【Winning Post 8 2017】2011年(史実馬ロストプレイ)

現役最後の年となるであろう、5歳のアオチューチャン。今年は大阪杯1着~天皇賞(春)5着から、ファン投票8位で宝塚記念へ。万全を期して他の所有馬は全て回避させましたが、レースはクラブの昨年の3冠馬のサンダーオフを抑え、ついにグランプリを初制覇。


レース後は特性「男勝り」と「根幹距離」を獲得しました。って後の方はイラネ。

少し時計の針を戻して、今年の種付けでは6頭をロストさせました。
  • キタサンブラック(ブラックタイド×シュガーハート)
  • サトノクラウン(マージュ×ジョコンダ)
  • ショウナンアデラ(ディープインパクト×オールウェイズウィリング)
  • ダノンプラチナ(ディープインパクト×バディーラ)
  • ミッキークイーン(ディープインパクト×ミュージカルウェイ)
  • リアルスティール(ディープインパクト×ラヴズオンリーミー)

他にはドゥラメンテ(キングカメハメハ×アドマイヤグルーヴ)、シュヴァルグラン(ハーツクライ×ハルーワスウィート)、レッツゴードンキ(キングカメハメハ×マルトク)、クイーンズリング(マンハッタンカフェ×アクアリング)なども生まれてきません。

オルフェーヴルは順調に2冠を制覇。
またアオチューチャンの全弟のセキセイギア(ミホシンザン×セキセイプロミス)は米国のクラシックへ。初戦のケンタッキーダービーでアニマルキングダム(ルロワドサンモー×ダリシア)に敗れてしまったので、2戦目を飛ばしてベルモントSへ。こちらではアニマルキングダムの3冠を阻止し溜飲を下げました。

3歳ではもう一頭、デインドリームは欧州に遠征し、馬主としても初となる欧州オークス3冠を制覇しました。


この田村師は、それまで懇意にしていた調教師の引退による転厩もあり、開業直後からの付き合いで、シーザスターズスノーフェアリーも預けて遠征しまくっている結果、「海外遠征」が付きました。

秋になってセキセイスイセイ10(父ストライプス)が柵越え。この馬は有馬桜子も見とれるほどの馬体の持ち主です。

2歳のマシュマロは3戦目にして初勝利を上げましたが、今年はこの1勝のみ。やっぱり厳しいです。毎回1番人気と、人気はあるんですけどね。

ルートリッチの課題、米国スプリントに挑戦中のセキセイローレルは3歳ながらも古馬を相手に、8月2週A.G.ヴァンダービルトH、10月3週のサンタアニタスプリントSを勝ち、対象レースを2勝と、一年目はまずまずの結果でした。


オルフェーヴルは菊花賞は大差勝ちで3冠達成。もはや同世代に敵なし。他の史実馬はフェイトフルウォー(ステイゴールド×フェートデュバン)の8着が最高という顔ぶれでした。これにはノエル姫もにっこり。


セキセイギアは強敵のゲームオンデュードを破ってBCクラシックを制覇。米国GⅠ4連勝となりました。

アオチューチャンは天皇賞(秋)も勝ってジャパンカップへ。これも難なく勝利し4連勝となり「連勝街道」も獲得。最終決戦へ向けて準備は万端です。
そして有馬記念のファン投票は、今年ペガサスワールドカップなどを勝っているセキセイホークに次ぐ2位となりました。


昨年の二の舞だけは避けたいので所有馬は全て回避。ファンからすればちょっとどころかかなり寂しい有馬記念となってしまったかもしれませんが、イベントの成功がかかってるんです! 最後のチャンスなんで勘弁してください!(笑)


結果は工作が実って見事にアオチューチャンが1着。イベント成功に、秋古馬3冠のおまけも付きました。


これでアオチューチャンは引退して繁殖入り。みんなの期待はその仔たちに託されることとなります。後で3つ目のMy牝系に登録してみました。前の2つはちょっと駄目そうなんで。(小声)

今年の成績は72勝(GⅠ38、重賞57)の75億8950万円で1位。牧場は140勝(GⅠ32、重賞65)の85億346万円で1位と、ともに大幅に数字を伸ばしました。


年度代表馬はアオチューチャン。そしてセキセイギアも米国の年度代表馬に。またBCフィリー&メアターフも勝ったデインドリームが米欧の最優秀3歳牝馬に選ばれました。

殿堂馬はアオチューチャンが「最強馬の系譜」。


来年デビューはキズナら全5頭。キズナは秘書チャレンジの「キズナの仔で父仔ダービー制覇」があるので、まずはダービーを勝たせなくてはなりませんが、まあ、エピファネイアラストインパクトもいませんしね、ニヤリ。
もっと高いところ、3冠+100選入りを目指しましょう。トレヴがロストしてるので、その仔の方が問題なんで。

血統関連のニュースとしては、今年でストームキャット系が親系統に昇格した一方で、ハイペリオン系が滅亡しました。


『Winning Post 8 2017』 (C) 2014-2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

コメント

読まれている記事