投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】2027年

イメージ
1月2週のフェアリーSを3歳牝馬のセキセイレイン(エクセレブレイション×セキセイメリー)が勝ち、アオチューチャン系の「母仔3代重賞制覇」を達成。
能力的には劣っている馬なので、早期デビューの利を生かしてクラシックまでに重賞を勝たせておきたかったのですが、7戦目でようやく勝てました。

今年はお守りボーナスの「牧場長の衣装変更(水着)」を実行してみました。ノエルに、このエロジジイ、とか思われてそうです。(笑)


子孫以外の女性牧場長が水着になるそうですが、どうせやるなら徹底して子孫と男性もなってくれないとなあ。しかし斜め上を行っているというか、さすがの私もこれは思いつきませんでした。

米国の1歳牝馬セキセイビーナス26(父セキセイサート)で同世代のリーダーイベント、そして4月にはマルゼンジュニアス27(父ディープインパクト)で暁の馬イベントが発生。父のディープインパクトは元の能力が高いうえに、今いる欧州でディープインパクト系のサヨナラ配合が成立中と、ボーナスステージ状態です。

6月にMy牝系のシュンライ馬のゲルトルートがデビューを迎えました。


母の主戦でもあった中山和香菜騎手を背に、1着でゴール板を駆け抜けました。コースポの新馬戦評価も満点で、編集部の太鼓判も得ました。


9月、やはりディープインパクト産駒のセキセイマリー26が柵越え。
そしてサマー2000でセキセイウインドが優勝し、アオチューチャン系初となる「サマー2000シリーズ制覇」を達成。


同馬はこれで春から重賞4連勝となりましたが、GⅠにはわずかに手が届かず。

去年一昨年とGⅠを勝ちながらもブログ的には目立たなかった5歳のセキセイエルドラド(キズナ×オヒアレフア)は秋から海外へ行き、凱旋門賞~BCターフなどを勝利。

ゲルトルートは11月のクリテリウムドサンクルーでGⅠを勝って、異国の地でGⅠ馬に。またアオチューチャン系の「母仔3代GⅠ制覇」の達成となりました。


さらに年末にはホープフルSも勝利。春雷イベントの第一関門である来年の桜花賞は距離が短いのが気がかりですが、長いよりは短い方が実力でねじ伏せられるかもしれません。

その他のMy牝系の馬はというと、6歳のセキセイエリザベスは秋に米国でGⅠ馬になり引退。5歳のセキセイエイジは重賞3勝。
そして2歳牝馬のセキセイアヤメ(ダノンレジェンド×セキセイフローラ)は地方G…

【Winning Post 8 2017】2026年

イメージ
昨年の有馬記念でセキセイノーブルが秘書チャレンジの「サマーマイル優勝馬による同一年有馬記念制覇」を達成しました。
特にモデルとなった馬はいないと思うのですが、いったい何がこのチャレンジ内容の元となったのでしょうか。案外適当に決めただけという気も……


8歳になったカマッテチャンは、4歳から続くペガサスワールドカップ~フェブラリーS~ドバイワールドカップというローテの5連覇に挑みましたが、フェブラリーS時のコースポでは……


四人が四人とも「これを勝って4連覇」という風に間違えています。校閲部仕事しろ。
カマッテチャンはそんなことは我関せずと、上記レースの5連覇を達成。


もう下降線もいいところなので、夏はまるまる休んで秋のBCクラシックへ直行することに。

今年の井坂氏の注目馬は巷と同じセキセイワルツ(ナチュラルルック×セキセイビリーヴ)。しかしクラシックには行かず、代わりに欧州牡馬マイル3冠を達成しました。


距離適性がせめてダービーの距離がこなせるくらいまでというのも、選出の条件に入れておけばいいのにと思います。アオチューイベントの対象馬にも同じことが言えますが(こちらは馬場適性も)。

またセキセイナインがアジア・マイル・チャレンジの完全制覇を達成。去年一昨年と他の所有馬の完全制覇を妨害していた安田記念では逆の立場となりましたが、所有馬4頭出しの中を勝ち抜けました。

お守りが貯まってきたので、お守りボーナスを見ていたら「海外種牡馬に種付け」というものがありました。


国内の牧場は種牡馬施設を拡張するとできるようになりますが、海外牧場ではできません。これを実行すれば、海外牧場でも他エリアの種牡馬を種付けできるようになるというものです。
サヨナラ配合狙いの時などに使えそうですが、特に目当ての配合がなくても、もう金のお守り3枚はすぐに貯まるし、これといった使い道もないので、毎年実行してもいいかも。ノエルたちと温泉行きたいなら話は別ですが。(笑)

仔馬関連では今年生まれたオヒアレフア26(父ディープインパクト)で一等星イベント発生。そして1歳になった春雷イベントのセキセイプリンセス25で同世代のリーダーイベント、さらに8月5週には春雷イベントの続きが。


