【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2018年)

ついにタイトルの年を超えました。海外牧場も始動し、いよいよ本格的に架空期間が始まりますが、分場のヒメカミファームの牧場長を牧野父から日高悠希に交替しました。


これで前回と同じ顔ぶれですが、布陣は完成。今からでも『2017』にもDLCで牧場長とか追加してもいいんですよ……?
ところで『2018』の夢見月さんは今からだと432円って、ちょっと高いですよね。(小声)

1歳の牝馬ノエルサポート17(父マッチョスィンコ)で馬房の奇麗な馬のイベントと、同世代のリーダーイベントが発生しました。


マッチョ軍団は種付けで結構使いやすいです。

今年の種付けでは、昨年末に日本でのみ繁栄しているシーキングザセレンを欧州に移動させましたので、サヨナラ配合が成立するようになりました。
また同じく日本で飽和状態のサンデーサイレンス系のハレルヤを米国に移動させています。
そして繁殖入りしたばかりのメサイアリンドを配合してみました。


いい感じではないでしょうか。リンドにはスタミナ因子が付きました。今後は配合相手はスタミナのない馬でもいいかな。でもメサイアだとロマンを多分に感じることができます。(笑)

サードステージと中山和香菜騎手は皐月賞勝利後、欧州へ遠征させることにしました。そして主役不在となった日本ダービーには2頭のキズナ産駒を出走させました。
青葉賞1着からのヒメカミコンサート(キズナ×ノエルキャンドル)と牝馬ながら皐月賞2着のノエルエトワール(キズナ×エトワールサニー)です。
後者が勝てば、秘書チャレンジとノエルのイベントの一石二鳥でしたが――


そう上手くはいかず、ヒメカミコンサートの独走、なんとキズナ産駒が3着まで独占する結果に。ローテーションを調整すれば牝馬で勝てたな……

ともかくノエル系の馬で「キズナの仔で父仔日本ダービー制覇」の秘書チャレンジを達成しました。


チャレンジ内容、思いっきり私情じゃないですか……

残す血統指定ありの秘書チャレンジは「オルフェーヴルの仔で凱旋門賞制覇」です。オルフェーヴルは(クラブで)所有していなかったせいで、シンジケートを組まれてしまっているので、産駒を思うように量産できないんですよね。
いけそうな感じの馬もちらほらいますので、インスティンクト(オルフェーヴル×スノーフェアリー)がデビューするまでには、ノエル系の馬でなんとか達成しておきたいですが。

さてアオチュー馬のアオチューヒメカミは、大阪杯~天皇賞(春)と勝って、いよいよ宝塚記念へ。


見事に春古馬3冠を達成。時間はかかりましたが、これでようやくアオチューのイベントもクリアとなりました。


サードステージは、欧州でも着差を広げてゆく強さで欧州3冠を達成。鞍上の中山騎手は、全て〇になって「大レース」も獲得するなど、順調に成長しています。


10月5週には、BCフィリー&メアスプリントでノエルウィーク(マッチョドス×ノエルイメージ)に騎乗し、勝利に導きました。これで海外主要GⅠ全制覇を達成。


ということで例のイベントも――


やっぱりノエルはかわいいなあ。……最近は毎年のように旅行に行っている気もしますが。

これでまだ達成していないのは、家系図関連だけなのかな? そもそも何があるのか、よくわかっていません。だから、数は多くなくていいんで、STEAMの「実績」にも対応してくれませんか。

またこの勝利でブリーダーズカップを全制覇したことにもなりました。


アオチューヒメカミは天皇賞(秋)でヒメカミロータス(マリオオデッセイ×ブレーブピーク)の2着となり、16戦目で初の黒星。騎手によるとどうやら東京の坂が堪えたようで、パワーCと判明。それにしては、ここまでよく頑張りました。


ところで、その口調はなんだよ……

しかしジャパンカップ~有馬記念は全兄のヒメカミチケット(トウカイテイオー×ノエルキャッスル)の後塵を拝することに。来年は米国中心にしようかな。


サードステージがBCターフは敗れたものの、日欧の年度代表馬に選ばれました。

殿堂馬は、称号なしがスプリンターのヒメカミオール


さらにリーディングサイアーになったマッチョ軍団マッチョドスの仔で、米国やカナダのマイル戦中心にGⅠ13勝のマッチョクラウン(母クラウンマリヤ)も殿堂入り。

来年デビューは日本が10頭、外国は4頭。外国は未勝利重賞を回収することを主目的とします。
うち非ノエル系はシーザムーン産駒が2頭です。片方をシーザヴィーナス(シーザムーン×ヘヴンリーロマンス)と名付けました。


シーザムーン産駒の牡馬に関しては、この前の1頭目でだいたい想像はついたかとは思いますが、セーラームーン太陽系シリーズで行きます。果たしてネプチューンまで行くでしょうか。


『Winning Post 8 2017』 (C) 2014-2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

コメント

読まれている記事

【Winning Post 8 2017】ノエル系プレイ(2033年)