投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2999年(世界の終わり)

イメージ
前回の最後にちらっと書いたように、ついでだからと世界の終わりを目指すことにしました。
2101年の頭から、今まで使わなかったオート進行でひたすら飛ばしましたが、最大の敵は意外にも腰甘改善のイベントでした。毎年起きたわけではありませんが、牧場が切り替わる場合もありますし。坂路コースを爆破したくなりました。(笑)

そんなこんなで十数時間、ようやく2999年に到達。カンスト寸前だった所持金は気づけば6500億円にまで減っていました。放漫経営かよ!
2999年も例年と同じように過ぎていきました。そして年末恒例の表彰式後――


表彰式に出席しないかオート進行で飛ばすと、このように背景が真っ黒になります。表彰式に出ると、式後にいつもの牧場の画面に戻ってから、このメッセージが表示されます。真っ黒の方が終末感が出ているかも。(笑)
そしてあっさりとタイトル画面に戻されました。なんか最後にイベントがあってもよかったんじゃないですかねえ。疲れを癒しに朝比奈さんたちと温泉に行くとか。(既視感)

ここで、気づいたことを何点か書いていきたいと思います。(『2016』以降は変わっている可能性もあります)

2130年ごろから冠名の付かない所有馬が混じるようになりました。同時に使用できる単語を使い尽くしたのでしょうか。

家系図を繋げるために、2月1週(たまに1月1週)でオートにしていたのですが、2800年代から子孫が生まれてこなくなりました。どこかで繋げるのに失敗したのか、それとも一族の数が上限に達したのでしょうか。

またその状態になってからはプレイヤーの転生も起きませんでした。跡取りがいなくなったら、独身の時と同様に年齢をリセットすることになって、家系図もまっさらになるのかと思っていましたが、そうはならず、ただ年を重ねるのみに。おかげで十代目の年齢がすごいことになっています。(笑)


まあ、牧野姉妹をはじめ、牧場長候補の何人かはずっとそのままだったので、彼らは1000歳を優に超えていますが。(笑)
スクロールバーの幅で、家系図の広がりを感じてもらえれば幸いです。あと、出ない出ない言っていた調教師の子孫は、あれから結構出てきました。プレイ時に現役騎手だった貴史と大斗の二人も調教師に転身しましたし。

年表に書かれる通算○○勝達成のところが、最終的には28464勝のように半端な数になっていました。655…

【Winning Post 8 2015】2100年

イメージ
今年は「0」の年なので、秘書の交代時期です。もう3人全員の全ての衣装を選んでいるので、もう誰でもよかったんですが、人気NO.1秘書(自称)の朝比奈さんを続投。

今年はドバイWCには勝てませんでしたが、全体的に好調でした。
4歳牝馬のセキセイタチバナ(セキセイクリフ×セキセイエマ)がデビューから無傷のままアジア・マイル・チャレンジを完全制覇。


さらに欧州では白毛のセキセイデュライン(サドンチャンス×セキセイアンヌ)が欧州牡馬マイル3冠を達成。

国内でも3歳牡馬はレベルが高く、祐子とセキセイアリュール(セキセイハヤヒデ×セキセイタテヤマ)のコンビが2冠達成。なお菊花賞は距離が長く7着。勝ったのは条件馬ながらトライアル3着で出走権を得たセキセイトゥルース(カリスマシャルマン×セキセイネイティヴ)でした。
前評判の高かった同期のセキセイグロウは皐月賞2着、天皇賞(秋)3着など、善戦はしたものの結局GⅠ未勝利のまま引退することに。

その妹である、1歳になった期待の仔馬セキセイアイ99は同世代のリーダーイベントやら柵越えイベントやらと順調に成長しています。

セキセイタチバナはその後もジャックルマロワ賞やムーランドロンシャン賞を勝つなど、今年は連勝を17にまで伸ばしました。この2つを勝つと実況で最後に言及されると思っていたんですが、思い違いだったようです。うーん、『Winning Post 6』の時だったかな……。


