…