仔馬の評価印は長峰以外がイチ押しマークが付いています。
また同じ父のデインドリーム25(父セキセイテイオー)が柵越え。

7歳の牡馬

【Winning Post 8 2017】2025年

イメージ
My牝系初の3冠牝馬であるセキセイプリンセスの初仔(父セキセイテイオー)が生まれる折に春雷イベントが発生。


イベント発生条件に国内牧場以外に勝ち鞍が牝馬3冠(牝馬GⅠ完全制覇)の繁殖牝馬がいないことが含まれているので、同条件を満たしている一つ上の世代のセキセイリリックを敢えて海外に移動させていました。やはりイベントを起こすのならば、My牝系の馬で行きたかったですし。

そして6月にはどこかで聞いたようなエピソードが日高さんの口から語られました。


今年はオヒアレフアの仔のセキセイスポット(父シーザスターズ)がアジア・マイル・チャレンジを3勝。最後の安田記念で同馬の完全制覇を阻止したのは、去年に続きカマッテチャンの全弟のセキセイナインでした。すっかり困ったちゃんになっています。(笑)

カマッテチャンはペガサスワールドカップやドバイワールドカップを4連覇などで、いまだ無敗を継続。秋にはBCクラシックを勝って、ついに総賞金がカンストしました。


セキセイナインは安田千六の応援を背に受け、マイルCSで芝短距離GⅠ完全制覇に臨みました。


達成しても勝ち鞍は「春秋マイル制覇」「春秋スプリント制覇」の合わせ技で、「芝短距離GⅠ完全制覇」とはなりませんでした。距離上限が伸びたので、来年はこの馬でアジア・マイル・チャレンジへ挑戦してもいいかもしれません。

今年は世界頂上決戦の年でした。
初戦のケンタッキーダービーは、去年BCジュヴェナイルを勝利した米国のセキセイロッキー(ノンコノユメ×メイビー)が優勝。ノンコノユメの産駒がケンタッキーダービーを勝つとは……夢は叶いましたか?


現実にはせん馬になったノンコノユメですが、現役時にはクラブの馬だったので難?を逃れました。

その後はプリンスオブウェールズS~サセックスSとローテーションにも恵まれ、欧州のセキセイシーが連勝し、順調なスタートを切ったかに見えましたが、2歳戦が牝馬限定のモイグレアスタッドSで、唯一の2歳で芝適性の牝馬だった米国のセキセイピース(セキセイオール×セキセイミラー)のデビューが1週だけ間に合わなかったために遠征できず、またライバルたちも出場なしという結果に。


セキセイピースはその後BCJフィリーズターフを勝っただけに、間に合っていたら勝機もあったと思うのですが、残念な結果になってしまいました。
結局今回は5勝を挙げ優勝しましたが、…

【Winning Post 8 2017】2024年

イメージ
水着ノエルと海外旅行。その訳は――


5月2週のイギリス2000ギニーで欧州の3歳牡馬セキセイシー(グレンイーグルス×エゾテリック)が勝利し、ようやく海外主要GⅠ全制覇を達成。
祝賀パーティーで多くの人に祝福された後、戦ぱ……スタッフロールも流れて恒例の慰安旅行へ向かったのでした。


なんでこんな変則的な書き方をしたかというと、ちょっと前からブログのテーマをContempoという今風のやつに変更したんですが、記事一覧の左に出るサムネイルが1枚目の画像なんですよね。だから普通に1月から書いていくと、水着ノエルじゃなくて、祝永とかになっちゃう。(笑)

おまけで秘書チャレンジの「海外主要GⅠ全制覇」のアナウンスも。


さて1月に戻りまして、昨年末にセキセイプリンセスが「芦毛の女王」として殿堂入りしたので、アオチューチャン系の「殿堂馬(称号あり)」の偉業を達成。また3歳馬のセキセイアイズがスプリングSを勝って、同系の所有馬の重賞100勝目。ともに祝永が来たけれど画像は割愛です。(笑)

今年は欧州のボタンファームでメリーゴーランドが完成。


ヨーロッパなだけあって、3つの中で一番オーソドックスなものでした。
下の方で小さく天城さんが言っていますが、今年、秘書チャレンジ「同一年欧州牡牝マイル3冠」を達成しました。牡馬は前述のセキセイシー、牝馬はセキセイミリオン(ロードシャナキル×ビーミネルバ)です。


他の馬たちはというと、カマッテチャンはペガサスワールドカップ~ドバイワールドカップまでを3連覇。
欧州のセキセイスバルはアジア・マイル・チャレンジ3勝。最後の安田記念は、カマッテチャンの全弟で短距離エースのセキセイナイン(シルバーチャーム×カレンチャン)に敗れてしまいました。

スーパーホースのテイクオフタイコンデロガエグゼキューションをフル稼働して海外遠征していた森下昌恵騎手は、夏に特性「海外遠征」を獲得。


ほとんどGⅡやGⅢだったので通算GⅠはいまだ3勝です。なんとなくスーパーホースを殿堂入りさせたくなかったのでGⅠを避けていましたが、GⅠの方が得られる経験値が多いとかはあるんでしょうか。同時に「大レース」の経験値を得られるというメリットはありますが。

秋になって欧州のワイドリコール32(父オールストロング)が柵越え。そしてメイビー23(父セキセイサート)で勇敢な馬イベントが発生。