投稿

2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】2035年

イメージ
今年、4月2週の米国のマディソンSをセキセイストーリーが勝って海外のGⅠをすべて勝ったことになりました。


いちおう年表には書かれていたものの、ノエルに褒められたかった定期。
それでもって重賞一覧を眺めていたんですが、格でソートするとおかしなことに。


ラスヴァージネスS(GⅡ)がGⅠに交じって表示されています。かつてGⅠだったこともあったので、番組表の変更に対応した際に、ソート用のデータは直し忘れたようです。このレース以外にも格が変わったレースの並びはおかしくなっていました。

1月に戻りますが、久しぶりに鳳と2歳馬で勝負することに。こちらの代表は去年の柵越え馬のセキセイアフリート(セキセイシンザン×セキセイトーン)。

3月に牝馬のセキセイネーション34(父セキセイミズーリ)で同世代のリーダーイベント。確か種付け時に評価Sで爆発力も高かった馬だったと思います。
印は牧場長・美香がイチ押し、河童木・長峰が◎、秘書が○となかなかです。なんと特性も先天的に2つも持っています。「根幹距離」と「大駆け」……っていらねえ。

名鑑を使ったので尾花栗毛で生まれてくる今年の仔馬は、アドマイヤロンリー35(父キズナ)で一等星イベント。またカマッテチャン35(父キズナ)は長峰以外が◎と、こちらもなかなか。

コマッタチャンはいつものペガサスワールドカップやドバイワールドカップを勝ちましたが、5月5週のメトロポリタンHでついに初黒星。


馬主がキクラーゲSって。木耳に負けた……

今年は世界頂上決戦の欧州ラウンドでした。
初戦のケンタッキーダービーをセキセイパス(バルチック×マウントセナ)が、次戦のフランスダービーをフランス2000ギニーを勝ったセキセイサタデー(オルフェーヴル×マーヴェラス)が勝利。セキセイサタデーはパリ大賞典も勝ってフランス3冠を達成。


短距離戦の8月3週のモーリスドギース賞は、今年欧州牝馬マイル3冠を達成したアオチューチャン系のセキセイパレス(オオトリアップ×デイグルーヴ)が勝利。2歳戦のモルニ賞も鳳との対決中のセキセイアフリートが勝利しました。


9月、カマッテチャン34(父キズナ)が柵越え。現役兄弟が凄い豪華です。


やや見劣りのするセキセイファイト(オールストロング×カマッテチャン)は神戸新聞杯を勝ってカマッテチャン系の100勝目。

9月2週の2歳戦メイヒルS(GⅡ)を勝った…

【Winning Post 8 2017】2034年

イメージ
欧州ボタンファームの牧場長の交代時期でしたが、牧野双葉ちゃんのままに。ですが衣装を元に戻しました。双葉ちゃんの水着はこれで見納め。


ですよねー。

今年はノエルとの結婚を訊かれませんでした。どうやら二度見送ると訊かれなくなるようです。転生するまでオート進行で飛ばしたら、転生した翌年には再び訊かれるようになりましたので一安心。ちなみに今72歳です。

ペガサスワールドカップでコマッタチャン1着を始め、上位3着まで独占し、一レースで約13億円を荒稼ぎしました。登録料が全部で3億円だから、10億円の黒字ということになります。


こうして改めて見てみると、4着までに入らないと登録料の元は取れないのか。ゲームなら別に気にしませんが、現実でこれだとさすがに躊躇する陣営も多そうですね。
さらにドバイワールドカップも同じ顔ぶれでワンツーフィニッシュ。

金のお守りも90枚を超えてきたので、お守りボーナスの「調教師と知り合う」「騎手と知り合う」を実行してみることにしました。しかし調教師は既に全員と知り合いだったので、騎手の方だけが実行できました。


知り合うのは女性騎手の中で、実は一度も騎乗依頼をしていなかった鶴野亮子騎手にしました。……もう育てるには遅すぎるかな。
ちなみに友好度は5しか上がりませんでした。


調教師は知り合いでなければ馬を預けられませんが、騎手の方は友好度が0から5になったところで意味があるんでしょうか。

夏にアメリカ遠征したコマッタチャンの妹のセキセイカール(タイキウルフ×カマッテチャン)がトリプルティアラを達成。


1歳馬のイベントは、セキセイビーナス33(父ランドケーポイント)で同世代のリーダーイベント、そしてセキセイトーン33(父セキセイシンザン)が柵越え。

ライトニングサンは去年のエリザベス女王杯4着から、夏までずっと放牧していて、すっかり在庫ニングさんと化していましたが、サマー2000に優勝しました。


しかしその後のGⅠでは好走はするものの、なかなか栄冠を掴むことはできませんでした。

コマッタチャンはBCクラシックを3連覇。妹のセキセイカールはBCディスタフを勝利。さらにその間のセキセイストーリーもBCフィリー&メアスプリント優勝と、三姉妹が躍動。“長女”のセキセイマジックはブリーダーズカップには行きませんでしたが、今年だけでも米国GⅠを3勝。

チャンピオンズカップで…

【Winning Post 8 2017】2033年

イメージ
今年もノエルに結婚を申し込むかどうかのメッセージが表示されました。


ということで早速プレゼントを――


去年カマッテチャン系初の年度代表馬に選ばれたコマッタチャンは、母同様にペガサスワールドカップやドバイワールドカップを勝利。

3月、アオチューチャン系のセキセイガール32(父ランドケーポイント)で同世代のリーダーイベント(と穂高さんの水着)。


さらに同系のセキセイライン33(父セキセイクリスタル)誕生時には流星イベントが発生しました。

欧州に遠征していた木戸飛鳥騎手は帰国の挨拶に来ました。向こうでいっぱい乗せたので、友好度が上がったためでしょうか。


これはバグじゃなさそうですね。(笑)
ところで欧州遠征って、冬はまるまる無駄になるような気がするんですが。

今年の種付けでは久しぶりに評価Sの爆発力40超えがありました。いつもは(真)疾風配合は避けていますが、今回は例外。


さらにはサヨナラ配合成立中のキズナでも、結構な数値が出ました。


種牡馬因子が計10個。こういうのを見ると、みんなが躍起になって系統を確立させているのも、分かる気がします。

雷嵐配合だったライトニングサンは3月にようやくデビュー。なんとかオークスに出走するも3着でした。
同じアオチューチャン系のセキセイウッド(セキセイカット×セキセイライン)は日本ダービーを制覇。

秋に織月和佳奈さんが評価額最高のオヒアレフア32(父オルフェーヴル)を倍の値段で買いにきました。


いいのか……これ、絶対元とれないだろ……。CPUには財政状況のパラメーターはないにしても、半額で売ってあげたいくらいです。

ライトニングサンはトライアル3着で出走権を得た秋華賞で、9番人気の低評価を覆す勝利を挙げました。


でも「大駆け」はいらないです……

今年もローテのやりくりが大変でしたが、その甲斐もあって香港の一日制覇を達成。


今年でいっぱい引退させるので、来年は少し楽になると思います。少しずつ編成を海外の全重賞制覇用にシフトしています。

森下昌恵騎手はようやく全部◎になりました。育てる騎手=女性騎手がいっぱいいるので、なかなか集中して馬を回せず、時間が掛かってしまいました。


特性は左下の方のやつが付きやすい気がします。
次は西村星香騎手と森下和騎手の海外を優先させます。


一時期レーティング146を記録したセキセイアトラスが凱旋門賞やBCターフ…