投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2091年

イメージ
昨年の無敗の3冠牝馬セキセイタテヤマはエリザベス女王杯以来のレースとなった京都記念で久々に牡馬と対決も5着で、あんまり嬉しくない例の記録ストップのイベントが発生。


一方、これまで全く触れてはいませんでしたが、実はもう一頭の無敗馬であった4歳牝馬でダートの短距離馬のセキセイママ(シェーンジョーヴ×セキセイグルーヴ)。昨年はBCフィリー&メアスプリントを含む米国GⅠ5連勝などがありましたが、今年に入ってもフェブラリーSやドバイゴールデンシャヒーンなどを勝利。ダートの短距離界では目下敵なし。距離適性は1000m~1900mと、2000mまで持たないのが返す返すも残念でなりません。

昨年生まれた流星馬のセキセイトレイル90で同世代のリーダーイベントが発生。そして4月には牝馬のセキセイプレンティ91(父セキセイベイリー)で暁の馬イベントが発生しました。


大駆けイラネ。

鳳の馬と対決中のセキセイポイントは桜花賞を勝利も続くオークスは3着。1着は貴史騎乗のセキセイハイウェイ(ウイニングポスト×セキセイナンバー)、2着も所有馬で、勝負に水を差すような形になってしまいました。ちなみにオオトリシリウスは4着。

貴史はこの勝利で「クラシック」を獲得。他の二人に比べて特性が付くのが少し遅めだったのが幸いしました。現在はセキセイママなどでせっせと海外の経験を積んでいます。そんな彼とアリアとの間には2人目の子供が誕生。女の子で名前は雪菜

欧州では2歳時からGⅠ3連勝中のセキセイビンテージが、牝馬ながらイギリスダービーに挑戦すると完勝。続くKGⅥ&QESもさらに着差を広げて2冠達成。

秋、セキセイファニー90(父アグネスジャッジ)が柵越え。サマー2000の結果も出て4歳のセキセイシャルマン(ウイニングポスト×セキセイエンジェル)が優勝。マーマレードキッス系ですが残念ながら牡馬です。

セキセイビンテージはヴェルメイユ賞1着の後、凱旋門賞でも勝って久々に欧州3冠を達成。無敗のおまけつきです。


秋華賞で鳳との対決もいよいよ大詰め、というか、もう結果は見えているんですが。レースはセキセイポイント1着、オオトリシリウス2着となり、獲得賞金は5億3225万円対1億3580万円でセキセイポイントの勝利。結果だけ見ると2歳時の賞金だけでも勝てたという圧勝でした。
オークスに続き、CPUの馬の中では先着している…

【Winning Post 8 2015】2090年

イメージ
今年から朝比奈さんの衣装を「華やか衣装」に変更しました。これで3人の秘書全員の衣装をすべて選択したことになります。

年明けに鳳がやってきて2歳馬を1頭選んで獲得賞金で対決することに。前回の対決は2029年、ずいぶんと久しぶりです。鳳はどんだけ所有馬に恵まれていなかったんだ。


彼の馬はオオトリシリウス(セキセイストーン×オオトリホール)、そしてわが代表はセキセイポイント(セキセイマサル×セキセイドレス)。ともにMy牝系デュプレ系の牝馬ですので、クラシックで直接対決することになりそうです。

昨年で引退したカインドオブラヴが繁殖牝馬として牧場に帰ってきましたが、祐子がこれをお出迎え。さらに主戦騎手だった裕次郎もやってきました。ちなみに評価額は3億300万円。


今年生まれた牝馬のセキセイトレイル90(父セキセイチェイサー)で流星イベントが発生しました。さらにロザリータ90(父ドクターコンサート)は待望の牝馬で印は◎3つに○1つと、なかなか期待できそうです。

また1歳馬のセキセイファニー89(父アグネスジャッジ)では同世代のリーダーイベントと虹イベントが発生。さらにハイフレンドカード89(セキセイソックス)では柵越えイベント。こちらの馬は印が長峰以外◎です。


競走馬では3歳牝馬のセキセイタテヤマ(アグネスジャッジ×セキセイファニー)が無敗で牝馬3冠を達成。この馬は虹イベントの幼駒の全姉です。

3月にデビューしたスロースターターはコースポの新馬戦評価で満点を獲得するも、その後は苦戦が続き、何とか菊花賞の出走権を得るも、本番は3着。勝ったのは同じウイニングポスト産駒の晩成馬セキセイウインズ(ウイニングポスト×セキセイサミット)でした。