今年も賢吾と(大原)佳子さんとの間に子供が誕生。3人とも女の子で、三女の名前は麻央

10月5週のスワンSをセキセイデイム(イージースポート×セキセイバウンド)が勝ち、My牝系の一つカペラ系が所有馬で1000勝に到達しました。


セキセイデイムは直後のマイルCSでGⅠ初勝利。
今年は古馬にしろ3歳馬にしろ、強い短距離馬が結構います。6歳になった牝馬のセキセイジパング(レイクアルデル×セキセイチェリオ)もその1頭。すでにヴィクトリアマイルなどのGⅠも勝っているようにマイルまではこなせる馬ですが、今年は他の馬との兼ね合いでグローバル・スプリント・チャレンジに挑戦。対象レースに5勝し、ボーナスの獲得に成功。


記事の見出しのところ、グとかプとか、半角の濁点・半濁点を混ぜるのやめてもらえませんかね……。馬名のところでちゃんと全角にできてるんだから。

今年の有馬記念は5歳牝馬のセ…

【Winning Post 8 2015】2099年

イメージ
年頭に2095年に子系統を確立した種牡馬セキセイイーグルの引退イベントがありましたが、今年生まれた産駒のセキセイアイ99を(穂高)さくらさんが最後の大物と評しました。


去年この馬の2つ上の兄――セキセイグロウとして今年デビュー――の印が準パーフェクトなどと書きましたが、ついにパーフェクトが出ました。セキセイイーグル系とMy牝系マーマレードキッス系の牝馬はこれに限らず相性がいいですが、さらにそれにサヨナラ配合が重なった感じです。

また、セキセイファニー98(父セキセイスプリング)で同世代のリーダーイベントと、虹イベントが発生。


イベントの内容的には牧場長の知可子も注目、みたいな感じだったんですが、印は牧場長「以外」が◎でした。

さて、騎手生活2年目を迎えた咲は、セキセイサンシーでドバイワールドカップに出場。12番人気で全く期待していなかったら、勝ってしまいました。


伊達に海外経験は持ってないな。祐子も4着と健闘。この二人、重賞も難なく勝てるようになってきて、祐子は皐月賞馬のセキセイキャッチをサマー2000の優勝に、咲は初勝利の馬セキセイビッキーをサマースプリントの優勝に、それぞれ導きました。

そんなこんなで秋になりました。


目指せ22世紀、ということでプレイしてきましたが、愛妻のエルとの何気ない会話も世紀末を前にすると、また違った趣が感じられます。

前評判の高かった2歳馬のセキセイグロウは重賞2勝も、朝日杯FSは所有馬同士の対決に敗れ2着でした。
去年の年度代表馬だったセキセイファイヤーはKGⅥ&QESで海外初挑戦も5着。しかし懲りずに挑戦した凱旋門賞を6番人気ながら優勝すると、BCターフにも勝利。今年も年度代表馬に選ばれました。


今年の成績は、152勝(GⅠ60、重賞129)の118億2410万円で1位。牧場は、118勝(GⅠ29、重賞63)の70億3579万円でともに1位。

騎手成績は祐子が92勝(6位)、咲が66勝(14位)とさらに成績を伸ばしました。特に祐子の重賞30勝はトップ。
そして今年中学校を卒業した長女の未来が騎手を目指すことに。能力は勉強S、運動・牧場がSSでした。

殿堂馬はセキセイファイヤーが「ロンシャンの奇跡」。


マイルから中距離で活躍したセキセイカンプ。2096年に天皇賞連覇のセキセイウィーク


牝馬ながらダービーを勝ったセキセイボールド。ダ…

【Winning Post 8 2015】2098年

イメージ
今年は祐子の妹の咲が騎手デビュー。早くも1週目の3歳未勝利戦をセキセイビッキー(ケンタッキースカウト×セキセイモデル)で勝って初勝利。レースは大差勝ちで、安心して見ていられました。

3月に1歳馬のセキセイアイ97(父セキセイハヤヒデ)で同世代のリーダーイベント発生。それまで気づいていませんでしたが、印が長峰が○で他は全て◎という、準パーフェクトでした。惜しい、目指せALL◎。


咲は3歳牝馬のセキセイサンシー(セイウンサイクル×セキセイファニー)で、兵庫CS~関東オークスを勝利するなど、順調なスタートを切りました。


そして次戦のジャパンダートダービーでGⅠジョッキーに。もともとこの馬はプレイヤーの弟の裕次郎のお手馬だったんですが、きっと彼も分かってくれるでしょう。(笑)
今年も賢吾(21歳)と(大原)佳子(?歳)との間に2人目の女の子が誕生。名前は久子。現当主がいわゆる第3世代ですが、第5世代がいるのはこの家族のみと、ペースが早いです。

