投稿

2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】2025年

イメージ
My牝系初の3冠牝馬であるセキセイプリンセスの初仔(父セキセイテイオー)が生まれる折に春雷イベントが発生。


イベント発生条件に国内牧場以外に勝ち鞍が牝馬3冠(牝馬GⅠ完全制覇)の繁殖牝馬がいないことが含まれているので、同条件を満たしている一つ上の世代のセキセイリリックを敢えて海外に移動させていました。やはりイベントを起こすのならば、My牝系の馬で行きたかったですし。

そして6月にはどこかで聞いたようなエピソードが日高さんの口から語られました。


今年はオヒアレフアの仔のセキセイスポット(父シーザスターズ)がアジア・マイル・チャレンジを3勝。最後の安田記念で同馬の完全制覇を阻止したのは、去年に続きカマッテチャンの全弟のセキセイナインでした。すっかり困ったちゃんになっています。(笑)

カマッテチャンはペガサスワールドカップやドバイワールドカップを4連覇などで、いまだ無敗を継続。秋にはBCクラシックを勝って、ついに総賞金がカンストしました。


セキセイナインは安田千六の応援を背に受け、マイルCSで芝短距離GⅠ完全制覇に臨みました。


達成しても勝ち鞍は「春秋マイル制覇」「春秋スプリント制覇」の合わせ技で、「芝短距離GⅠ完全制覇」とはなりませんでした。距離上限が伸びたので、来年はこの馬でアジア・マイル・チャレンジへ挑戦してもいいかもしれません。

今年は世界頂上決戦の年でした。
初戦のケンタッキーダービーは、去年BCジュヴェナイルを勝利した米国のセキセイロッキー(ノンコノユメ×メイビー)が優勝。ノンコノユメの産駒がケンタッキーダービーを勝つとは……夢は叶いましたか?


現実にはせん馬になったノンコノユメですが、現役時にはクラブの馬だったので難?を逃れました。

その後はプリンスオブウェールズS~サセックスSとローテーションにも恵まれ、欧州のセキセイシーが連勝し、順調なスタートを切ったかに見えましたが、2歳戦が牝馬限定のモイグレアスタッドSで、唯一の2歳で芝適性の牝馬だった米国のセキセイピース(セキセイオール×セキセイミラー)のデビューが1週だけ間に合わなかったために遠征できず、またライバルたちも出場なしという結果に。


セキセイピースはその後BCJフィリーズターフを勝っただけに、間に合っていたら勝機もあったと思うのですが、残念な結果になってしまいました。
結局今回は5勝を挙げ優勝しましたが、…

【Winning Post 8 2017】2024年

イメージ
水着ノエルと海外旅行。その訳は――


5月2週のイギリス2000ギニーで欧州の3歳牡馬セキセイシー(グレンイーグルス×エゾテリック)が勝利し、ようやく海外主要GⅠ全制覇を達成。
祝賀パーティーで多くの人に祝福された後、戦ぱ……スタッフロールも流れて恒例の慰安旅行へ向かったのでした。


なんでこんな変則的な書き方をしたかというと、ちょっと前からブログのテーマをContempoという今風のやつに変更したんですが、記事一覧の左に出るサムネイルが1枚目の画像なんですよね。だから普通に1月から書いていくと、水着ノエルじゃなくて、祝永とかになっちゃう。(笑)

おまけで秘書チャレンジの「海外主要GⅠ全制覇」のアナウンスも。


さて1月に戻りまして、昨年末にセキセイプリンセスが「芦毛の女王」として殿堂入りしたので、アオチューチャン系の「殿堂馬(称号あり)」の偉業を達成。また3歳馬のセキセイアイズがスプリングSを勝って、同系の所有馬の重賞100勝目。ともに祝永が来たけれど画像は割愛です。(笑)

今年は欧州のボタンファームでメリーゴーランドが完成。


ヨーロッパなだけあって、3つの中で一番オーソドックスなものでした。
下の方で小さく天城さんが言っていますが、今年、秘書チャレンジ「同一年欧州牡牝マイル3冠」を達成しました。牡馬は前述のセキセイシー、牝馬はセキセイミリオン(ロードシャナキル×ビーミネルバ)です。


他の馬たちはというと、カマッテチャンはペガサスワールドカップ~ドバイワールドカップまでを3連覇。
欧州のセキセイスバルはアジア・マイル・チャレンジ3勝。最後の安田記念は、カマッテチャンの全弟で短距離エースのセキセイナイン(シルバーチャーム×カレンチャン)に敗れてしまいました。

スーパーホースのテイクオフタイコンデロガエグゼキューションをフル稼働して海外遠征していた森下昌恵騎手は、夏に特性「海外遠征」を獲得。


ほとんどGⅡやGⅢだったので通算GⅠはいまだ3勝です。なんとなくスーパーホースを殿堂入りさせたくなかったのでGⅠを避けていましたが、GⅠの方が得られる経験値が多いとかはあるんでしょうか。同時に「大レース」の経験値を得られるというメリットはありますが。

