投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】2027年

イメージ
1月2週のフェアリーSを3歳牝馬のセキセイレイン(エクセレブレイション×セキセイメリー)が勝ち、アオチューチャン系の「母仔3代重賞制覇」を達成。

【Winning Post 8 2017】2026年

イメージ
昨年の有馬記念でセキセイノーブルが秘書チャレンジの「サマーマイル優勝馬による同一年有馬記念制覇」を達成しました。

【Winning Post 8 2017】2025年

イメージ
My牝系初の3冠牝馬であるセキセイプリンセスの初仔(父セキセイテイオー)が生まれる折に春雷イベントが発生。

【Winning Post 8 2017】2024年

イメージ
水着ノエルと海外旅行。その訳は――

【Winning Post 8 2017】2023年

イメージ
1月1週にUMA代表の天本さんがやってきました。はいはいクラブ日本一の報告、報告……って3冠かよ! それ、もう聞いたから。どうやら3冠馬がGⅠを勝つと起きるようで、その後何度も聞かされる羽目に。

【THE ATLAS】イヴラークの骨

イメージ
ちまちまとプレイしていて、先日やっとイヴラークの骨を見つけました。といっても『1469』でもなければ『Neo』でもありません。『THE ATLAS レジェンドパック』の『THE ATLAS』の話です。

【Winning Post 8 2017】2022年

イメージ
去年馬主の年間最多勝利を達成するなど、「馬主3冠(本年勝利、賞金、重賞勝利1位)」の秘書チャレンジをクリアしました。

【Winning Post 8 2017】2021年

イメージ
今年誕生の仔馬の話から始めますが、セキセイブリーズ21(父ビッグブラウン)で一等星イベントが発生。しかし印はそれほどでもありませんでした。そしてオヒアレフアの初仔オヒアレフア21(父シーザスターズ)が誕生。

【Winning Post 8 2017】2020年

イメージ
今年のドバイワールドカップには、ペガサスワールドカップを勝った8歳のセキセイシンボルと、去年の東京大賞典~川崎記念と連勝中のセキセイアトラクト(キズナ×タケアトラクト)が選出されました。