投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

【Neo ATLAS 1469】第12回 産物いろいろ

イメージ
地図作りも順調に進み、オーストラリアも形が出来上がってきました。


なんか余分なものがくっついている気もしますが。

そんな中、伝説の酒が見つからないことにしびれを切らしたロハスが、自分で探すと、提督への復帰を宣言、これで提督全員が揃ったことになりました。

そのロハスは航海中、甲板で酒を飲んで寝ていたところ、空から顔が現れ、アトランティスのプレアデスの七姉妹を訪ねよというお告げがあったそうです。っていうか、危ないからそんなところで飲んで寝るなよ……

七姉妹の名はウワサが教えてくれますので、一安心。ググる必要もありません。
アトランティス方面を探すと、七姉妹の一人の名を冠したタユゲテという町が見つかりましたので、早速そこへロハスを移動させました。すると――


おいおい、大丈夫か、アルコールが抜けてないんじゃ……? するとあら不思議、町の産物がアトランティスの実に変わりました。この実とオーク樽で貿易を行うとアトランティス酒が完成し、【伝説の酒】クリア。


インド洋~オーストラリア方面の探索も進め、以前から見て見ぬふりをしていた海の司教と対決。勇気MAXのバルディを送り込み、ついに葬り去りました。化け物を倒したのは、大砲でも剣でもなく強い心でした。


さらにオーストラリアの北側にあったアーガイル洞窟では、巨大な岩盤に行く手を阻まれるも、装備していたアトランティス砲で障害を粉砕。その先でピンクダイヤモンドを発見。これは産物としても登録可能で、金指輪(指輪+金)との加工貿易で作れるピンクダイヤの指輪は最高級の絶品です。


ミゲルが言うと冗談に聞こえないんだよなあ……

ゴメスが大西洋を探検中に、あの宿敵モーガンが何度か現れました。その時はおとなしく去ってゆきましたが、ついに地中海に出現し、散々暴れまわってゆきました。


彼と浅からぬ因縁のゴメスが、そのアジトを探すことに。【ゴメスVSモーガン】開始。モーガンの現れた町を辿ってゆきます。
北アフリカのセウタを皮切りに、バルセロナトリポリイスタンブールと移動。そして最後は帽子でおなじみのアイエテス。町の北西でついにモーガン砦を発見。さすがはモーガン、この砦はスケールは15.9と、非常に見つけづらくなっていて、どこぞの海賊とは大違いです。

ゴメスがポルトガル海軍とともに砦に向かい、ついにモーガンと一騎打ち。


地中海を震え上がらせたモーガンは海…

【Neo ATLAS 1469】第11回 ジャガイモ虫

イメージ
ロハスがジャガイモを調理していた頃、太平洋のアメリカ大陸西岸寄りを探検航海していましたが、以前コテンパンにしたラグナールが久々に出現。


エピソード【アンジェラとバルディ】開始。まずはラグナールのアジトを探すことに。ウワサを頼りにバルト海にてラグナール砦を発見。砦、もう少し隠そうとした方がいいんじゃないかな……。

早速アンジェラ救出のため、バルディを送り込みました。


バルディによると、ラグナールはアンジェラを人質に取り抵抗したものの、例の覆面海賊が現れ、ラグナールをやっつけてしまったそうです。


なにー、あの覆面海賊だってー!? 「信じる」「信じない」

と、エピソードも無事に終了。その後、ロハスの酒場のそばで覆面海賊のものと思われる覆面を発見。アンジェラとバルディは結婚式を挙げることになりました。のちにカナリア諸島にアンジェラとルイスの砦が出現しました。


さて、北の海で海竜を発見、モフモフとのツーショットを撮って遊んでいたところ、ロハスが変なことを言い出しました。


なんだなんだ、酔っ払ってるのか?と思ったら、リスボン周辺に謎のジャガイモ虫なる珍生物が大量発生する事態になってしまいました。【伝説の食材】開始。


誰だよ、こんな物騒なイモを持ち込んだ奴は、などと惚けつつジャガイモ虫を9匹まで回収。アメリカで最後の一匹の進化?したジャガバタ虫を捕まえて、騒動もようやく収束。国王から褒美にヴァルキリー砲をもらいました。これがマッチポンプか……。

