【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2009年)

今年はノエルオリーブ09(父ティービーアイズ)の誕生時に一等星イベントが発生しました。


父がトニービン系の牡馬ですが、トニービン系に関しては、昇格条件を勘違いしたうえ、ここ数年は数少ない有力馬が悉く牝馬だったこともあり、その支配率がじわじわと低下、親系統昇格に暗雲が垂れ込めています。……もっとも昇格させねばならないというような強い理由もなく、子系統確立したついでにやってみるか程度の軽い気持ちでしたが。

ちなみにこの世代、引き継ぎで獲得していた白毛(斑)名鑑を使っています。


ゲームでの白斑馬は初めて見ますが、もうちょっとメリハリがつけられていると思っていました。まあ、あまりそういうことをやり過ぎると牛になってしまいますしね。(笑)

米国3冠馬のヒメカミコートはフェブラリーS勝利後、ドバイワールドカップに無事選ばれ、勝利しました。日本からは他にもスマートファルコンなど3頭が出ていましたが、よく選ばれたな。やっぱりフェブラリーSを勝ったからなのかな。

3月には須田氏が2歳馬のノエルフライヤー(シーキングザセレン×ダークインディア)を注目の2歳馬に選びました。


4月に4歳の晩成馬ヒメカミデジタル(シーキングザセレン×ノエルワルツ)がOP戦に勝って、ノエル系所有馬の1000勝目に到達。同馬その後サマー2000に優勝、更には天皇賞(秋)にも勝利するなど、大躍進しました。


個人的に応援する(?)ことに決めた坂越あずさは、クラブで大儲けしたみたいです。貯金が貯まったので、『2018』でリストラされても平気だね……


今年はアジア・マイル・チャレンジにヒメカミブルックが挑戦するも、2勝止まりでした。
マッチョ軍団の3歳馬マッチョトレスは皐月賞や米国のセクレタリアトSなど今年は夏までにGⅠ3勝を挙げましたが、去年のヒメカミウノ同様に秋には衰えてしまいました。マッチョウノ産駒の傾向があるんでしょうか。

2歳馬はブリーダーズカップの勝ち馬が2頭も誕生。BCジュヴェナイルを勝ったのは短距離馬のヒメカミヘッド(シーキングザルビー×ノエルオリーブ)で今年は米国でGⅠ4勝。もう一頭がBCJフィリーズを勝ったノエルゼア(シーキングザルビー×ノエルカール)です。こちらは世界を股にかけ、最終的には阪神JFを含むGⅠ3勝。


海外初戦を勝って「大駆け」付くの、本当になんとかしてくれ。この馬の場合、モイグレアスタッドSで役に立ったのかもしれませんがね……(苦笑)

今年のノエル系は11月1週で200勝を達成。最終的には235勝になりました。


そして12月、今年も懲りずに朱鷺坂葵がやってきました。実はここしばらくは、来てもブログには書かないこともよくありましたが……そんな彼女の今年のお気に入りは――


エースのヒメカミサクラの全妹を選んできました。さてはアオチュー、そろそろ決めに来たな! なおこの世代にはオルフェーヴル(ステイゴールド×オリエンタルアート)がいる模様。

ヒメカミサクラは夏にKGⅥ&QESでシーザスターズ(ケープクロス×アーバンシー)を破るなど、今年は無敗、凱旋門賞やノエル系初となるBCターフの勝利も収め、満票で日本の年度代表馬に選ばれました。


獲得賞金は馬主が111億円、牧場が97億円とだいぶ盛り返しました。
殿堂馬はヒメカミアトラクトが「不動の軸馬」。


オリオール系の救世主ヒメカミブルックが「アイアンホース」。


称号なしが、米国3冠馬のヒメカミコートと米国やカナダのマイナーどころを回ったヒメカミトーク


国内で便利屋的な使われ方をしながらも殿堂入りしたノエルイメージ


そしてマッチョ軍団からはマッチョトレスが「白の貴公子」として殿堂入り、結城江奈待望の白毛の種牡馬が誕生した……んですが、間違えて分場に送ってしまいました。(汗)
種牡馬施設がパンパンなんですよ。トニービンもいい歳だし、観念してトニービン系の馬を放出するかなあ。

さて、来年デビューはついに来たアオチューノエル(シーキングザセレン×ノエルサクラ)らノエル系が9頭。


なんとか4歳の有馬記念まで現役でいれるよう、無駄なレースに出すのは極力控えさせたいと思います。
そしてマッチョウノ産駒がマッチョクアトロ(母エアトゥーレ)です。年一頭ペースですが順調にいい牡馬が出てきています。マッチョアゲインは絶賛苦戦中ですが。


『Winning Post 8 2017』 (C) 2014-2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

コメント

読まれている記事