投稿

7月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】1992年(史実馬ロストプレイ)

イメージ
昨年に最優秀馬主賞&最優秀生産者賞のW受賞を初達成したので、その記念パーティーと慰安旅行でオーストラリアのホワイトヘヴンビーチへ……


ノエル七変化で待望の(?)水着姿も。やっぱりノエルはかわいい。YNK。着物で旅行→水着は相変わらずですが。

また秘書チャレンジの「最優秀馬主賞&最優秀生産者賞同時受賞」も達成したことに。さらには「自家生産の春または秋古馬3冠」の達成の報告も。


そういえば大阪杯のGⅠ昇格で春古馬3冠っていうのができてたんでした。全然気にしてなかった。

井坂氏の今年の一押し馬はライスシャワー(リアルシャダイ×ライラックポイント)でした。さては今年は当てにきたな。しかしシマウマが立ちはだかる……!?

今年生まれた仔馬の中には、マヤノトップガンアブクマポーロの名前はありません。


さらにサンデーサイレンスの初年度産駒もいません。一部を上げるだけでも、錚々たる顔ぶれになります。
ジェニュイン(母クルーピアレディー)タヤスツヨシ(母マガロ)ダンスパートナー(母ダンシングキイ)フジキセキ(母ミルレーサー)マーベラスサンデー(母モミジダンサー)
今年の種付けは白毛名鑑を使用。また、エアグルーヴ(トニービン×ダイナカール)、クンブレ(カヤージ×フロリペデス)、フサイチコンコルド(カーリアン×バレークイーン)を消すことにしました。
クンブレは2006年生まれの海外馬アゲイン(父デインヒルダンサー)の母です。
引き続き牧場長を務める篠原さんは、史実馬を消そうとする度にこんなことを言い出しました。


去年までは何も言わなかったのに、成長したんでしょうか。だが断る。

今回もサンデーサイレンスの1993年生まれの産駒は消えます。また父馬不在のファイトガリバー(ダイナガリバー×ビューティマリヤ)なども。

春のクラシックはセキセイイチバンが2冠達成。そしてUAEダービーを勝ったエーピーインディは米国3冠に挑むも、サンドピット(ベイヌーン×サンドダンサー)の大逃げにレースをぶち壊されて、ベルモントSの1冠のみに終わりました。

6月にノエルが分場の物件を見つけてきてくれました。お値段はしめて20億円也。


早く土地を買わないと、中国資本に買い占められちゃうかもしれないしね。
中国と言えばノエルのチャイナドレス姿。YNK。ところで左上の方にメリーゴーランドが出現しています。


近づいてみると、…

【Winning Post 8 2017】1991年(史実馬ロストプレイ)

イメージ
今年は☆キングマンボ(ミスタープロスペクター×ミエスク)を購入。消す予定の初年度産駒にはエルコンドルパサー(母サドラーズギャル)などがいます。

ペガサスワールドカップとドバイWCに今年も参戦したサンデーサイレンスですが、今年はブラックタイアフェアー(ミスワキ×ハットタブガール)に撃沈されました。どうも海外では勝ちきれません。難易度NORMALだからと、なめてかかって○の騎手を乗せ続けているのがいけない気がしてきました。

アオチュースイートはダイヤモンドSを大差勝ちするなどして天皇賞(春)へ。芦毛のメジロマックイーンなども出走していたため、レース前にクラブ代表の結城江奈が現れました。


いやいや、クラブのホワイトストーンを応援してやれよ……

レースはというと他馬主のミスターシクレノン(ミルジョージ×ナオユキ)が勝利。昨年の有馬記念に続き、ミスターシクレノンがGⅠを掻っ攫ってゆく世界とは……


シクレノンって、綺麗な響きで花の名前かなにかだと思っていたら、実際にはこれは造語でシクラメン+(ジョン・)レノンという意味だったんですね。へぇ~

トウカイテイオーは皐月賞~日本ダービーをともに大差勝ち。「自家生産の鹿毛馬で日本ダービー1番人気勝ち」を達成しました。


なんで守永さんもコスプレしてるんですか?