ロハスと言えばもう一つ、酒ですが、オーク樽を利用して6種類の酒を造りました。
ジパング酒(コメ)ショウチュウ(サツマイモ)ラム酒(サトウキビ)バーボン(トウモロコシ)ワイン(ブドウ)ブランデー(ワイン)これで国王から褒美をもらえると思いきや、ロハスが伝説の酒があるなどと余計なことを言い始めました。


おかげで報奨金はお預け。伝説の酒の材料を探す羽目になってしまいました。

太平洋の探検も進み、アメリカの西側の海中でようやく【ファラオの夢】の宝ウラエウスを発見。さらにケサダの情報により、盗賊のすくつ(なぜか変換できない)である闇の錬金術工房を見つけ、そこでアヌビスの天秤を取り返しました。

この2つと以前に見つけたスカラベをアブトゥに持たせ、スフィンクスへ。そこでエジプトの若い王と人魚との出会いの話を聞きました。ペレスも巻き込まれていい迷惑だな。

【Neo ATLAS 1469】第10回 イヴラークの骨

イメージ
さて先日マリアが発見した太平洋上の島で、言霊の石を発見。今度は調査が可能な石でした。今まで見つけた言霊の石にピンを指し、ピンが足りないので画像を合成してみたのがこちら。


左端のAが今回見つけた言霊の石です。確かに北極星のところです。
ちなみに見つけた際は、他の宝箱同様普通に見つかりました。普通にゲームを進めたら見つかりそうな感じで、カシオペア座とか北極星がどうこうとか、正直関係なかった。(笑)
まあ、出現する地域が特定できるということなんでしょう。

ところで、フルスクリーンモードとウインドウモードでは、スクリーンショットのサイズが違ってくるんですね。今まで全然気が付かなかった。失敗したなあ。

早速ソリスを言霊の石に送り込むことに。するとはるか上空に天の神殿が出現。この神殿はマップ上を漂っていますが、クリックするまではすごい小さいのに、クリックした途端巨大になります。


しかし神殿の内部へ行くためには、空を飛ぶ手段が必要。この時代にそんなものはな……あった。ここで鍵となるのが、新大陸で見つかった謎産物の浮遊パイナップル
じゅうたんとの加工貿易で空飛ぶじゅうたんが、帽子との加工貿易で空飛び帽ができ、ともにアイテムとしても入手できますが、今回使うのは空飛び帽です。


タケコプターのようでちょっと違います。それにしてもこれを被って飛ぶと、常時首吊り状態になるんじゃないでしょうか……

神殿に入ると、3本の角を持つ牛の頭の骨を発見。すると一同の前に聖牛イヴラークの幻?が姿を現しました。


聖牛との邂逅を果たした一行は、ついに念願のイヴラークの骨を入手。
帰還したソリスはロハスの酒場で仲間たちと祝杯を挙げたのでした。そして語られるソリスの真意、それはとことん運のないゴメスのために、幸運を導くというイヴラークの骨を探していたという、二人の友情を示すエピソードなのでした。


なにせ装備すると運+5ですからねえ。これにて【聖なる牛】はようやく終了。

さてロハスと言えば、以前何かお願いされていたなあ。イモを探していたんだっけ。ということでまずはジパングはサツマからサツマイモリスボンに持ってきたところ、ちょっと違うとのこと。
なんでや! ヤキイモ(サツマイモ+火薬)おいしいやろ!(方言が違う)

そこで今度は南米に一カ所だけあったジャガイモに。すると今度はロハスは大満足でした。


しかしこのイモが…

【Neo ATLAS 1469】第9回 カルロス・アルメイダ

イメージ
ユーラシア大陸を確定させるため、ペレスが北極海のあたりを航海中、またもやファーとか何とか言い始めました。夢でスフィンクスに語り掛けられていたみたいです。
それを聞いたアブトゥはいつになく強い口調でスフィンクスへの調査を希望。そこで彼女を派遣すると、パピルス書を発見しました。


ファラオの墓から持ち去られたという2匹の「聖なる者」を見つけることになり、【ファラオの夢】開始。

聖なる者の行方はピラミッドから東西に流れてゆく噂のバルーンを辿って探すことになります。噂が流れるのがゆっくりで、その間、探検報告などが頻繁に入ってくるため、後を追うのが結構面倒です。東はジパングの方まで流れてゆき、スカラベを発見。