今年、弟の裕次郎&(白樺)明夫妻に3人目の子供が誕生。男の子で名前は。この一家は3人とも男の子でした。うちがみんな女の子なので、バランスが取れていることになるのかもしれません。

さて鳳と対決中のセキセイポイントは順調に勝利を重ね、秋にはBCジュベナイルフィリーズも制覇。次戦の阪神JFで、2連勝でオープンに勝ち上がったオオトリシリウスとの初の直接対決に臨みました。


結果はというと、ダントツの一番人気だったセキセイポイントが1着、オオトリシリウスは3着。まあ、健闘したといってもいいんじゃないかな(余裕)。
これで1年目の結果は、セキセイポイントの2…

【Winning Post 8 2015】2089年

イメージ
今年もエルにおめでたが判明。40代に入ってからの最後の追い込み?なのでしょうか。これまではずっと女の子でしたが、今回も女の子でした。名前は(イノリ)。
また、セキセイファームの牧場長の知可子は鳴尾草太氏と結婚していました。


カインドオブラヴはフェブラリーSを勝って、ドバイに再挑戦。今年はすんなりと勝って、去年の雪辱を果たしました。
2歳王者のセキセイサンライズ(セキセイハーバー×セキセイブラッド)は、調教師の進言もあってケンタッキーダービーに挑戦することに。9番人気ながら半馬身差の2着と健闘を見せると、ベルモントSでついに海外GⅠ初勝利をあげましたが、結局今年勝ったGⅠはこの1勝のみ、通算もGⅠ2勝どまりで引退することに。

欧州では3歳牝馬のセキセイチャイルド(ノットコンティネント×セキセイワイン)が欧州牝馬マイル3冠を達成。
日本では3歳牝馬のセキセイボタン(アグネスジャッジ×マイスイートハート)が桜花賞~オークスを制し、3冠の懸かった秋華賞。レースを前に知可子の旦那の(鳴尾)草太が、上司の椎野はるえとともに現れましたが――


誰だお前は。日焼けしてるし、髪の色も長さも違うし、体格もがっしりしています。幸せ太りかな? ちなみに家系図は私たちのよく知っている鳴尾氏でした。
さて、レースはセキセイボタンが4馬身差の完勝。セキセイファームの生産馬なので、これで知可子は「牝馬3冠ブリーダー」になりました。


今年の期待の仔馬たちは、セキセイプレンティ88(父ウイニングポスト)で同世代のリーダーイベント。セキセイエルドラド88(父セキセイライアン)で柵越えイベント。ともに牝馬です。
さらに去年生まれたときにちょっと触れたヘヴンリーキス88は、有馬楓子のスーパーホース発見イベント。

カインドオブラヴはその後、米国GⅠの3着が2回などもありましたが、今年はBCクラシックには勝利。チャンピオンズC~東京大賞典も勝ったところで現役引退となりました。本当は来年のドバイもいけそうだったのですが、牝系のことも考えて早めに引退することに。


今年の成績は、143勝(GⅠ40、重賞115)の97億9171万円で1位。牧場は、102勝(GⅠ21、重賞53)の58億1079万円でこちらも1位。2年連続でW受賞となりました。

殿堂馬は、距離が使いづらい中でも交流重賞に強かったセキセイサクラ。説明不要、今…

【Winning Post 8 2015】2088年

イメージ
今年、長女の未来は幼稚園に入園します。幼稚園……最近何かと話題の某所みたいなところではないとは思うんですが……。
ともかくその前に未来と雪遊びをすることに。ここで彼女の姿が初披露されるという、緊張の一瞬でしたが――


今まで出てきていない顔です。それと同時に一安心。
さらに久々にエルにおめでたが判明。

カインドオブラヴはフェブラリーS優勝後、ドバイワールドカップに出走しましたが、3番人気で3着。やはり海外の大レースはなかなか勝たせてもらえません。その後は6月3週の米国のオグデンフィップスSで1着。
このレース、牝馬限定戦ながら1着賞金が7000万円となかなかお得です。長々とプレイしてきた割に意識しだしたのは最近ですが。負担重量が馬齢なのもグッド。注意すべきは非根幹距離(1700m)ということでしょうか。帝王賞との選択になりますが、積極的に狙っていきたいレースです。
続いては8月2週のホイットニーSで1着。


