投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2059年)

イメージ
後継者の虎六郎のお気に入りの馬であるノエルシックスは、チューリップ賞勝利後、桜花賞へ。猛烈な追い込みを見せてGⅠ初勝利を挙げました。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2058年)

イメージ
分場の牧場長を坂上雲仙に交替しました。そのヒメカミファームでは、4月にノエルケーキ58(父ヒメカミバック)で一等星イベントが発生。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2057年)

イメージ
昨年末に引退・殿堂入りし今年から種牡馬となったヒメカミアスターに、やはり今年から開業した三条メグ調教師が会いに来ました。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2056年)

イメージ
今年は米国のプリンセスファームの牧場長を、牧野若葉からウィルガストに変更しました。シリーズを通して、普通のプレイで選んだのは初めてだと思います。

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2055年)

イメージ
桜花賞でノエルファーム産のノエルクレバー(ラージャスターン×ノエルエスケープ)が優勝。これにより牧場長のシエルは、牝馬クラシックを3つとも勝ったことになり、一族初の「牝馬3冠ブリーダー」となりました。そしてこれで家系マスターの達成率が50%に到達。