今年のクラシックはセキセイファイヤー(セキセイウインズ×セキセイグラマー)が無敗で3冠達成。
米国では去年の年度代表馬だったセキセイゼロが、8歳になった今年も活躍。ドバイワールドカップとBCクラシックを3連覇しました。

11月。My牝系のセキセイテレサ(セキセイクライ×カインドオブラヴ)が新馬戦に勝利して、牧場長の知可子が所有する自家生産馬で1000勝目。なお初勝利は2082年でした。


これで一族の偉業の牧場長部門は知可子が全てクリアしました。後は手つかずの調教師部門だけなんですがねえ。偉業の内容よりも、スタート地点に立つことが難しいという……。

3冠馬のセキセイファイヤーは古馬との初対決となったジャパンカップも制しましたが、有馬記念でついに初黒星(2着)。一矢報いたのは去年秋古馬3冠を達成したセキセイフィリップでした。年度代表馬は文句なしにセキセイファイヤーに。


今年の成績は、148勝(GⅠ57、重賞111)の109億5880万円で1位。牧場は、135勝(GⅠ39、重賞73)の80億5397万円でともに1位。

騎手の祐子は今年は60勝を挙げ、リーディング13位と躍進。そして新人の咲は42勝(21位)で最多勝利新人騎手に輝きました。そして二人とも来年から早くもフリーになることに。


また、騎手の裕次郎の息子の太雅が牧場スタッフに加わり…

【Winning Post 8 2015】2097年

イメージ
いよいよ小鳥遊祐子騎手が実戦デビュー。


1月3週の条件戦をセキセイアクション(シェーンジョーヴ×セキセイグルーヴ)で勝って初勝利を挙げると、翌週のAJCCをGⅠ馬のセキセイカンプ(サッカーウルフ×セキセイエマ)で勝って早くも重賞初勝利。
デビューの月にGⅠ馬に乗って重賞に出るなんて、ごり押し以外の何物でもありません。陰でいろいろと言われてそうです。(笑)

彼女の兄の賢吾は今年結婚し、長女の真琴も誕生。そのお相手は……大原佳子さん。

4月、ソエで放牧中の3歳牝馬のセキセイハーブ(セキセイトゥモロー×レイズルーデンス)の元に、高松極楽氏が久々に現れました。


勝手に馬に触る彼の行動に牧場の責任者たる知可子もおかんむりでしたが、なぜか馬の怪我の状態が改善されていました。高松さん、あなたいったい何をしたんだ……。


祐子は皐月賞を9番人気のセキセイキャッチ(セキセイガリバー×セキセイニシキ)で勝って、早くもGⅠ初勝利。


貴重なハーフ娘たちのツーショットも撮れました。

7月4週、祝永氏が現れカペラ系の「海外主要GⅠ全制覇」達成を告げました。


さてさてどのレースを勝ったのかな?


えーと、ボーリンググリーンH、GⅡ(2400m)……。もう80年経っているから祝永氏も少しぼけてきたんじゃ……。いったい何をどう間違えたらこうなるんでしょうか。
ちなみにベルモントSとアーリントンミリオンがまだ所有馬では勝っていませんでした。一応他の馬は勝ってはいますが。

秋には6歳牡馬のセキセイフィリップ(セキセイチェイサー×セキセイチェリオ)が秋古馬3冠を達成し、年度代表馬に選ばれました。米国の年度代表馬は、ドバイワールドカップとBCクラシックなどを連覇したセキセイゼロ


今年の成績は、106勝(GⅠ31、重賞72)の75億3022万円で1位。牧場は、100勝(GⅠ21、重賞53)の61億9700万円でともに首位も、やはり国内で新人の祐子を乗せまくった結果、勝利数が例年よりも減少しています。
彼女の1年目の成績は29勝(GⅠ3、重賞11)とまずまずの成績を挙げました。

従弟の騎手貴史の長男で新婚ほやほやの賢吾が来年から牧場スタッフに加わることに。
今年中学校に入学した未来には「家族思い」の特性が付いていました。空気を読んで調教師になってくれないかなあ。ちなみに祐子は「人見知り」なので、いっぱいごり押し…