投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】2002年(史実馬ロストプレイ)

イメージ
セキセイファームの牧場長を牧野良夫氏に交代。もちろん娘二人を登場させるためです。


今年は海外馬の☆カインド(デインヒル×レインボウレイク)を購入。2008年生まれのフランケル(父ガリレオ)の母です。

セキセイアイルはペガサスワールドカップを連覇しましたが、ドバイワールドカップには選ばれませんでした。日本代表はクラブのアグネスデジタル1頭が選ばれ、なんと勝利していました。


去年の柵越え馬の2歳牝馬セキセイアレグロ(ストライプス×セキセイカーソン)を須田氏が注目馬として取り上げました。
そして4月には一等星イベントで☆ディープインパクトが誕生。イチ押し3つの圧巻の評価でした。


今年の種付けでは8頭をロストさせました。相変わらずサンデーサイレンス産駒が多いです。
アドマイヤキッス(サンデーサイレンス×キッスパシオン)アドマイヤムーン(エンドスウィープ×マイケイティーズ)アドマイヤメイン(サンデーサイレンス×プロモーション)オンファイア(サンデーサイレンス×ウインドインハーヘア)フサイチパンドラ(サンデーサイレンス×ロッタレース)マツリダゴッホ(サンデーサイレンス×ペイパーレイン)マンハッタンセレブ(サンデーサイレンス×サトルチェンジ)メイショウサムソン(オペラハウス×マイヴィヴィアン)

今年☆ディープインパクトを産んだウインドインハーヘアは分場ではなくセキセイファームにいます。
その他にはガリレオ産駒やクロフネ産駒も生まれてきません。シックスティーズアイコン(ガリレオ×ラヴディヴァイン)、レッドロックス(ガリレオ×ファーマシスト)などがいます。

5月に牧野氏の娘の若葉ちゃんが花壇のところにやってきました。


ノエルも可愛いですが……口調、変え忘れてるよ!

春のクラシックではセキセイテイオーが2冠達成。またそのライバルとなるであろうシンボリクリスエスは何とか春に重賞を勝って、武騎手に乗り替わってイギリスダービーに。あまり期待せずにいたら欧州2冠を達成してしまいました。

久米騎手のままだったクロフネはアジア・マイル・チャレンジ2勝にとどまりました。またガリレオはドバイや香港を転戦後、宝塚記念で久々に久米騎手を乗せましたが、タップダンスシチーの2着でした。

9月、☆キングカメハメハが柵越え。そしてロンギ場付近で双葉ちゃんが登場。


牧野パパの役割、もう済んじゃったんですが……

3冠の…

【Winning Post 8 2017】2001年(史実馬ロストプレイ)

イメージ
今年も年頭にクラブ代表の江奈が、クラブ日本一と最優秀馬主賞受賞の報告に来ました……が、これって初回達成時だけじゃなくて毎回来るのか。ちょっと鬱陶しいなあ。


今年は行けると思うよ!

ダートにも挑戦の1998年の2冠牝馬セキセイアイル(カコイーシーズ×ビューティープレイ)がレッドブリット(アンブライドルド×カーゴ)に競り勝ち、ついにペガサスワールドカップを制覇しました。


しかし次戦のドバイWCではリベンジされてしまいましたが。
今年からノエルの衣装を四季衣装2017にしていますが、なんて格好をしているんだ、この子は……

ガリレオはなんとか皐月賞を勝って、鞍上の久米騎手は初のGⅠ制覇を果たしました。


次走はイギリスダービーにしましたが、さすがに武騎手に変更しました。久米騎手はクロフネでNHKマイルカップも勝利。同馬は一時はケンタッキーダービーも考えましたが、春先に試しに出した米国のGⅢで負けたので、国内路線に変更しました。

アオチューキュートは牝馬限定のGⅢを3連勝してヴィクトリアマイルに臨みましたが4着と、力不足は否めません。

皐月賞馬不在の日本ダービーでUMAのダンツフレーム(ブライアンズタイム×インターピレネー)が優勝。すると鳳雅輝がのこのこと牧場に現れましたが、去年示し合わせたようにカンナも登場。


