投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2084年

イメージ
欧州牧場の牧場長を能力MAXで現在フリーの牧野若葉ちゃんにしようとしたら、姓が変わっていました。


若葉ちゃんに手を出したけしからんやつは誰だ、と家系図を見ると、犯人は従弟で騎手の大斗でした。大斗は干すことに決定しました。(嘘)
その後セキセイエクセルの引退イベントを経て、エル(エマ)から重大な報告が。


2月2週、1600万下の北山Sを晩成馬のセキセイヨーク(マイネルトレジャー×マイスイートハート)が勝ち、知可子は所有する自家生産馬で通算100勝目。


そしてこれで一族の「偉業」達成率が50%に達しました。
騎手部門は響が全達成。牧場部門は知可子が目下挑戦中ですが、調教師はまだ一人もいません。ちょっと前に進路を変えるアイテムが欲しいというようなことを書きましたが、『2017』だと進路を変えられるようになるらしいですね(あと整形?も)。やっぱり買うだろうなあ。……べ、別にノエルが(略)


それはともかく、なぜか有馬楓子(桜子)とともに海外旅行へ行くことに。以前(2053年)のようにやはり一人同伴者を選ぶことになりましたが、やはりここは愛妻のエルを選びました。


ホワイトヘブンビーチ、いい眺めですねえ……

仔馬のイベントは、牝馬セキセイワーク83(父ストリートタフネス)で同世代のリーダーイベント。そして4月、親戚の祐子がマーマレードキッス84(父ストリートタフネス)の出産に立ち会いました。久しぶりにMy牝系に牝馬が生まれて一安心。そして――


パツキンキター!
冷静になってみると、この娘は健(蒼×篠原宏美)と二代目西村里咲こと里絵の娘です。いわゆるハーフでもクオーターでもありません。


予想外のところから出てきました。まあ、いちおうアリスの血を引いているので八分の一、これが隔世遺伝か。
それにしても賢吾、またその顔か……

競走馬では、セキセイディガーがアジア・マイル・チャレンジの完全制覇に挑みましたが、最終戦で同い年のセキセイチケット(マルゼンパッション×マイネエアー)に阻まれ2着。うすうすこの結果になると思っていたので、ローテを変えればよかったかもと、少し後悔。セキセイチケットは、のちに、マイルCSも1.30.2の久々の日本レコード更新で優勝しました。

9月、セキセイワーク83が今度は柵越え。サマー2000では、去年GⅡ2勝の5歳牡馬のセキセイダーク(セキセイラッシュ×セキセイ…

【Winning Post 8 2015】2083年

イメージ
昨年セキセイファームが知可子牧場長の新体制の下、最優秀生産者になりましたが、一族初のことでした。


今年もずば抜けた馬がいないために、主に国内で各馬のローテのやりくりに四苦八苦していました。となると地方(と海外)の二頭出しをしたくなります。買うのを見送った『2016』ではできるらしいので、次の『2017』は(発売半年後くらいに)買うと思います。べ、別にノエルが出るからじゃないですよっ!

上半期は特筆すべきこともなく普通に競馬ゲームをしている感じでした。クラシックでは牡馬がセキセイディガー(シーソーゲーム×セキセイチャーム)、牝馬が柵越え馬のセキセイコメット(セキセイメモリー×セキセイピレネー)がそれぞれ2冠達成。

サマー2000ではセキセイサミット(セキセイラッシュ×マイネエアー)、サマースプリントではセキセイバトル(オープニングアラート×セキセイアサヒ)が優勝。大斗、貴史がそれぞれ主戦を務めており、この二人も着実に力を付けている様子。

そして秋の風物詩の柵越えはトーセンオードリー82(父タップダンスドミニオン)。翌月には弟の裕次郎に第二子が誕生。今度も男の子でした。


名前は太雅。パッと見、読めませんでした。(笑)ふ、ふと……たいが?

またマーマレードキッス系のセキセイエンジェル(父マルゼンパッション)はひたすら地方・ローカル重賞を巡っていましたが、9月4週のレディスプレリュードで同系の所有馬100勝を達成。


3冠の懸かったセキセイコメットは秋華賞も危なげなく勝つとエリザベス女王杯も勝って4冠目。


一方牡馬のセキセイディガーは3000mは長いので豪州のコックスプレートに挑戦し、海外初勝利。主役不在の菊花賞を勝ったのは、マーマレードキッス系のセキセイセントラル(父マイネルユタカオー)でした。
有馬記念はセキセイコメットセキセイセントラルのワンツーを始めとして4着まで独占。


今年の成績は161勝(GⅠ57、重賞119)の107億4万円で1位。牧場は85勝(GⅠ12、重賞37)の40億4984万で3位。1位はワカクサF(61億2761万)でした。

騎手はくるみが騎手大賞を受賞。蒼は3位。そして裕次郎、貴史、大斗もそれぞれ10位、13位、14位と全員トップテン入りも近いかも。

年度代表馬は日本がセキセイコメット、米国がBCクラシック、アーリントンミリオンの他チャンピオンズ…