投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

【Neo ATLAS 1469】第6回 世界の果てへ

イメージ
ジパング到達に商会が沸き上がっていた頃、トーレスに悲劇が。彼の大切なヅラ帽子が風で飛ばされてしまいました。


目撃情報を辿って黒海を探すと帽子――ではなくて島ガメを発見。このカメって例の巻物のやつだよなあ。後で帽子も無事発見し、一件落着。【トーレスの帽子】終了。
後日譚として、黒海の東にあるアイエテスの産物がから帽子に変わりました。


ちなみにこの帽子ドードーとの組み合わせでドードー帽が作れます。ジェノバの交易場を利用して貿易し、アイテムとしても一つ入手(友好+0.5)。なんか説明文を読むと罪悪感を感じますが……


ジェノバでは、ドードー帽を作る前には火薬鉄砲も作りました。これもアイテムとして一つ入手できます(戦闘+1.5)。

トーレスの帽子探しの時に見つけた島ガメは、落とした物を何者かに食べられてしまったようです。スペインの南あたりで怪しげなチョウチンを発見。正体はチョウチンアンコウでした。飲み込んでいたウチデノコヅチも発見。しかし、探し主が海中にいるため、現状では返しに行けません。

ゴメスはアトランティスから西へ進んでいる最中、海賊トッドと遭遇。海賊とは言いつつも彼は宝探しに忙しく、危険性はないようです。


その後ついに陸地を発見。新大陸(アメリカ北部)です。ここの街の産物はなんと浮遊パイナップル。たまげたなあ、さすが新大陸だぁ……


アジア・ジパング方面も探索を続行。まさかり砲ジパングコインなどを発見し、所持金が1000万Gの大台を突破、大商人の称号を得ました。また白黒グマの本物?の前白後黒グマを発見。


ミゲルはこう言っていますが、想像していたのとは違うなあ。縦に白黒分かれているのかと思っていました。まあ、それだとダンガンロンパに出てきちゃうか。

さらに日本海の周辺でしゃれこうべ岩をいくつか発見。それとよく似た海賊の砦――あのヤジロー砦もついに発見しました。元海賊のバルディは正面突破は厳しいので、出入りする海賊に偽装して侵入することを提案。黒海を航海すれば、よいヒントを得られるとのことでしたが……


タイミング悪く、ヨーロッパでは伝染病が大流行。見るからに毒々しいです。
中国の方にある封印の箱から封印石を取ってきて、それを装備した船団を発生源であるベネチアへ移動させました。
ひとまず伝染病が沈静化したところで黒海へ。すると海賊トッドが現れ、海賊船についてレクチ…

【Neo ATLAS 1469】第5回 ジパング

イメージ
インドから東への航海のさなか、サンクティ・ソリスの手紙を発見し【聖なる牛】開始。ソリスは東洋の海賊ヤジローに奪われた聖牛イヴラークの手掛かりを取り戻すべく東へと向かったそうです。
我々も東のジパングを目指しているわけですから、彼の手掛かりも、遅かれ早かれ手に入ることでしょう。


さらにケサダがまたもや怪しい物を持ってきました。今度は竜の化石。後で航海中に謎の巨大生物の死骸を発見、【ドラゴン伝説】も開始。


エピソードが立て続けに始まっていますが、無視してジパングをめざし東へ進みます。
東南アジア方面では、産物としてシナモンやらコメやらを発見。コメカリーカレーライスができます。仮面の一つの岩石仮面も発見。航海中には化け物の海の司教に遭遇。実害はなさそうなので、しばらくは触れずにいることに。


ペレスのアレクサンドリア行きをシカトしていたら、今度はピラミッドに行きたいと言い出しました。なので、まずはアレクサンドリアへ船団移動させました。するとアレクサンドリアの大灯台について語り始めました。


いつの間にかそびえたっていた大灯台から噂をたどって西へ。大灯台の沈没船を見つけ、中から大王の財宝を入手で商会というかミゲルは大はしゃぎ。ペレスはというと、財宝の発見よりも、塔から遠ざかるにつれて塔の先っぽしか見えなくなっていく=地球は丸い?という結果にご満悦なのでした。【アレクサンドリアの謎】はこれにて終了。

続いてピラミッドの調査――の前に、今リスボンでは「世界の果て」の話題で持ち切り。持ち切りってどんな感じかというと、こんな感じ。


世界の果てはどうなっているのか。滝がある=世界は平面なのか? 果てなどない=球体なのか? 私はどう思ったかというと、噂を全部クリックするのが面倒くさいなあと思いました。(笑)


もし世界の果てが滝ならば、流れに飲まれぬように錨が必要。事情通のケサダによると、その伝説のイカリはシンドバッドのイカリというらしいです。そのイカリを持って世界の果てに行けば、滝がある=平らな世界になるという理屈です。

インドに出現した修行の森にイカリがあるというので行ってみたら、鉄のイカリ発見。これではないようです。さらにその後、アフリカで銀のイカリを発見。また外れ。次は金かな?