ついに和解を果たした二人。そして翌週、なぜか舞台はハワイに――


ハワイでも格好が変わらない末弟・雅臣へのメタ発言も飛び出す中、三人はハワイを満喫したそうです。


さて、今年の種付けではキズナの父であるディープインパクト(サンデーサイレンス×ウインドインハーヘア)を確保。
一方で種付けでロストさせるのは4頭。
アドマイヤジャパン(サンデーサイレンス×ビワハイジ)エアメサイア(サンデーサイレンス×エアデジャヴー)シックスセンス(サンデーサイレンス×デインスカヤ)スズカフェニックス(サンデーサイレンス×ローズオブスズカ)
その他に消える馬はというと、国内ではカネヒキリ(フジキセキ×ライフアウトゼア)、ヴァーミリアン(エルコンドルパサー×スカーレットレディ)、ラインクラフト(エンドスウィープ×マストビーラヴド)、シーザリオ(スペシャルウィーク×キロフプリミエール)ら。

さらに海外でもモンジュー不在によりハリケーンラン(母ホールドオン)、スーパーホース・ミライの母であるトレヴの父モティ…

【Winning Post 8 2017】2000年(史実馬ロストプレイ)

イメージ
ようやくミレニアムを迎えました。秘書交替の時期でしたが、ノエル続投。
そしてUMA代表の結城江奈が最優秀馬主賞を受賞した報告に来ました。


また秘書チャレンジ「クラブ馬主の最優秀馬主賞受賞」も達成したことになりました。


さらに鳳雅臣とカンナの姉弟も祝福に来てくれましたが、珍しくしおらしいカンナ。


その後なぜかカンナが兄の雅輝に日頃の感謝を伝えるために一肌脱ぐことになってしまいました。具体的に何をすればいいかというと、クラブの所有馬でダービーを勝つことなのですが、これは言い換えれば、所有馬でクラブの馬を負かさないようにしなければならないということです。


UMAの会員数は順調に増加の一途をたどり6万人突破。如月さんも会員になりました。


ということはMy牝系の馬かな。もう自牧場にアンジェリカ系の牝馬はおらず、ひっそりと続いている状態です。あとで買ってこなきゃ。……一から新しいのを作った方がいいかもしれませんけどね。

今年初めてお守りボーナスで金札5枚をはたいて「牡牝の産み分け」をやりました。


生まれてきたのはトウカイテイオーの仔です。秘書チャレンジの「トウカイテイオーの仔で牡馬3冠制覇」を狙えるでしょうか。実はこの一つ上の全兄も結構いい感じです。


今年は世界頂上決戦の米国ラウンドですが、やはり気が向いたら出走させるスタンス。

今年の種付けでロストさせる2001年生まれの馬は全10頭。
グレイトジャーニー(サンデーサイレンス×アンブロジン)コスモバルク(ザグレブ×イセノトウショウ)シーキングザダイヤ(ストームキャット×シーキングザパール)スイープトウショウ(エンドスウィープ×タバサトウショウ)ダンスインザムード(サンデーサイレンス×ダンシングキイ)ハットトリック(サンデーサイレンス×トリッキーコード)ハーツクライ(サンデーサイレンス×アイリッシュダンス)ポップロック(エリシオ×ポップス)マンハッタンフィズ(サンデーサイレンス×サトルチェンジ)レクレドール(サンデーサイレンス×ゴールデンサッシュ)

その他には親馬不在のダイワメジャー(サンデーサイレンス×スカーレットブーケ)やデルタブルース(ダンスインザダーク×ディクシースプラッシュ)なんかも消えます。

さて日本ダービーはセキセイオール(ポリッシュネイビー×オールナディア)がクラブの馬を抑えて2冠達成。鳳兄妹の和解は先送りに……