投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2015】2052年

イメージ
昨年末、響が最多勝利新人騎手賞を受賞しました。と言っても表彰式では特に言及されておらず、年明けに言われて初めて知った始末でしたが、とにかく、これは一族初のことでした。


その後は特筆すべきこともないまま4月に。響が今年生まれた仔馬を見に飛んできました。


お目当てはユースフルデイズの仔であるセキセイカレント52


種牡馬マークがいっぱい付いています。ユースフルデイズはこれからもいい馬を出してくれるかも……!?

その後はセキセイエンペラーがアジア・マイル・チャレンジに3勝したり、セキセイシンセイキが天皇賞(春)~宝塚記念と勝って、KGⅥ&QESに遠征(3着)したりしましたが、その他にはやはり特筆すべきこともないまま9月に。
1週にはセキセイジョイ51(父セキセイジャパン)が柵越え。そして翌週のセントウルSをセキセイミスワキ(セキセイラック×セキセイマッチ)が勝ち、これがデュプレ系の所有馬による初の母仔3代重賞制覇でした。


同系はここしばらく年間勝利数400勝を超えるまでになっていましたが、ようやくの目標達成となりました。主流牝系への道はまだまだ続く……

セキセイジョイ51の全姉である2歳のダート馬セキセイペガサスでエーデルワイスS~兵庫ジュニアグランプリを連勝すると、主戦の響が調教師とともに牧場にやって来ました。


今年の日本の2歳馬はダートでそこそこいけそうな馬が揃っているため、ローテに四苦八苦して芝レースも使う羽目になっていました。中でも一番の有望株がセキセイキラー(セキセイヘラクレス×セキセイダリア)で、BCジュベナイルフィリーズにも勝ちました。


主戦の響でなくてメグを乗せたように、まだ彼は信用されていません。(笑)でもこの後ちゃんと全日本2歳優駿で勝ちましたよ!

BCクラシックは、今年はイノセントワールドのように絶対的存在がいなかったため、ラストステージを遠征させるも4着。しかし次戦のジャパンカップは連覇達成。
今年の有馬記念もくるみが応援に来ましたが、彼女の声援に応えるかのように、1着セキセイシンセイキ、2着ラストステージなど、上位を所有馬が独占しました。


今年は135勝(GⅠ42、重賞99)の86億4767万で1位。牧場も86勝(GⅠ25、重賞40)の46億518万で1位。
年度代表馬は国内GⅠ4勝を挙げたセキセイシンセイキ。そして米国でリーディングサイアーにな…

【Winning Post 8 2015】2051年

イメージ
今年は1月1週からイベントがてんこ盛りです。まずは昨年末に引退した種牡馬セキセイキャンドルについて。


そしていよいよ今年から騎手デビューの長男・響がやって来ました。そして更に訪問者が――


ま た お 前 か !
言っていることは一度目の訪問と大体同じです。一度で済ませようよ。
そして昨年セキセイスロットルがラヴコネクション系で初めて秋古馬3冠を達成したので、如月さんと祝永氏が来訪。


1月2週には響が同期騎手を紹介しました。なんだか無理に言わせている感がします。(笑)


そして翌週のGⅢ京成杯で響が所有馬に初騎乗。実は前週の新馬戦にも騎乗依頼をしていたんですが、断られました。(笑)


レースはというと最後の直線前から早くも先頭に躍り出て、4馬身差の完勝でした。


因みに作戦は追込の指示でしたが……ともかく初勝利を重賞で飾るという、武幸四郎騎手を彷彿とさせる快挙達成でした。


結局最初のひと月で勝利はこの1勝のみ。


しかし2月4週のダイヤモンドSにセキセイウェーで勝ち、早くも重賞2勝目。この馬で長距離のGⅠを稼げそうです。
フェブラリーSでイノセントワールドが5連覇達成。響の馬は3着と健闘。イノセントワールドはドバイワールドカップも5連覇。
響もこの遠征に帯同し、セキセイウェーでドバイゴールドCに、セキセイクレッセ(インターキャット×マイネボール)でドバイワールドカップに出ましたが、ともに勝利ならず。

そして天皇賞(春)は1番人気のセキセイウェーで楽勝と思いきや、外国馬に足元を掬われて2着。しかし次走のゴールドCでついに1着。海外GⅠ初勝利のおまけも付きました。


そしてレース後――


馬の名前を間違えています。一度も乗せたこともないのに、どこから名前が出てきたのでしょうか? 翌週には桜子が登場。家族関連は桜子の担当のようです。


さて、そのセキセイスロットルはというと、宝塚記念に勝利した後、米国に遠征し引退です。
お盆には響が2歳馬を見に牧場にやって来ました。どうやらセキセイドリーム(セキセイラガー×セキセイゼット)が気に入ったようです。覚えていたら乗せてやろうと思います。デビュー遅めなので忘れる可能性大ですが。(笑)


今年は画像の枚数がかさんでいるので(?)、さくっと秋~冬を振り返ると、ラストステージがジャパンカップに勝って、久しぶりに芝の大レースに勝利。強制引退間近のイノセ…

【Winning Post 8 2015】2050年

イメージ
今年中学一年になる蒼に「気まぐれ」の特性が付いていました。あんまり良いイメージは湧きませんが、どういう効果があるのでしょうか?


そしてエリカ嬢の衣装を今年から四季衣装に変更。

2月4週、去年の菊花賞の勝ち馬セキセイウェーが3400mの長丁場のダイヤモンドSを勝利。すると応援に来ていた響が――


感動のあまりおかしくなっているようです。って、子供の観戦レースでのGⅠ云々は、どう考えてもバグだよなあ……2016も出たのでもう修正されることもなさそうですが……

3月3週、セキセイダリア49(牡、父セキセイビーム)で負けん気の強い馬イベントが発生、この馬には有馬桜子も注目で、印は長峰以外◎です。サーゲイロード系は全地域で2頭だけなので、早くも将来の繁殖入りを期待してしまいます。


今年もイノセントワールドがフェブラリーS~ドバイワールドカップと連勝。もう毎年同じローテなので、あまり面白味もありませんが……。

そしてセキセイウェーが天皇賞(春)~4000mのゴールドCとGⅠを連勝。後者は大差勝ちで超長距離にはもう敵はいない感じです。

9月セキセイゼット49(父セキセイラガー)が柵越え。そしてサマーマイルシリーズで晩成馬のセキセイエンペラー(マリンサイレンス×エトワールアピール)が優勝。

菊花賞ではアトミックハート産駒でMy牝系のデュプレ系というCPUの2冠馬マイネルライジングの3冠阻止のため、牝馬のステイヤー・セキセイシンセイキ(セキセイカップ×セキセイダイアナ)を刺客として送り込み、見事ライバルを大差の2着に抑える完勝でした。


イノセントワールドはBCクラシック3連覇、チャンピオンズCは1.46.8の日本レコードで5連覇を達成。前人未到の6連覇までいよいよあと1勝です。しかし2、3着には3歳の所有馬が入ったので、まだまだ下剋上の可能性もあります。
そして気付いたら賞金は62億円超え。歴代記録を更新していました。ちなみに2位はデネブの55億5630万円です。


ジャパンカップでは天皇賞(秋)を勝ったセキセイスロットル(カリビアンシャドー×ラヴコネクション)が勝ち、これが同牝系のレース初勝利。


また阪神JFではその半妹のセキセイトウコウ(父タイキラブウエイ)が勝ち、木戸飛鳥調教師がGⅠ初勝利でした。


そして有馬記念はセキセイスロットルが勝ち、秋古馬3冠を達成しましたが、これもラヴコネ…