さてペレスはようやくピラミッドへ向かい【出会い】開始。スフィンクスの近くで天秤を手にしたところ意識を…

【Neo ATLAS 1469】第4回 めざせインド

イメージ
バルボサに振り回されていた同時期に、国王から嵐の岬で沈んだ王国の船から機密文書の回収を依頼されました。


さっそくマリアを嵐の岬の沈没船に向かわせ、回収に成功。国王は嵐の岬喜望峰と改名しました。まったく、誰だよ、あんな縁起の悪い名前を付けたやつは!

ところで南端とか言っていた割に、さらに南まで陸が続いていたんですが……


ともあれ、ようやくアフリカ大陸の東側に回り込むことができ、次はインドを目指して北上。すると産物が川チョコボ……ではなくてドードーの村を発見。久々に高価な産物です。他によさげなものは真珠くらいしか見つかっていませんでした。


また貿易船技術書も発見。船速の速いカラベル・ラティナを選択しました。貿易航路の見直しもしなくちゃなあ(二度目)。面倒くさいけど。

アフリカでは他に火の洞窟ノームを、さらに海中などあちこちでエーテルを発見。
ノームを見つけたことで【四大精霊】開始。おなじみ錬金術工房の人々から精霊四体全ての発見を依頼されました。


ノームがヒントと思しきことを言っていますが、フラフラとフワフワは見つけるのが大変そうです。レムリアの西の火穴というのは心当たりがないわけではありませんが、まだ奥へは進めないので、しばらくはインド行きに専念することに。
すると探検航海中に箱を発見。中には謎の巻物が入っていました。


お気楽なミゲルは宝の隠し場所かもとか言っていました。あのー、私、内容分かっちゃったんですけど。これでエピソード【竜宮とカメ】が開始。

さて、その一方でアトランティス方面はどうなっているかというと、その後も陸地(島)が多く発見されましたが、タコに囲まれています。(笑)


そんなゴメスはというと、航海中に無人島で過ごした日々を回想。そこで出会った小猿にマルセルという名をつけていました。その後、例のほったて小屋の近くで小猿の目撃情報が。【再会】スタートですが、エピソード自体はゴメスを小屋に派遣すれば終わり。


ゴメスは小猿を連れて帰ることにしました。マルセルはアイテムとして船団に配備可能で、ゴメスの船団だと、彼の肩に乗っかります。


アトランティスとアフリカの東側で相次いで造船技術書を見つけたので、前回は見落としていた3つ目の系統、ガレー・ガリアース型を2段階進化させ、ガリアース・ペナが製造可能になりました。
この系統は戦闘力が高いのが特長で、お金はかかりますが…

【Neo ATLAS 1469】第3回 怪しい人々

イメージ
商会にいかにも怪しい男がやってきました。ミゲルとは何やら訳ありの彼の名前はメンデス・ケサダ。自称行商人です。


さっそく貿易許可証を買いに行ったら50万Gも取られてしまいました。所持金の約半分です。ともあれ枠が一つ増えたので、貿易航路の見直しをしてもいいかもしれません。面倒くさいですけど。

その後、地中海の島にある錬金術工房の怪しい人々――錬金術師たちからペリカン容器の捜索を依頼されました。【錬金術の扉】スタート。容器自体はすぐそばの無人島にありましたが、それを持っていくとお礼に宝箱に反応するという便利アイテムジデールの振り子をもらいました。


錬金術師も自分で振り子を使って探せばよかったんじゃないですか……。出不精なのかもしれませんが。
ともあれメニューでダウジングが解禁。練習としてミゲルの隠したミゲルのへそくりを探してみることに。慣れない操作に戸惑いつつも、イギリスの北の島で発見し、エピソードは終了。

この振り子、使用時間は最大60秒と時間制限があり、年に一度、お金を払うことでこの時間を補充することが可能。時間に制限があるとなんだか焦ってしまうので、前作までの時間無制限だけどお金がどんどん減っていく仕様の方が好きです。
早速この振り子でスカンジナビア半島にて切り株を発見。

本業の探検航海はというと、ゴメスがリスボンから西へ行くこと数回、ついに陸地を発見しました。


国王から報奨金100万Gをゲット。太っ腹です。
陸地ではアトランティス神殿アトランティスのテーマも発見、ということはどう考えても幻のアトランティス大陸ですね。【アトランティスの秘宝】開始。

神殿にペレスを派遣するも、鍵のかかった扉に阻まれ、調査は中断。神殿には幻の金属オリハルコンについて書かれているようです。噂によると神殿の鍵は虹色のクラーケンが飲み込んでしまったとか。

そして所持金が200万Gを突破し、めざとい商人の称号を拝領。あんまり褒められている気はしないんですけど……

アフリカ南下も順調で、沈黙の森アフリカのテーマを発見。ミゲルが言うにはアフリカの南端に到達したとか。そこで記念碑を建立し、ミゲルは勝手にそこを嵐の岬と名付けました。【めざせアフリカ大陸南端】は次のステージ【めざせインド】に進みます。

沈黙の森にはバルディを派遣。するとおb……お姉さん海賊登場。バルディの知り合いの海賊アンジェラで…