投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

【Winning Post 8 2017】2019年

イメージ
昨年末にユキチャンの仔のセキセイオトヒメが東京大賞典を勝ったので、シラユキヒメ系の「母仔GⅠ制覇」を達成。

鳳の馬のオオトリウインザー(セキセイベット×チアズグレイス)と獲得賞金の勝負をしているセキセイビーナスは1月にようやくデビュー。4月4週のフローラSを勝って逆転すると、オークスも勝って突き放しました。


My牝系アオチューチャン系のオークス馬はこれで3頭目です。娘たちはやはり菊花賞を勝った母譲りのスタミナを持っています。

オヒアレフアは今年はアジア・マイル・チャレンジを完全制覇。そして去年グローバル・スプリント・チャレンジのボーナスを獲得したセキセイタップは6月3週に早くも3地域で勝利。さらに夏のイギリスで連闘も含めて3連勝を果たすなど、今年は全8戦の完全制覇を目指します。


海外牧場ではちまちまと施設を建設していますが、国内で作っていなかったウォーキングマシーンを作ってみました。2つ作るかどうかはまだ決めていません。


しかし建設するのが面倒すぎます。いちいち移動して画面を切り替えなくてはなりませんし。

欧州では初の所属馬のセキセイドリームが無敗で欧州オークス3冠を達成。そしてオルフェーヴル産駒のビギナーズラックは満を持して欧州へ遠征。凱旋門賞の前哨戦のインターナショナルSではカマイタチを破りました。

9月。セキセイスイセイ18(父ストライプス)が柵越え。有馬桜子も推賞のこの馬は、母は産駒のGⅠ勝利が79勝の名牝で、評価額が9億9900万円です。


クラブにやったらやっぱり売れないよなあ。

ビギナーズラックは凱旋門賞でもカマイタチチャーチルを寄せ付けず「オルフェーヴルの仔で凱旋門賞制覇」をクリアしました。これで血統指定のある秘書チャレンジは全てクリアしたことに。残りはのんびりやっていきます。


セキセイビーナスは母同様に菊花賞へ行くも、クラブのロシアンルーレットの2着に。しかし賞金は2億6020万円と、約2億円の差で鳳に勝利。

ビギナーズラックはBCターフを勝利し、レーティングは140。また柵越え馬の全兄セキセイシンボルはBCクラシックを勝利。こちらのレーティングは141。

11月に秘書チャレンジ「配合・育成・調教評価平均A以上」の達成のアナウンスがありました。


対象の馬のセキセイフライト(ライオンハート×セキセイアイル)は成長型が早め鍋底で“細く長く”の方針の下、ほぼ地…

【Winning Post 8 2017】2018年

イメージ
これまでは「史実馬ロストプレイ」と銘打って進めてきましたが、これからは普通の架空期間のプレイということになります。敢えて封印してきたノエルとの結婚イベントを進めようかと思ったら、もう結婚については聞かれない年齢になっていたんですよね……
My牝系を伸ばすことを当面の目標にしながら、転生して年齢がリセットされるのを待とうと思います。

さて、最近全く気にもしていなかった名馬100選ランキング。久々に見たら、1位はセキセイギア、2位はセキセイシンザンとなっていました。


以下4位タイキシャトル、5位デインドリーム、6位セキセイテイオーまでが9999点でカンスト。GⅠ勝利数順になっているみたいです。

今年も鳳がやってきて、2歳馬で勝負をすることに。イベントをオンにしたら、毎年のようにやってきています。……やだ、ストーカー?
こちらの代表はセキセイビーナス(キズナ×アオチューチャン)。多分来年デビューですが、今年の分はハンデとしてあげるつもりでいます。

そして架空期間なので海外牧場も本格的に始動。椎野はるかがコースポに記事を載せたと言うから見たら、欧州のボタンファームのみ。ちゃんと仕事しろ。(笑)


1月4週のTCK女王杯でユキチャンの仔のセキセイオトヒメ(父ディスクリートリーマイン)が勝利し、シラユキヒメ系の「母仔重賞制覇」となりました。

そして3月。シュンランことレセディラロナがデビューの日を迎えました。


幸いゲームでのレース中の故障の原因は(史実馬は別として)疲労によるもののみで、現実のように不幸な事故で怪我をしたり命を落とすことはありません。かといってリアルさを追求して完全ランダムで事故が起きたら、果たしてゲームとして面白いかどうか。

レセディラロナは順調に新馬戦、格上挑戦の若葉Sを勝利し、皐月賞へと駒を進めます。

4月。今年はオルフェーヴルの仔の☆インスティンクトが誕生。さらに特別な雰囲気があるというカレンチャン18(父シルバーチャーム)も誕生しました。

そして迎えた皐月賞。レセディラロナは7番人気ながらハナ差でクラブの馬に競り勝ちました。


最高画質でやりたいなあ。手前がクラブの馬で、真ん中がレセディラロナです。
ライバル馬がいないように手配したはずなんですが、この着差。やはりまだ馬体が完成していないということなんでしょう。
ところで勝負服ですが、胸の輪が自分は一つ、ク…

【信長の野望 天翔記】武将がいなくなるまでプレイ

イメージ
今回の目標は「下剋上の世を終わらせる」こと……といったら、普通に天下統一すればいいんでしょうが、今回目指す世の中は支配層のいないユートピア的(?)世界。つまり武将が一人もいない世を目指します。

やり方としては、全国統一しないようにしつつ、他家の武将を根こそぎ減らしてから、自家の武将が天寿を全うするのを見守ることになります。


シナリオは一番開始が遅い関ヶ原の合戦シナリオでは、大名が徳川と豊臣の2つしかないので、1582年の本能寺の変にし、大名は防衛しやすい(と言っても攻める方も強いですが)島津義久。シナリオ設定は超級で死亡頻度を多いにしました。

当初の方針としては、速攻で九州を制圧して、しばらく全国の様子を見守ることにします。
1582年夏には本能寺の変が勃発。最大勢力だった織田家が分裂しましたが、まだ九州には影響はありません。

我が島津家は、島津義弘種子島久時(鉄砲A)らを中心に九州を北上。ライバルだった大友家と龍造寺家が潰し合うラッキーな展開もあって、1586年冬には九州を統一。


翌年には島津義久島津龍伯と改名。
九州を統一したので、あとは引き籠もって内政開発でもしていればいいのですが、防衛のことを考えたら家臣団の戦闘力を一定水準までは上げておきたいし、全国の武将の数も減らしてゆきたいので、隣国にちょっかいを出すことにしました。
この段階で、姫武将も早くも二人も登場。最初は使える手駒……というか華が欲しいので、武将として取り立てています。


能力、特に修得度と兵科適性がえげつないです。兵科適性については大名と同じくらいになるっていうのは、強い家はさらに強くなり弱い家は弱い家のままですので、ちょっとやりすぎの気もします。でも姫が無双するのも面白いですけど。

さて、そんな姫武将を始めとする一門の武将たちを育てるべく、1591年に橋頭堡として海を渡ったところに位置する、長門の且山城と伊予の松葉城を落としました。

1598年までは隣接する毛利家(のちに大名は玉木吉保に)と長宗我部家を攻撃し続け、両家の武将を数人にまで減らすことに成功。
さらに両家を飛び越えて、淡路島の洲本城を拠点に、近畿地方まで遠征することに。


淡路島周辺では途中で捕まえた水軍Aの来島通総能島武吉に鉄甲船を持たせ、さらに鉄砲をBやCに上げた状態で戦闘に参加させ、豊臣家を継いだ藤堂高虎織田信包らをい…