その他にはセキセイアトラがNHKマイルカップをこちらも大差勝ち。やたらと大差が多いです。難易度NORMALだからなのか……だろうなあ。

今年生まれる仔馬のうち、ナリタブライアンライブリマウントオフサイドトラップエアダブリンを去年の種付けでロストさせましたが、その他にもキョウトシチー(サッカーボーイ×マウンテンクイーン)をはじめとするサッカーボーイ産駒やら、サクラユタカオーの産駒やら、カネツクロス(タマモクロス×マウントソブリン)やらも連鎖でロストしています。

今年の種付けで消すことにしたのは2頭。
マヤノトップガン(ブライアンズタイム×アルプミープリーズ)アブクマポーロ(クリスタルグリッターズ×バンシューウェー)

さらにサンデーサイレンスが現役続行中のため、初年度産駒がごっそりと消えます。名だたる馬がずらっと並んでいますから、改めてサンデーサイレンスってすごいなあと思います。

セキセイアトラはその後、フランスダービーへ遠征するも、わずかに2着。しかし夏のベルモントダービーSでついに…

【Winning Post 8 2017】1990年(史実馬ロストプレイ)

イメージ
今年は秘書の交代時期でしたがノエルを続投。やっぱりノエルはかわいい。

ランニングフリーが「最強ステイヤー」として殿堂入りしたので、秘書チャレンジ「自家生産の殿堂馬(称号あり)」を達成。
須田氏には強化トレーニングのメニューの併走(2頭)を教えてもらいました。縦列とは違い、こちらは勝負根性も鍛えられるそうです。やはり3頭もあるのでしょうか。

今年は久しぶりに海外馬を購入。買ったのは☆エーピーインディです。例によって8歳まで現役を続けさせる予定です。


金のお守りが結構減ってきたなあ。ところで今年からノエルの衣装を四季衣装に変更しました。やっぱりノエルはかわいい。YNK。

フェブラリーSでクラブのスイフトセイダイが勝ったので、クラブUMAとしてGⅠ初制覇となりました。


こ、こらっ、余計なことを言うな!
タイミングよく鳳雅臣が間に入ってくれたので、惨事は回避?


ちゃらちゃらしているようで、実はお主、できるな。

今年の2歳馬で須田氏の一押しはセキセイリコール(ダミスター×ミレニアムプロミス)。

初めて噂の大レース、ペガサスワールドカップにサンデーサイレンスで挑戦しましたが、イージーゴア(アリダー×リラクシング)の4着。登録時に登録料は1億円かかるって、いちいち念を押されるんですね。所持金が少ないときにしか訊いてこないないようには……しないよなあ。(諦め)
イージーゴアにはドバイワールドカップでも負けてしまいました。

4月にはシマウマ(縞毛)が誕生しました。


これは……思っていたよりもグロいです。シマウマ18頭立てのレースとか、あまり見たくない。(笑)
このハーバープレイス90(父ファーディナンド)は、牧場長○の河童木&美香◎と期待できそうです。目指せシマウマの星!

その他は年末に買ったパシフィカスから☆ビワハヤヒデも誕生。こっちは普通の毛色です。ロストしているのは、ナリタタイシンウイニングチケットユキノビジン(サクラユタカオー×ファティマ)など。
海外でもダンシングブレーヴの現役続行に伴い、コマンダーインチーフ(ダンシングブレーヴ×スライトリーデンジャラス)やホワイトマズル(ダンシングブレーヴ×フェアオブザファーズ)らもロストしています。

そしてサクラユタカオーの妹のアンジェリカ90(父ファーディナンド)の評価額が2億400万円となり「評価額2億円以上の幼駒生産」の秘書チ…