西はというと見失ってしまいました。おそらく雲の中に入ってしまったので、気長に探すことにしましょうか。ペレスにはしばらく憑りつかれていてもらいましょう。(笑)

資金が8000万Gを超えて貿易の鉄人の称号を得たころ、ついにユーラシア大陸を確定。それまでに一周していたはずなのに内陸の雲がなかなか晴れませんでした。というのも、途中に確定漏れが何か所もあったためです。
最初の頃のアフリカ西岸からして漏れがありました。雲が立体的なので、ちょっと陸にかかっているかどうか、見づらいところがあり、結構ストレスが溜まってしまいました。


雲が一気に晴れたため、確定率は10%近く上昇。内陸部には、言霊の石や今更な中東のテーマをはじめ、色々なものがありましたが、その中には冥界の戦士なる、皇帝の墓を守る像がありました。この像、たくさんあったようですが、盗掘された挙句バラバラになってしまったようです。ミゲルの思い付きで各地に散らばる像を探すことに。


しかし内陸が広すぎるために、あっさり振り子の時間が切れてしまい、宝探しはお預けに。金は余るほどあるんだから、好きなタイミングでチャージさせてくれー。

そんな中、マリア宛に一通の手紙が。【父の記憶】開始。差出人はマリアの母で、たまには顔を見せてくれとのこと。しかし頑固なマリアは一人前になるまでは家には帰らないとの一点張り。もう十分一人前だと思うんですけどね。
そこで策士ミゲルの案で、マリアをアルメイダ家に“調査派遣”させることに。家では久しぶりに母と再会、そして父カルロスからもらったというカメオ、父の想い出を手に入れました。

また、以前錬金術工房が来てくれ…

【Neo ATLAS 1469】第8回 南アメリカ

イメージ
ミゲルが夢で世界地図を描いていた頃、巷ではジパングブームが到来。マップ上をなにやら変な人がうろちょろしています。


それにしてもこのおっさん、ノリノリである。

南アメリカ方面で見つけた地下迷宮で、3つ目の怪物の化石を発見。さらに太平洋のドクロ岩では4つ目を発見し、残るは1つ。


ペレスの手による復元図を見る限り、恐竜のような生き物です。ドラゴンと言えないこともないかも?
ジパングの南方で沈んだ船に、最後の1つが積み込まれていたらしいですが、ビッグ・マンタが邪魔で船には近づけず。そこでまずはマンタを退治。荒事はバルディの担当です。


邪魔者が消えたところで海獣に襲われた沈没船をマリアで調査し、化石がそろいました。【ドラゴン伝説】終了。


後日譚として、リスボンでミゲル作の書物・竜と勇者を発見。後日アテネの産物となりました。印税生活かあ……。

この頃、世界の確定量が25%を超え、貿易航路を国王に増やしてもらったこともあって、資金がどんどん増えていきました。貿易宰相、貿易王の称号を獲得。


Aの地点、前回刺したところよりもさらに西で、またもや言霊の石を発見しました。この石が例の地図の×印のところだと思います。


言霊の石は南アメリカの西の海にもありました。いったい何を表しているというのか。地図の独立した二つの点と×は一直線上にあるようですが、ピンが足りません……。

また同地方で探検船技術書を発見し、ウチデノコヅチと合わせてトンチン・クゥーイというカメの姿をした謎の船?を作れるようになりました。


この船でジパングの東の海中にあるドラゴン宮殿へ。そこにいたオトヒメによると、黒海にいた島ガメは、ウチデノコヅチによって巨大化してしまった、ここのいたずら好きのカメだとか。
お土産に玉手箱をもらいましたが、絶対に開けるなと言われました。開けちゃいけないものを人に渡すなよ……。しかし何も知らないトーレスが箱を開けてしまいましたが、中は空で何事も起きず。もしかして寿命が縮んでるんじゃあ……。と落ちが付いたところで【竜宮とカメ】も終わり。


ケサダが、バルボサが探している豆の木のタネケーキの家の兄妹が持っているという情報をよこしました。豆の木のタネ? そんなこと言っていたっけ? 聞いたような聞いてないような……。
ともかくケサダに取られる前に手に入れるべく、兄妹を訪問。すると「幸せを運ぶ青い物」となら…