今年の仔馬は、3月に昨年の一等星イベントのロザリータ87で同世代のリーダーイベント。柵越えは欧州の牝馬セキセイグルーヴ87(父シェーンジョーヴ)。
また当歳馬では牝馬のセキセイパラダイス88(父ウイニングポスト)で今年も一等星イベント。さらに印が長峰以外◎というヘヴンリーキス88(父セキセイワシントン)も生まれました。

今年で8歳のセキセイセントラルは去年のジャパンカップから今年の宝塚記念までGⅠを5連勝し、KGⅥ&QESに挑戦。パワーBながら連勝を6に伸ばすと、さらに3週間後のアーリントンミリオンも勝利。欲をかいて出た凱旋門賞は5着で、これで引退することに。

今年のサマーシリーズでは、サマー2000でセキセイシーザー(セキセイエクセル×ヘヴンリーキス)が2勝して優勝、サマーマイルではセキセイセカイオー(エトワールアスカ×セキセイコーラル)がこれまた2勝して優勝。近年はここらへんの重賞クラスの馬が結構いて、ローテを調整するのが面倒です。

10月に生まれた第2子は、一人目に続いて女の子でした。名前は(ハル)。秋生まれだけど春。


カインドオブラヴはBCクラシックは写真判定の末、ハナ差で2着。続くチャンピオンズCは貫録を見せて連覇達成。2着には今年のUAEダービーを勝った3歳牝馬のセキセイリーグ(セキセイブライト×クロスロード)が入りました。この2頭、距離適性が同じくらい…

【Winning Post 8 2015】2087年

イメージ
年明けに2078年に子系統を確立した種牡馬セキセイゴージャスの引退イベント。
2月2週の3歳条件戦のゆりかもめ賞を牡馬のセキセイジャッジ(アイアンコネクション×マイネキャリー)が勝ち、この勝利がMy牝系デュプレ系の所有馬による1000勝目。それにしても祝永さん、よく数えていましたねえ。


今年のドバイミーティングでは、8歳になったセキセイボーイがドバイワールドカップを2年ぶりに勝利。またカインドオブラヴは初の海外遠征としてUAEダービーに臨みましたが2着。しかし、これで海外でも互角に戦えそうな気がしました。そう、この時はしたんですが……

今年の仔馬イベントをここでまとめて。1歳馬では米国のセキセイエンゼル86(父セキセイソックス)で同世代のリーダーイベント、自牧場のセキセイキャップ86(父セキセイライオン)で柵越えイベント。
そして今年生まれたロザリータ87で一等星イベントが発生しました。


父はあのウイニングポストです。ということで、何か格好いい名前を考えておきたいですが。ダービースタリオンという名前は、ゲーム的にダメかな。(笑)
ちなみにまた牡馬です。牝系を伸ばしたいというのに。
『2017』の性転換手術(違う)がかなり羨ましい。お守りシステム導入時は、お守りってなんやねん!とか思っていましたが、ある種の「神の手」として作用するのはなかなか面白そうです。どんなことができるのか、全てはまだ知りませんが。

マーマレードキッス系期待の星、カインドオブラヴは牝馬ながらケンタッキーダービーに挑戦しましたが9着。
やはりまだ完全には成長していなかったということだったのでしょうか。そこで次走はプリークネスSを飛ばしてベルモントSにしました。すると今度は12番人気の低評価を覆して優勝。


CPU馬のソシアルエクセル(セキセイイーグル×ロックフォックス)の米国3冠を阻止する大金星を挙げました。距離適性が1500m~2600mと無駄に長かったので、このレースはぜひとも勝っておきたかったし、十分勝機はあると思っていました。

10月、3年連続で文作&夏希夫妻に子供が生まれました。男の子で名前は真吾。毎年子供枠(?)を取られてしまって、なかなかコウノトリはエル(エマ)の元にやってきてくれません。
またエンジニアの天馬がワカクサFの牧場長である穂高さくらさんと結婚していました。

今年は長女の未…