投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1994年)

イメージ
史実馬のニシノフラワー(マジェスティックライト×デュプリント)やトウケイニセイ(トウケイホープ×エースツバキ)の活躍で、昨年クラブのNOELが最優秀馬主賞を獲得しました。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1993年)

イメージ
ノエルダンジグの種付けで完全型活力補完が成立するようになっていました。ノエル側のマンノウォー系とハイペリオン系が零細血統になったためです。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1992年)

イメージ
昨年末にダンジグが子系統を確立したので、ノエル系の種付けに変化が。
ノエルダンジグの種付けでは配合理論にシングルニックス(×2)が増えただけですが、その仔たちは母父○(×4)に加え大種牡馬因子も1つ増加します。

【Winning Post 8 2017】カブラヤオーの仔で牡馬3冠制覇

イメージ
秘書チャレンジの中で、その内容に加えて時間制限もあるということで、屈指の面倒くささと思われる「カブラヤオーの仔で牡馬3冠制覇」ですが、何度か挑戦してみたので、(参考になるかどうか甚だ疑問ですが)ここらでまとめておこうと思います。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1991年)

イメージ
ノエル計画の父シーキングザゴールドの牡馬クラウンジョニー91が誕生。印は秘書のみが◎ですが、とりあえず所有して種牡馬入りをさせる予定。ちなみにグリークジュニアス91も牡馬で誕生していますが、こちらは無印です。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1990年)

イメージ
3歳になったノエルフォーチュンはもともとの能力は低かったものの調教で力を付け、2歳時には重賞も勝ちましたが、これは坂越あずさの理想とする形に近づいた様子。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1989年)

イメージ
去年のオグリキャップに続き、今年はイナリワン(ミルジョージ×テイトヤシマ)の中央移籍のイベントが発生。もっともこの時点で結構使い倒されているので、走れるのは今年いっぱいという感じです。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(1988年)

イメージ
新年早々、ノエルが笠松の怪物、オグリキャップ(ダンシングキャップ×ホワイトナルビー)の話を振ってきました。