秋になって欧州のワイドリコール32(父オールストロング)が柵越え。そしてメイビー23(父セキセイサート)で勇敢な馬イベントが発生。

【Winning Post 8 2017】2023年

イメージ
1月1週にUMA代表の天本さんがやってきました。はいはいクラブ日本一の報告、報告……って3冠かよ! それ、もう聞いたから。どうやら3冠馬がGⅠを勝つと起きるようで、その後何度も聞かされる羽目に。


My牝系のアオチューチャン系の3歳牡馬セキセイゼットが弥生賞を勝ち、同系の所有馬による100勝目を挙げると、勢いそのままに皐月賞~日本ダービーを連勝しました。


また同系の去年の3冠牝馬のセキセイプリンセスはヴィクトリアマイルを勝って、勝ち鞍が牝馬GⅠ完全制覇になりました。

米国では3歳のセキセイデュライン(グラスワンダー×セキセイミラー)が初の米国3冠を達成。


同時に「自家生産の米国3冠馬」の秘書チャレンジも達成しました。


その最大のライバルとなるであろうカマッテチャンは5歳になっても無敗を継続中。ペガサスワールドカップやドバイワールドカップを勝利し、国際レーティングは依然として145~146を維持。さらには歴代名馬100選ランキングのポイントもカンストしてベスト10入りを果たしましたが――


「フランスの3冠」だと……アメリカはフランスだった……!?
それはともかく米国牧場でメリーゴーランドを建設しました。


ちょっと西部劇のテイストが入っているようにも感じます。その割には周りの風景に緑が多すぎる気もしますが。西部劇というとやっぱり砂塵舞うってイメージなんですよね。

9月、オヒアレフア22(父キズナ)が柵越え。秘書・河童木・美香の3人がイチ押しです。

セキセイゼットは菊花賞は距離が長かったのか敗れ、3冠はなりませんでしたが、ジャパンカップに勝利。
他のアオチューチャン系の馬は、セキセイアズサは天皇賞(春)連覇を含む、長距離GⅠ3勝。セキセイプリンセスは夏に米国GⅠを勝って引退。
そして2歳馬のセキセイアイズ(アンテロ×セキセイガール)が朝日杯FSを、セキセイコーラル(スペシャルナイト×セキセイフローラ)が阪神JFを勝って、GⅠ馬が新たに2頭誕生しました。


この下にはセキセイアズサが続いています。

カマッテチャンは衰えが見えると言われつつもBCクラシックなども勝利し、日本の年度代表馬に選ばれましたが、国際レーティングは142~144を行ったり来たりとやや低下。米国3冠馬で年度代表馬にもなったセキセイデュラインはBCダートマイルを走らせたこともあって、他にはライバルもいないので出走…

【THE ATLAS】イヴラークの骨

イメージ
ちまちまとプレイしていて、先日やっとイヴラークの骨を見つけました。といっても『1469』でもなければ『Neo』でもありません。『THE ATLAS レジェンドパック』の『THE ATLAS』の話です。


あまり需要はないと思いますが、検索してもまとまった情報が出てこなかったので、まとめておこうと思います。

まずはイヴラークの骨のありかが書かれているという5枚の石板を集めなければなりませんが、これは完全に運任せです。セーブ&ロードをして粘ってみてもいいかもしれません。
やり方を書いておきます。セーブを2か所使います。
船団を探検航海に出したらセーブ船団の片道航海日数を過ぎたらセーブ厳密にではなくて、だいたいの日数で構いません。それから船団の報告を待ちます。

陸地が見つからなかったり地形が気に入らなかった場合は、1のセーブデータをロードします。ロード後には、2の時期でセーブしておくのを忘れないでください。
陸地が見つかっていたのにロードしたら何も見つからなかった、となることもありますし、発見物があった場合も変わりますので、気を付けてください。

地形は気に入っても都市や発見物が気に入らなかったら、2のセーブデータをロードします。そうすると地形はそのままで都市や発見物が(位置も含めて)変わります。
ロードしたら宝物が動物等に変わっていたなんてことはしょっちゅうですので、ロードする前にはさらに別の場所にセーブしておいてもいいかもしれません。


さて、見つける石板は以下の5つ、【手に取って見る】というコマンドが表示されるものです。
不思議な石板ソドムの石板古代の石板ネプチューンの石精霊の石宝物ではない普通の発見物にも石板っぽいアイコンの物があるので、ぬか喜びはしないようにしましょう。まあ、私のことですが。(笑)

ここからネタバレになります。(などと言いつつも、冒頭に骨の画像を載せましたが……)

石板が全て集まったら、ようやくそこに書かれていることが解読できるようになります。


なんかカタカナの固有名詞がいっぱいで小難しそうなことが書いてありますが、ここで重要なのは後半の「南方の四つ星の交わりたるところ」という一節です。「星」とは都市を意味します。

世界のどこかに4つの都市が出現していますので、これを探すことになります。目当ての都市は、情報を見るとなにやら意味ありげなことが書かれています…